フォト
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

折角なので・・・№4

佐賀県太良には観光地が無い。
 夕食後には、ホテルから「ホタル狩りご案内」・・・
  車で5分ほどの河原に連れて行って貰いました。
   一人づつ懐中電灯を手渡されて・・・わぁ~一杯いるいる。
    蛍が作り出す細い明かりの曲線は幻想的でした。

ホタル狩り後は、ホテルロビーにて赤白ワイン。ジュース。スパークリングワイン。
 ワイングラスを片手に間接照明のある広いテラスでジャズの音楽鑑賞。
  好きな椅子でそれぞれが雰囲気に酔いしれました。
   飲み放題とあらば・・・いつもは飲まないスパークリングワインを・・・
    テラスからは暗くて見えない有明海。その広さだけが風に乗って伝わります。

今宵はムードに酔いしれて、明日の帰り支度が淋し~い。

そうそう、大切なことを忘れていた。
 出発前に「太良の観光案内所へ寄ってください」と宿からのメールが届きました。
  道の駅観光案内所へ・・・「蟹御殿さんから伺っています」とのこと。
   少しのアンケートに答えていただければお一人様・・・
    ●500円のお食事補助券。●1000円のお土産補助券。
     ●3500円のお宿の補助券。合計5000円分です。
      やった~~。丁度観光案内期間(2週間)だった~。

ラッキィー。ラッキィー。ついていたワ~♡♡。

今回のグルメ旅で・・・食べていなかった、ちゃんぽんと、バーガー。
 太良の道の駅で食べることになりました(もちろんアンケート券で)
  それが・・・なにっ?大食い大会??と云うほど・・・
   写真さえ撮るのを忘れるほどデッカイ!。ビックリ!。

オッおぉ~~。ちゃんぽんの魚介、野菜が2人前以上の具沢山。
 バーガーのパテが・・・普通のパテとは違うのです。トンカツです。
  それもトンカツ定食について来るほど大きいトンカツが挟んでいる。
   なぜ?解らなかった??メニューに写真が貼ってないのです。
    すべて、3分の1ぐらいしか食べ切れず。残しました。

ウフッフ。「旅の思い出・想い出」

ネットの淵に小さく乗っていた「海の中の鳥居」を探しに・・・
 それ程有名になっていませんでしたが、
  折角のカメラを持って出かけたのでパチリを・・・

福岡空港にて土産の買い出しと、旅の無事に乾杯。後は機上の人。

 Img_8970-2
Img_8983-2
こんな自分勝手な旅は、もうできないかな?
 相方さんだって76歳の運転だし、私も飛行機に乗るも気圧の変化もあるし。
  これからは旅行会社のツアーでしか行けれないかも?

日本全国47都道府県のうち、10県がまだ行っていないところ。
 (四国の3県。東北の3県。山陰の2県。北関東2県)10県だけ。
  全国制覇なのに、北海道と沖縄は何度も出掛ける県でした。

「行けれるうちに・・・」あと、どんだけだけ行けれるだろうか?




  

2019年6月27日 (木)

折角なので・・・№3

3日目。
 ♫長崎~は~。今日も~雨~だったぁ~~♫
  そんな歌が出そうな、ぼやけた長崎をホテル窓から見ると・・・

   長崎は坂道ばかり、我が家へ100段以上の階段を登らなければならない。
           お寺の参拝なら許すが、我が家の玄関によ・・・
   (だから、長崎人は自転車に乗れない人が多い)な~るほど。納得。


今日の長崎は観光地巡りにはには行きません。
 以前に行った観光地より、個人旅行でしか行けないグルメさがしを・・・。
  先ずは駐車場探しから。中華街をぶらぶら。

   どうやら、一般市民の人達は中華街を利用しないようです。
    見回せば、中学生・高校生の修学旅行者さんばかり。

ネットでしっかり調べて行ったのですが、なんせ。ホテルの朝食を食べ過ぎて・・・
 名物の皿うどん。ちゃんぽんを食べる気がしません。
  街角だから、出来立てゴマ饅頭。を一つ。本当に1個だけを歩きながら・・・
   中国のお土産売り場で、あれこれ探し当てた飾り物を記念に2つ3つ。

