フォト
無料ブログはココログ

« パソコンは慣れるが勝ち? | トップページ | 絵本の世界はキラキラ »

2018年7月 9日 (月)

「なかなか行けない日本の秘境」

リーンリーン。
 日曜日の午前中。娘から急ぎの電話は家の固定電話で・・・

 「お母さん・・・」・・「どうした??」
  「テレビ見てる?」・・「なーんだ。何のテレビ?」
   『旅サンデー驚き絶景』に、うちの部落が出てるよ。
    なかなか行けない日本の秘境。
     ホラッ。いつも通るあの五平餅のお店と
      その横の農機具屋さん・・・

急ぎ慌てる娘の電話に今度は私が相方さんにチャンネル合わせを指示。
 「あぁ~。出とる出とる。。。しかし、日本の秘境??なの?」

先ずは、ビデオで・・・
 朴葉寿司を作っとる。丘ヒジキだ。
  みーんな。大祖母ちゃんに教えてもらったモンが映っとる。
   半分青いの岐阜弁と同じアクセントになっとる。
    (本当は岐阜弁より東濃弁なんだけど)

大身長の大林素子さんが(姫栗・ひめぐり)のジビエと朴葉寿司つくり。
 恵那の笠置山の頂上。絶景、

東京オリンピックからの競技。クライミングが自然の中にある笠置山。
 そのてっぺんの大岩から眺める恵那の町や山々は絶景です。
  笠置山は遠く瑞浪から続くゴロゴロの岩山でできています。

自然豊かな里山に嫁いだ娘。
 ここだけの話・・・初めて婿殿ところへ挨拶に行った時。
  相方さんが「こんな山の中に行くのかぁ~?」と、ポツリ。
   「涙が出そうになった」。と言っていた。

我が家から一時間のところ。遠く感じたらしい。
 部落の皆様も、言わずと知れた大所帯の大家族構成。
  お泊りに行った時の夜空は。
   手の届くところにいっぱい散らばっている星天は見事。
  
私たちはだんだんと慣れて、この田舎を身近に感じていたけれど。
 「日本の秘境」と、名が付いていたんだぁ~。
  栃久保棚田・坂折棚田がある。日本有名の棚田に選ばれている。

Yjimage0dgw4wzq


« パソコンは慣れるが勝ち? | トップページ | 絵本の世界はキラキラ »

コメント

こんにちは、
岐阜には素晴らしい日本の原風景がまだまだ残っているんですね!
写真を見ただけでその素晴らしさが伝わって来ます
sakuraさん、この写真は拡大して見れないのですか?
画像サイズは?大きく設定できないの?
こんなに素晴らしい写真はでっかい画面で見たいわ~~

娘さんは嫁ぐときにそれはそれは覚悟されてのことだったのでしょう
婿殿と姫様は生れたときからのご縁というか運命の出会いだったのでしょう

この番組再放送はないのかなあ、、見てみたい

こんばんは。
娘さんの所も、大雨の被害はありませんでしたか?

その番組、やってた気がしますが、チャンネルを変えたかテレビを切ったか。
残念でした。
sakuraさんの所から、1時間?
でも、里山の景色にご主人様の言葉、胸打たれますね。
ここで育つ子供たち、みんな良い子に育つでしょうね。

~~マイペースさん~~
気に掛けていただいてありがとうございました。
YouTubeに「旅サンデー・なかなか行けない日本の秘境スター野宿」
7/8大林素子・金子昇さん。
(調べたんですが、ありました。しかしどれをクリックすればいいのか判りませんでした)
このだんだん畑の一番上に家が建っています。
道路から家の門まで徒歩5分以上。しかし、家の庭からは下景色を見下ろし、
夜のお星さまは手の届くところです。
なんて・・・良いことばかりを書いてしまいましたが。娘に言わせると
「観光と現実に住むとは違う」・・・だそうです。クスッ。

~~けいさん~~
この大雨で、ちょうど電話があった時には・・・土砂崩れ?かと心配しました。
先回の大雨では道路から家に入る土手が崩れました。
そうそう、水道が通っていません。井戸水と湧き水だけです。
娘のところへの訪問は、嫁がせる。との意味があり、二度と会えなくなるという父親の気持ちがあったんだろうと思います。
まったく。大げさなんだから~。

sakuraさん
ありがとう\(^^@)/
ネットで検索してそれからYouTubeでも恵那市の棚田風景を見ました。
素晴らしいですね、、このような絶景の大自然の中で娘さんや孫ちゃんが暮らしてるのかと思うと日本もまだまだ捨てたもんじゃないと思えた

確かにね、観光で行く人には絶景だけど毎日そこで暮らす人々にとっては厳しい環境でもあるわけだよね。

五平餅に感動し、恵那の棚田風景に感動し、、岐阜に感謝です

こんばんわ。
確か数日前だったかな? この番組見たような気がします。
里山や、原風景や、秘境とか見るの好きなもんで・・

娘さんの嫁ぎ先だったんですね。素朴なところでいいですね。
満天の星が見れるなんて憧れです☆

私も2歳の頃、岐阜へ母と行ったらしいけど記憶にないんです。
もう少し大きくなってから行きたかったわー

~~マイペースさん~~
わざわざ検索ありがとうございました。
あんな田舎じゃなくても・・・・今じゃ~バリバリの田舎のおばちゃんやってます。
孫のランドセルには熊除けの鈴が付いてます~。
あちらに嫁ぐには、自動車免許が必要。足腰が丈夫でなければならない。
ただし容姿は構いません。
虫を見てはキャーと言っていたのに。虫を踏みつけてストレス発散。

~~ゆらりんさん~~
日曜日の午前中の放映でした。
相方さんと「あそこを秘境というだねぇ~」と何度も言っていました。
半分青いの舞台(同じ市ですが離れています)
なぜか縁あって・・・田舎のおばちゃんをやってます。
ゆらりんさんの息子さん作家と小物作品をブログネタにしちゃった。
迷惑だったらごめんなさいね。

再コメです。
息子のえほんと私の小物を紹介して下さってありがとうございます。
丁度さっきブログ見て、息子に知らせたら喜んでいました♪

迷惑なんてとんでもないです。むしろ有り難いです。
私のつたない作品、sakuraさんのアイディアでステキに変身しましたね~
涼しげでステキだわ☆ なんか嬉しいです。ニコリ(^‐^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1684578/73827994

この記事へのトラックバック一覧です: 「なかなか行けない日本の秘境」:

« パソコンは慣れるが勝ち? | トップページ | 絵本の世界はキラキラ »