フォト
無料ブログはココログ

« デカッ「京お揚げ」 | トップページ | 彼岸花のリベンジ »

2016年9月29日 (木)

仲むつましい夫婦蜘蛛

相方さんに、「ホラ見て。可愛いでしょ?」
 PCの中の映像写真を見せて・・・・

「なんじゃ~?イヤだよ」・・・「なんで?綺麗じゃん」
 「どこがぁ~?」・・・・「この蜘蛛の巣の糸が光ってるよ」

そうです。庭の芙蓉の花をカメラに収めていた時に、
 ”夫婦蜘蛛”を見つけました。蜘蛛の糸がキラキラ光っています。

(夫婦の蜘蛛さん。もっとお二人並んでよ~)
 声を掛けても、ゆっくりゆっくり。前へ進むのか?後退か?

蚊に刺されながらも、何とか仲むつましい所が撮れたのです。

相方さんは男のクセして、ヘビが嫌い、虫も嫌い。
 ハエが一匹家の中に入っただけで、
    「あっちへ行け~」と追っ払う。だけ。。。

「追っ払っているだけじゃいかんよ。殺さなくっちゃ~」
 ハエたたきで、バシッ!!・・・・sakurabaabaの役目です。

ヘビ嫌いな相方さんは、ヘビを見つけるのが早い。逃げ足も速い。
 目と口の無いミミズの方が・・・断ぜん怖いsakurabaaba。

それが・・・・昨夜は、蜘蛛の逆襲にあっている夢を見ました。
 なんで? (可愛い)と云ったのは私よ。
  相方さんは(気持ち悪い)と云ったのよ。
   割の合わん夢を見た。のだ。。。うーん・うーん・うなされた。

大きな蜘蛛を小さくUP。Simg_9528







« デカッ「京お揚げ」 | トップページ | 彼岸花のリベンジ »

コメント

こんにちは、v(^^@)
(*'▽'*)わぁ♪蜘蛛の夫婦写真がとっても綺麗~

昔の迷信で?蜘蛛は殺しちゃいけないなどと言い伝えがあるから?あんまり自分から退治したくないけど居座られるのは嫌なのではえたたきですくって外に放り出します
極悪非道な男が死んで地獄に落ちたとき、生前哀れみを持って蜘蛛を助けたことから、天から蜘蛛の糸が降りてきて天国に「蜘蛛の糸」で引き上げようとされた、、、なんちゃら有名な小説を思い出したわ

え?ミミズって目も口も無いの?怖!!知らんかった~(〇o〇;))))!
sakurabaabaさん蜘蛛の逆襲にずいぶん疲れた夢でしたわね。夢で良かった。

~~マイペースさん~~
蜘蛛の夫婦写真。綺麗ですか?
きっと気持ち悪いと思い。。。小さな写真に致しました。
この小説は?芥川龍之介の蜘蛛の糸?だったかしら?

そうそう、何故だか。蜘蛛は午前中は殺さない。お昼からなら良い。
と聞いていましたので・・・きっちり守っています。えへっ。いま何時??って?
その蜘蛛よりヘビより怖いのがミミズなんですの。
う~~ん。伸びたり。縮んだり。ウヒャ~~

こんにちは。
「蜘蛛の糸」を思い出しますね。

蜘蛛の夫婦は見たことないのか、気がついていないのか。
家の周りで見つけた蜘蛛の巣は、壊していますよ。
私、引っ掛かるもの・・・
家の中でも蜘蛛を見つけますが、外に出してやれる時は出しますが、そうでなけれそのまま。
蚊やゴキブリは殺しますが、蜘蛛にはできません。
我が家も夫は「キャーッ」だけです。

~~けいさん~~
けいさんのご主人様も・・・「きゃー」のほう??
けいさんだとばかりと思っていましたよ。
相方さん、見栄っ張りだから、キゃーとは言いませんが
涼しい顔して、私を先に歩かせます。。。。
裏庭に回る時は長い棒をフリフリしながら蜘蛛の糸を放っています。
私ゃ―背が低いから蜘蛛の糸に引っ掛からないのですぅ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1684578/67399280

この記事へのトラックバック一覧です: 仲むつましい夫婦蜘蛛:

« デカッ「京お揚げ」 | トップページ | 彼岸花のリベンジ »