さぁ~、これより、有明海の佐賀県太良町に行きます。
 この地方は特別観光できるところは無く渡り蟹(竹崎蟹)と有明海苔が有名。

以前行った、おもてなしの宿日本一に輝いた「蟹御殿」へ。
 3時着。先ずは貸し切り風呂へ妹と二人で。
  スマホを持ちこみ、水戸黄門の由美かおるさんと同じ入浴シーンをパチリ。
   「お姉ちゃん。このポーズも・・」・「だめっ。カメラが壊れる」
     お恥ずかしい・・・年を考えろ。

待ちわびた竹崎蟹とのご対面。「あ~。この味。どの蟹より美味しい~」
(もう、二度と来れない・食べられない)
   お宿の食事処個室での蟹をしっかり堪能してきました。
  今回の旅の目的は、この蟹さんがメイン。


Img_2113-2

Img_2131-2

Photo_20190625104201 有明海普賢岳を展望の大窓部屋。







 

2019年6月25日 (火)

折角なので・・・№2

  2日目の朝は・・・呼子の朝市が有名。
 日本三大朝市は、「能登・高山・呼子」の中で最後の呼子朝市を・・・

イカが・・パラソル型の洗濯干し用の括り付けられてクルクルって回る。
 海の幸が並んでる。しかし、まだ旅行中。買うことはできません。
  イカの干物。イカシュウマイ。が名物です。

道の駅で、名物を堪能して、長崎へドライブへGO-。
 長崎のグルメは(焼きカレー。角煮饅頭。佐賀バーガー。ミルクセーキ)
  この4点を制覇するには、長崎チンチン電車に乗ります。

えっ?「チンチン電車の乗り口は?」前から?後ろから?
 やっとこ乗り込んで「切符はどうやって買うの?」大きな声で独り言。
  おじさん。おばさんが。教えて下さる。
  (切符は一人づつ、両替をして。料金はどこまで行っても同一料金)
    教えられ、両替え器のお金をジャラーと落としてみんなで拾ったー。
     長崎の人は親切だ~~。

3区間のチンチン電車に乗り「出島」へ着いた。
 ワォー。デッカイ大きな豪華客船クルーズが寄港中でした~。
  (リベリア製。927船客室数。20階以上の建造)数時間後出航。

出島は。日本初貿易の港町。異国情緒たっぷりなのでして・・・
 そこでのミルクセーキをネット検索で見つけたcafeを探します。
  見回せば、クルーズ船からの皆さんか?外国の人たちばかり。
   港町に並んだオープンカフェに似合う色とりどりのお洋服と潮風と色彩。

ミルクセーキを注文。
 (若かれし頃、近所の喫茶店で飲んだ、ミルク+タマゴ+バニラエッセンス)
 出てきたお味は一緒だが、ミルクセーキでシャーベット状塊がジュースの中に。
  キャー。余りの冷たさに、頭がキーン。イタッタッ。。。
   
次は、岩崎本舗の「豚角煮饅頭」、熱々をイートインでたべれた。
 しかし、長崎名物「焼きカレー」まではお腹一杯で食べれません。
  「佐世保バーガー」長崎市内にに1店舗のみ(探しきれなかった)


稲佐山の中腹にある今宵のお宿には3時に到着。
 「長崎の夜景」が楽しみで、今回はホテルの豪華部屋を取りました。
  最上階。和洋室。夜景の良く見える部屋。なのでベットもセミダブル様式。

出島で見た、あの豪華クルーズ船が4時出航。ラッキィー。
 小さな湾の中で前後が反対に向きを変える姿は圧巻でした。

日が暮れ始めるとボチボチ街明かりが灯っていきます。
 この景色?? そうだ、息子を訪ねて行った『モナコ』に似てる・・・
  息子の部屋から見た20年前のモナコと一緒。
  
今流行りの、天空のお風呂。稲佐山の中腹、ホテル最上階からの見る夜景。
 しっかり堪能してきました。

1559472298325
Img_8966-2  素晴らしい夜景なのにこの写真しかありません。

Img_2097-2 豪華クルーズ客船

 




2019年6月23日 (日)

折角なので・・・№1

  折角ですので・・・・
 「三人一組夫婦喜寿の旅」を・・・

4月頃より、頭をひねり「相方さんの喜寿記念はどこへ行こう?」
 九州全域の中、まだ行っていない県、『そうだ・長崎へ行こう』
  このセリフ?JRのキャッチフレーズ?

