フォト
無料ブログはココログ

« 何じゃ~こりゃ~??(3) | トップページ | まんぷくのカップヌードル »

2019年3月27日 (水)

きびなごの干物

昨日は、いつもの火曜特売。

 乾物屋さんのコーナーの店先に「あれっ?きびなご?」


売り子さんが「試食してみませんか?」。「いいですか?」
 お皿に盛った、(きびなご唐揚げ)を持ってきました。
  きびなごの干物事態が珍しかったので足を止めたのに(からあげ)とは・・・

近くに居た相方さんを呼び寄せて「きびなごだって・・・」
 案の定、飛びついてきた。
  きびなごは、相方さん故郷鹿児島の名産です。
   この春先の時期、きびなごの刺身に酢味噌でいただくものです。
    「おぉ~。きびなご」

「ねぇ~ねぇ~・・」
 (ハイッ。解ってますねん。今夜のお酒のおつまみね)
  「1パックください」・・・
   数匹のきびなご干物が串に刺されています。
    我が家では、フライパンで軽く焙りました。
     美味しゅうございました。
      故郷の味に、お酒も進むようです。
      
きびなごは、なんといってもお刺身でいただくのが本当ですが、
 鮮度が落ちやすいので鹿児島から多治見の距離では無理のようです。
  それが、干物で販売されるとは・・・ファンになりました。

そうそう、鹿児島のこの時期のもう一つの酒の肴「そらまめ」
 土曜日の日には丁度、鹿児島の(そらまめの旬)を見た夕方。
  店先に「鹿児島産そらまめ」が並んでいました。
   「今朝TVで見たばかりだねぇ」・「酒の肴に・・・」

そらまめのお買い上げ・・・茹でて塩を振って・・・
 (待てよ?ちょっとネットで茹で方を・・)
  調べてみて良かった。「茹で方の一技」
   いつもは普通に茹でていたのですが。
    〈茹でる時にそらまめ下の方に切れ目を入れる〉
     そうするとシワシワにならない。

相方さんは、中の皮をむかないでそのまま食べる。と言い張る。
 いやっ。モコモコの皮は向いた方が良い。とここでいちゃ悶着。

お互い好きなようにして・・・

きびなご・そらまめ。どちらも鹿児島の旬のお味をいただきました。
Img_2068
  体長6センチの小さな魚です。

  


« 何じゃ~こりゃ~??(3) | トップページ | まんぷくのカップヌードル »

コメント

あれ?ブログは無事に復活したのかな?
写真もちゃんと載ってますよ‼
やっと連絡取れるようになって良かった~~

ところできびなごって山育ちの私は知りません、恥ずかしい
鹿児島の名産なんですね?
ご主人喜ばれた様でよかったね

~~マイペースさん~~
何とか、やっと、記事のアップが出来るようになりました。
でも、写真は必死の策です。思い通りにはなっていませんが・・・
ここ数日は、ブログ引っ越しも考えました。
しかしながら、これまた引っ越し作業が解りませんでしたので。
ブログをはじめて5?6年?表紙も変えることなく「そのまんま」
で、そぉ~と何も触らず通してきました。
これほど、リニュアールするとは。。。必死でしたのよ。

こんにちは。
生のきびなごは、スーパーで売っており、ちょくちょく買います。
いつも下味をつけてのから揚げにします。
骨も丸ごと食べられて、ビールのおつまみにもなり、とても美味しいです。

ずいぶん前に、スーパーのレジの女性に、「どうやって食べるんですか?」って、聞かれたことがありました。
あまり馴染みがないのかしら?

~~けいさん~~
きびなごのお刺身は、この中部地方へ持ってくるには厳しい足の速いものです。
だから、からあげで食すると思われます。
鹿児島でいただく刺身きびなごは本当に美味しいものです。
(包丁を使わず手で裁くのです)
本来お安いものですが、さばき方、運送料、で高価になるのですね。
”旬の物”春のお味です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何じゃ~こりゃ~??(3) | トップページ | まんぷくのカップヌードル »