フォト
無料ブログはココログ

« 電車の乗り降りはピッ・ピッ・ | トップページ | 久しぶりの美しき女性 »

2018年9月24日 (月)

行きたかった硫黄温泉

相方さんが九州出身で、有名な温泉地にはいくつも回りました。
 大分・佐賀・鹿児島。熊本・宮崎・福岡・(長崎県のみ行っていません)

そこで・・・「行けれるうちに・行きた~い」の強い思い入れ。
 また今度。は、判らない年齢と身体。

今回はツアーでの温泉行きです。
 岐阜県からアルプス山脈を超えての群馬県まで。
 (長距離運転のためと、便利な乗り物が有りませんので)

日本で一番硫黄の強い酸性硫黄温泉。
 標高1800メートルの高地にある温泉。
  ガイドさんから入泉するときは必ずアクセサリーを
   外してくださいとのこと。(変色の恐れあり)

相方さんに言わせれば・・・九州以外の風呂は混ぜ物だ。
 と、なかなか信じてくれなかったが・・・・
  どうよ! どうだ! 恐れ入ったか!
   これぞ!温泉!!

部屋から各大浴場・露天風呂・貸し切り風呂・巡りが遠くて・・・
 まさか、杖をついては行けやしないが。
  杖無しで、行くぞー。エイエイオー。
   頑張った~。 行って良かった~。

近づくバスの中まで硫黄泉の匂いが漂ってきて、やっと着いたバス旅。

♪いい湯だなぁ~ホホッホン。いい湯だな~~♪
  が、口ずさんで来ます。
   (熊本の泥温泉混浴に似ている硫黄の香りと乳白色湯)

豪華とは、ほど遠く全てが古くて、風情のある温泉宿です。
 木造りで、所々虫が食ってる大黒柱もあり、
  風通しが良すぎる隙間風造り。
   内湯では女湯から大きな声で男湯との会話もできます。お~い!
    薄明りの電球照明は一段との~んびり感。

標高2200mの横手山ドライブイン頂上付近では、
 もう紅葉が始まっていました。「紅葉のお出迎え」
  ナナカマドの実があんなに綺麗に真っ赤な実を見るのが初めて。
   白樺も洗い流された白色。少し黄色と、残る緑色の葉。
    一足お先に紅葉見学が出来ました。

道中の昼食は長野の「峠の茶屋の釜めし」本場の本物は暖かくて。
 陶器の釜めしの窯はちゃんと持ち帰りましたよ。
  (寒い日の湯付きうどん一人用・味ご飯用など?)


万座温泉ネットより(露天風呂と内湯)

Yjimage













Yjimage_2

« 電車の乗り降りはピッ・ピッ・ | トップページ | 久しぶりの美しき女性 »

コメント

お帰りなさい。
満足の温泉旅だったようですね。
良かった・・・

温泉プラス紅葉まで見られたのですね。
すっかり秋の旅。
ご主人様も喜ばれたでしょう?

あらま、空っ風とカカア殿下の群馬へようこそ!!
夫の実家は群馬の前橋ですわ~市内だから温泉地とは随分離れてますが、、、。

硫黄温泉は体に優しくて効能もいいようですね
万座温泉は私は行ってないけど夫の家族は知ってると思うわ
写真で見ると素晴らしい風景でお湯もバッチリ癒やされそうですね


息子もついこの間ライブで群馬に行って峠の釜めしを食べてきたと嬉しそうでした
私も昔何度か食べたわ、、みんな釜飯買うために殺到したもんです
やっぱり山の紅葉は早いのね!のんびり温泉の旅ヨカッタですね~\(^^@)/

~~けいさん~~
行きたかった温泉。なんです。
だって交通の便が悪く、車でないと直行できない不便なところだからこそ。
(電車だったら新幹線でいったん東京~軽井沢~万座)
飛行機でピューの九州の方が便利だわ~。
本当は、山の幸の食べ物はあまり好きでなく、食べるものには困りました。
温泉は本当に素晴らしかったです。
温泉の効能のお陰か?腰痛は有りませんでした。
湯治客さんが自炊できるところ設備もあります。
本当のババさんになったら、1か月ほど湯治したいなぁ~。

~~マイペースさん~~
ご主人様のご実家のあるとろでしたね。
日本で人気の無いワーストワンの県。いいえ。あんな立派な温泉が一杯。
草津温泉も群馬県。良いわ~。
しかし、食べ物の好き嫌いのある私には山の幸。特にきのこ・こんにゃくとは・・・
食べれるものがな~い。
ほうとうなべにはよく出会いました?山梨ではなく群馬県。なぜかしら?
好きな旅行も「行けれるうち・・・」勝手に申し込んでしまったツァーでした。エヘッ。
それでも帰りには「ツアーも良いもんだね」と相方さんに喜んでもらえました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1684578/74224719

この記事へのトラックバック一覧です: 行きたかった硫黄温泉:

« 電車の乗り降りはピッ・ピッ・ | トップページ | 久しぶりの美しき女性 »