飛行機の手配から始まり、レンタカー。そしてお宿探し。
 旅行の行程表を作るが大好きsakurabaaba。
  時間。距離。グルメ。観光。毎日ネット検索で夢が広がります。

福岡空港着。早速空港前のレンタカー店へ。徒歩3分。・・・・
 これが、計算間違い。空港玄関が着陸から一番ふちの玄関先でした。
  私の身体はフラフラ。何とかレンタカーに乗り込みました。
   ”出発”・・・福岡空港前の込み具合の激しいことか。

第一の行き先は、お昼時間に合わせて”田舎のビストロPOPOPTE”
 唐津の虹の松原を見下ろす小高い山の上の古フランス風小屋。
  行けども行けどもない? 一番初めの行き先に迷うとは・・・
   「あっ。あれだ~」見落としてしまうような小さなメルヘン建築。

中に入ればもう店内は一杯「外のテレス席でしたら・・」よかった~。
 待こと45分。やっと料理が出てきました。
  ワォ~~。すんごい。今までお洒落なビストロ店に行ったが。
   お料理の盛り付けが芸術てき~。
    (うまく写真が取れません。迫力がありました)

Photo_20190621163102 古フランス風の小さな山小屋
Photo_20190621163101   虹の松原が見えるエラス席

加部島に渡り、風の見える丘・・・名物の夏ミカンソフトクリーム。
 酸っぱいソフトクリームを食べたのは初めて~。
  これが春の風。というのか?
今宵のお宿は呼子大橋のたもとです。

佐賀県呼子よびこと呼んでいたが、本当は(よぶこ)と読むそうです。
 呼子名物は・・・イカの活き作り。
  宿のお部屋食でいただける。そうそう、それがお目当てで選びました。

仲居さんがお料理を運んできたのと同じく、男性店主がお部屋に挨拶に見えた。
 (この湾は静かで、豊臣秀吉が朝鮮へ兵を出すのにここから出立されました)
  そんなご挨拶は良いから。イカが踊ってる~早く食べたいよー。

Img_2093  透き通るイカ3杯が踊ってる。
食べ切らずの下足を天ぷらに。これが一番おいしかった~。




 



      

2019年6月18日 (火)

こりゃ~参ったなぁ~

五月の中旬より・・・お薬手帳を見て見れば・・・

風邪をひいて町医者へ行っていた「喉が痛いのと咳が出るんですけど・・・」
 「うん。風邪ですね」5日間のお薬をいただいて・・・治った~。

6月の初めには、「三人一組喜寿の旅」が待ってます。
 二月以上前から、行き先。観光。グルメ。お宿。飛行機。レンタカー。
  の予約も出来上がっているので、健康だけには気を付けていました。

風邪が「治った~」。「ぶり返した~」。また???

6/1からのお出かけ時には「大丈夫・大丈夫」
 それでも、旅の三日目から??んっ? コホン・コホンと・・・
  それも妹までもが一緒になって。コホン。コホン。・・・

温泉に浸かり、食欲旺盛。「天国じゃ~・天国じゃ~」
 不思議なことに、旅行中は何とか無事に帰り着けました。

あくる日からは咳がひどくなり、町医者へ・・・
 「肺炎です。県病院に紹介状を持って入院してください」だと???

その日は土曜日で休診。救急に掛かりました。
 ラッキィーなことに、呼吸器科のドクターが見えました。
  循環器科のドクターにも連絡を取っていただき検査も受けれました。

病名は、肺炎と慢性心不全の悪化。
 広~い個室で独りぼっち。つまんな~い。寂し~よ。
  しかし、担当ドクターは呼吸器科と循環器科のドクター二人をお抱え。
   ビッグ対応?かな?

スマホに変えて良かった。持って来てよかった。
 lineでの繋がりは、唯一社会との繋がり。お友達との会話。
  ベットから覗くブログ(お二人だけ)は寂しさを消してくれました。

退院した日からは、相方さんは入院前と変わらない奥さんだと?思ってる。
 今は家の中だけの徒歩。早く慣らしていかなければ。
  紫陽花や、菖蒲の見頃が終わってしまう。

2019年6月 9日 (日)

先ずはお知らせまで・・・

あれから随分ご無沙汰したしてしまいました。

旅行記も・・・どうした?

申し訳ございません。

肺炎と、心不全を患い、只今療養中です。

気持ちは元気です。ただ老いには勝てません。

少しお時間をいただき、またsakurabaabaでお喋りしてくださいね。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »