フォト
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

あなたの「反射神経年齢」は?

あなたの「反射神経年齢は?」チェックしましょう。

さて、さて・・・・こんなテレビを見ていて。
  ジッとしているsakurabaabaじゃありません。

先ず、初めに  ①ペン1本を用意。(キャップ付のサインペン)
          ②利き手とは反対の手でペンを持ちます。
          ③ペンを頭より高い位置へ上げる。
          ④頭の上からペンを離し、利き手でキャッチ。

さぁ~。やってみましょう。
 ありゃりゃ? 上手く掴めませんねぇ~。
  (安心してください)・チャンスは3回です。

   20~40歳代   1回以上キャッチ
    50歳代      3回とも触れる
    60歳代      1~2回触れる
   70歳代以上    1度も触れられない
    (キャッチと触れるが有りますが、触れることも大切)

*****
さぁ~。今度は「腕力年齢」・・・幾つ?
 2Lのペットボトルを何秒持てる?
   ①水の入った2Lのペットボトルを用意。
   ②ペットボトルを肩の高さまで上げる
   ③方の高さでキープ(水平に握る)
   ④キープできた時間を計測

     20~40歳代     40秒以上
      50歳代        21~39秒
      60歳代        11~20秒
      70歳代         5~10秒
     80歳以上         5秒未満

******
反射力年齢・腕力年齢・次は「足の筋力年齢」です。
   ①手のひらを下に抜け、腰のあたりで固定(肘が90度)
   ②手の高さまで太ももを上げる(下向きの手にタッチ)
   ③20秒間に何回タッチしたかを計測(手と膝を合わせる)

     20~40歳代     43回以上
      50歳代        39~42回
      60歳代        36~38回
      70歳代        33~35回
      80歳代以上     32回以下

ギャー。。。私ゃー申し上げれるような数字が出ませーん。

  「お口の筋力は達者なんですが~」・・・・

Yjimageb1m0q5q2

2016年4月29日 (金)

ボケの「ボ」の字を見ると。

新聞にボケの「ボ」の字があると・・・・
 んっ? なんだって? と、気になるお年頃です。

 ガンの「ガ」の字も嫌いです。

嫌いでも、イヤでもあと数年後には6人に一人の認知症患者さん。

「もの忘れ外来」に早期の診断と治療でMCIを改善できるとか。
 MCI==軽度認知障害(健常の人と認知症の人との中間)

電話で要件を頼まれた**
 ***頼まれたことを忘れるのは通常の老化現象。
 ***電話があったことが記憶から抜け落ちるのが認知症。
   (時間や場所を把握する能力。実行する能力の低下)

認知症に至る数年前からMCIの期間が有り、早めに専門医の診察を
 受ければ症状進行を止めるきっかけになる。
  今じゃー。とても良いお薬も出来てきた。

「早期の受診で進行を阻止」。と云ってもなかなか本人に自覚が無く、
 見守る家族が早く変化を見つける事らしい。
  (同じことを何度も云う。性格が変わった。物事に興味を示さない)

我が家で
は。同じ軽度認知障害同士では?見つけにくいかな?
 でも、喧嘩を振ってやれば、必ず返してくる状況。
  まぁ~。今のところ…・・

ここ1・2年の間。。。。親戚のおばさまの所へお伺した時。
 私は叔母の変化に気づきましたが、家族の方は気が付きません。
  半年前。再度訪ねた時。叔母の姿に驚愕しました。
(なぜ、早くに、物忘れ外来の受診、治療を進めれなかったのかと)
  腰痛で、外に出さず、認知症を家族が認めたく無かった・・・

それともう一人の・・・今は亡き独り者生活の叔母(母の妹)のこと。
 土産を持って訪ねた時。叔母の変わり果てた姿にビックリ。

ズーとお一人様でしたので、私と妹が親権者となり、施設に入所。
 施設や病院、身の回りのことなど身元引受人となりました。
  入所半年後より、認知症が少しずつ改善されていき、
   この認知l症の施設に入っていてもいいの?
    と云うぐらいに健常者と変わらなくなりました。

早期治療の姿を見せつけられた現実です。
 数年後、骨折。誤嚥性肺炎。95歳長生きをさせてもらいました。
  (施設入所。病院。5年間)

Simg_2448


Simg_2451



  

娘宅の庭花

2016年4月28日 (木)

つぶやいちゃおー

 つぶやきを===ツィッターというらしい?
  それを、フォロワー。とか?。 ナウ。とか?

よくわからん。 だけど、つぶやくことには間違いない。

[お節介オバサンのつぶやき] 聞いて。聞いて~。

アクア45分で、ダンベル体操で大暴れした。
 丁度、腹時計も12時を指して、お腹もぺこぺこ。

大型スーパー。ア○タの中には必ず入っている寿がきやさん。
 数カ月に一度。。。。
  あの「寿がきやラーメン」が。無性に食べたくなります。

それがこの日に限って・・・sakurabaabaの「お節介虫」がウヨウヨ。

お店のレジの前でのこと。
 お爺さんお一人さんが、何やらわからんスタイルしてます。
  上のメニュー写真を見ながらブツブツ。
   そこへ居合わせた私。
 お爺様に向かって、「お先にどーぞ」と合図をしたら「ありがとう」

ここまでは、お節介ババでは有りませんよね?
 店員さんと何やら分かったような解らんような受け答えをしています。

テーブルが私と近いという事も有り、お爺様の方を見てしまいます。
 ピィーピィー呼び出し音。出来上がった食品を受け取ったお爺様。
  私が見たものは。へっ?
 (ラーメンセットに付いて来る)
  ほんの一口大のミニカレーとミニサラダ)

《きっと、注文の仕方が解らなかったんじゃない?》と察しました。
 見れば、食べにくそうにカレーをお箸で食べてる。

お爺様のテーブルには何も載っていません。
 お節介sakurabaabaさん。自分のウォーターと、お爺様の分
  のウォーターコップに入れて机の上に置いて差し上げました。
    (ニコッ)・・(ありがとう)

でも、よく考えると・・・
 見ず知らずの人からのウォーターは?
  気持ちが悪いんじゃないのかしら?
   と。ここで、初めて・・・
    まったく。余計なことしちゃった~。と、後悔の気持ち。

しばし、後悔の気持ちで沈んでいる所へ・・・
 またまた、お節介ババ虫が・・・・

斜め前の椅子の上に分厚い手帳の様なものが目に入った。
 目に入ったと同時に。もう、その手帳を掴んで店員さんのところへ・・・
  「これっ。忘れ物かしら?」・・・すると、
   レジに並んでいたオバサン「あっあ~。それ私のです~」

手帳を渡しして、自分の食べ残しのラーメンをすすりました。
 「また~。お節介ババさんやっちゃった~」

オバサンは、自分の席取りのために手帳を置いていたてんだぁ~。
 ???でも、手帳の置いていた椅子は。。。
  半分机の中に入った状態。。。。これを、席とり?・・・

私ゃー、最後のラーメン数本をすすり終えて・・・・
 ”あっあ~。 今日はなんて日なんだぁ~”

 つぶやいちゃお~。 これをツィートというのか??

Is




2016年4月27日 (水)

「あたりまえ」に感謝。

ブロ知りさんからの・・・素敵なお知らせ・・・を受けました。

  「ありがとうの反対語」検索。と、youtube。

       www.youtube.com/watch?v=OXIRpu9XAHs

   temita.jp/meigen/15583



この歳になると・・・当たり前のことに感謝が出来なくなるお年ごろ。

 「いじわるばぁさん」で、名の通ったこのsakurabaabaが・・・・
  
 んっ。と、一呼吸と。うんっ。と、感嘆。と。ウルッ。と、涙。

よくは解らないが、心に沁みた・・・《ありがとうの反対語》

団地内のユキヤナギと、枝垂れ桜。

Simg_2283Simg_2295







 

2016年4月26日 (火)

あま~い人参見っけ

先回の見つけモン(沖縄そば)から~~。
 また珍しいモン・・・・「あま~い人参」・・・
  可愛くカットされていて「どうぞ~」・試食用パクリ・・・まいう~。

先に進んでいた相方を呼び戻し「チョット。食べてみぃ~」
 「うん。あま~いネ。人参なの?」

岐阜県ひるがの高原で採れる人参です(小っちゃくって細い)
  
 名前は。「
ひるがの高原・春まち にんじん

  (春を待つまで雪の下で大切に育てました)
    海抜1000メートルの高原で生まれた。 だいちの仲間

と書かれています。雪の下で育てた。
 キャベツ。大根。等聞いてはいましたが、
  実際に口にしたのは初めてです。 大発見。
   良いもの見っけ。 これも旬のものでしょうね。

 ごっつあん です。

見新しいものを手にすると、テンションハイになっちゃう。

それに・・・・もう一つ見っけ。

昨年の秋に、関市の(柚子祭り)で見つけたドレッシングです。

とても美味しかった商品が、このお店に並んでいました~。

しかし、今回はこの店内で見つけたのは、相方の方でした。
 「ちょっと、ちょっと。これじゃない?」
  「あっぁ~。そうだよ。そうだよ。ここにあるじゃん」

珍しいもの捜しは・・・・1勝1敗のおあいこです。

ゆずドレッシング」 手作りノンオイル。
  ゆずの香りがサラダにピッタリ。。。とあります。

さっぱり味なんです。柚子の果肉がいっぱい入っています。

Simg_1566Simg_1567





2016年4月25日 (月)

しばさくらと花桃

娘の嫁ぎ先近くの芝桜が只今満開。。。。
 それじゃ~~。今のうち。今のうち。

娘の所より一つ向こうのインターまで足を延ばして・・・
 それは、中津川駅の近く・数年前食べに行った
  「塩焼きソバ」、白い焼きそばです。
   開店30分後なのに、凄い人が順番待ちをして見えます。

塩焼きソバ・・・麺・もやし・豚肉だけなのに味付け(ニンニクと塩のみ)
 が良いんです。しかし、今まで食べた(3回ほど)味が?ちがう?

帰ってから、婿殿に聞いてみたら、
 「ここ2・3年前から店主が変わって味も変わったよ」なんだって。
  あっぁ~。ガッカリ。 《食べ物の恨みは怖い》

お昼から、孫ちゃん2人と娘とで、「芝桜」を見に行ってきました。
 今年の芝桜は見ごろでしたが花桃はチョット遅れ気味でした。
  恵那峡ランドのすぐ近くです。

孫ちゃん芝桜なんか目もくれない。露天のかき氷の方が良いらしい。
 赤色氷り?青色氷り?どっちが美味しい?
  (シャッターチャンス。いただきました)

Simg_2392_2Simg_2464














あくる日は、タケノコ狩り。
まだまだ山の中は寒いです。
 曽祖父さんはログハウスで薪の火を入れています。
  今が一番の「花桃」敷地内の花桃は25本位あり、
   3年前に我が家にも花桃さん二世が来ています。

ここの花桃は、山の上なので今が満開。
 あと、1週間したら・・・花吹雪がすごいです。見事です。

Simg_2441Simg_2444






2016年4月22日 (金)

もったいない精神

先日の「沖縄そばソーキ」作りで・・・・

たった、6本のスペアリブを作るに要した時間。と、材料。

「どうしたもんじゃろのぉ~?」・・・(とと姉ちゃんの受け入れ)

ケチsakurabaabaが、放っておくわけないでしょう?

残り汁の中の、ネギ、生姜を救い上げて・・・・
 「味付き玉子」を、作ろ~っと。

玉子は、半熟(熱湯6分・火を消して3分)
 皮剥き玉子を。ポイッと、汁の中に放り込んだだけ。

一日、漬けておくだけで、出来上がり~。たったこれだけです。
  (一日数回汁に浸かる用に・コロコロ)

今夜のsakurabaaba居酒屋のおつまみ1品が出来上がり~。

それにしても、これまた10個も作るとは
  ・・・どうしたもんじゃろのぉ~?

そして、もう一品は?「とりてん」です。
 唐揚げを作るつもりが。連日の大分地方の映像。
  大分旅行で食べた(山奥の蕎麦屋さん)鶏天を思い出した。

相方曰く。「唐揚げより、さっぱりしているよ。僕は鶏天派だよ」
 柚子胡椒と柚子ポン酢で、さっぱりいただきました。

Simg_1561Simg_1560









相方畑のブロッコリーの赤ちゃんと。
卵の黄身の堅さも良い塩梅に。


2016年4月21日 (木)

「お土産」何にしょうかな?

どこかへお出かけの時、「お土産」何にしょうかな?

渡す人を思い浮かべて。好みに合うものを・・・。

それぞれでしょうが・・・・妹ときたら・・・・
 「あんたは観光でなく、土産品を買いに来るの?」
  と、云うほど。お土産に労力を注ぎ入れます。
   その量と、金額と来たら、べらぼう。

そういう私にも、お土産にはこだわることがあります。
 その土地の、道の駅。スーパー。を覗きます。
  お土産店に販売していない品物を見つけることが出来ます。

一番に目に付けるのは。。。調味料です。
 味噌。塩。醤油。オイル。タレ。等です。
  (特に味噌などは、裏を返して見入ります)

今回も、お宿で戴いた、ステーキのタレの美味しかったこと。
 売店に行くと「お食事のステーキに使用したタレです」と書かれ、
  「あっ!これこれ。TVのケンミンショウでやっていたものだぁ~」
   お店の人に「これって?ケンミンショウで紹介のタレですか?」
    「そうです。青森県民の自慢のタレです」って・・・

やったー。TVケンミンショウ・大ファン。見逃しのないババです。
 (このタレは気になって、あくる日も。もう1本購入に走った)

地方食べ物店で飲んだお味噌汁。気に入ったお味。
 その味を求めてスーパーに入ることも有ります。

まいう~の石ちゃん・・・「点滴に入れてでも飲みたいスープ」
 こんな名文句を言わせたお味は?
  と、店内巡りも観光の一つです。

そして、「地方のラーメン巡り」も欠かせません。
 「青森ラーメン」・・・煮干し味のスープ・・・
  スープは美味しく戴きましたが細麺仕立ての麺は××。

今回のおみやは、ホタテシリーズになってしまいました。
 ホタテの燻製。焼ホタテ。ホタテの釜めしの素。ホタテの吸い物。
  まんじゅう。cake。御煎餅。等は。買いませんのよ。

               我が家の「庭さくら」。可愛く咲いています。
Simg_1554
Simg_1552






2016年4月20日 (水)

あの一袋の麺から

相方との買い物で・・・ちょっと変わった食料品店に行きました。

そのお店には変わったものが売られているんです。
 今日の掘り出し物は・・・・沖縄そばの麺です。

相方が、これで焼きそばを作って~。と来たもんだ。
 これで? 「これは沖縄そばの麺
だよ」
  「焼そばでも良いと書いてある」・・・
   と。またいつものダッダッ子ちゃんに変身。

一袋5人前。。。。どうすんの?こんなに食べられへん。

ムラムラと・・・「本物の沖縄そばを作ろう~」

味はなんとなく解るのだが?
 Cookputtさんのお世話になりました~。

先ずは・・・・沖縄そばの中のソーキそばを作ろう。
 ソーキは3枚肉だが・・・骨付きのスペアリブで。ガブリと。

肉を洗い。焼酎でじっくりと茹でること45分。
 味付け様に煮込むこと30分。

たったスペアリブ6切れだけを・・・
 あっぁ~。
  こんな事だったら何時ものチャーシュー作りと変わらないじゃん。

それでも、このソーキの茹で汁が必要なんです。
 これが無ければ、ソーキそばの出汁作りが出来ません。
  
普通のラーメンはただの中華の味付けなんだけど。。。
 ソーキそばはカツオ出汁。(こってりの中にスッキリ)

ウエイパァー。香味ペースト。を入れて。ちっと味見。
 んっ? ちょっと違う? そうか、生姜だっ?。
  んっ? 牡蠣ソースと醤油で味つけ?・・・
   んっ? こんなもんか? イヤッ、チト違う?。

頭の中の記憶は消えるけれど、「舌は忘れない。覚えている

そうです。「お味」は怖いくらいはっきりと思い出すもんです。

味付けの時に・・・相方に問いてみた。「沖縄本土で食べた味? 
            石垣島で食べた味? 竹島で食べた味?」
 と、聞けば、ちゃんと覚えていました。(それぞれ違うんです~)

沖縄そばでも、色々な味付けや作り方や具が違います。

苦心の末。何とか出来上がりました。

「そうそう。この味。この味」・・・この味は、沖縄空港からすぐの
 民芸館の味だったよね。
  あの暑い日に。暑いお店で、
   熱いソーキそばを、ダラダラ汗を流しながら食べたっけ?
    いくら海が好きとは言え、60ン歳過ぎのジジとババ。
     沖縄まで甲羅干しに行ったっけ?

その後、石垣島。竹島。と、青い海の沖縄に魅了された。

随分苦労したソーキそば作りだったが、思い出も甦りました。

Simg_1557Simg_1555





2016年4月19日 (火)

シャワー室にて

シャワー室にて・・・・シャンプーをしている私のすぐ近くで・・・
 順番待ちをしているオバチャマのお話。

こちらには、よく聞こえてくる甲高い声です。
 「あのワンちゃんが、お座り・マテ・が出来る様になったのよぉ~」
  (数か月前、高齢犬をなくされた話は聞いていた。あの方?)

「可愛いわよぉ~。すぐ覚えたのぉ~。お利口さんよぉ~」

と。超自慢話。

お友達:「その母ちゃん。が、いかんわねぇ~」・・・「・・・??」

お友達:「母ちゃんは、マテの躾が出来ないもんねぇ~」・・・「・・・・?」

お友達:「マテが出来ずについつい。お菓子のつまみ食い」
 子犬の母ちゃん:・・・・「てっへぇ~」

 シャワー室の中の私くし。
  笑いを堪えるのに必死でしたぁ~。( ´艸`)プププ

このお二人さん。吉本からスカウトされるんじゃないかしら?

数か月前に亡くなったワンちゃんだって。14年の長寿犬さん。
 おしっこの垂れ流しをするわ。昼夜逆転で苦労したと云われてた。

*****
我が家の近所のワンちゃん達。。。思い返せば・・・
 ワンちゃん同士がお友達であったり、
  殆どの方がワンちゃんとお散歩を楽しんで見えました。

ワンちゃんの高齢。飼い主さんの高齢。
 この頃は、一人散歩さんが増えてきました。

ワンちゃんの白内障で、道のはずれの側溝に落ちたり。
 認知症で同じところをクルクル回るワンちゃん。
  足腰が弱く、小さなカートに乗せられたワンちゃんお散歩。

我が家ももれなく・・・だんだんとワンちゃんの姿も見なくなりました。

(800世帯の団地)昔は、何処のだれか名前は知らなくても、
 ワンちゃんの名前は知っていた時代。
  (中型犬、大型犬も多く居たのに、今は小型犬ばかり)

それが、33年後の今では、皆様団塊世代者がいよいよ。
 「姥捨て山」と、化して来ました。

フォロワー80万。。。芸能人以上の人気沸騰中の
 「笑う犬。柴犬まる」検索。
Yjimage






2016年4月18日 (月)

春の味を戴きました。

「春の味」をいただきました。
 それは・・・いただくして、いただいたものです。

何だか・大げさ~~。 ウフッフ。
  ①丸亀製麺。春の味「あさりうどん」期間限定発売CM。
     (CMのあさりの多いだし汁は本当か?CMだけか?)
  ②ブロ知りさん。早速食べて来たとか。
     (思っていた以上のあさりの量に満足)
  ③ブロ友さん。丸亀製麺で温玉うどんを食べて来られた。
     (隣のお客さんがあさり殻を積み上げていたのを目撃)

以上のような経過をたどり、sakurabaabaの食い意地虫が、
 ムクムクと・・・・

そんな時。相方さんが「日曜のランチは丸亀製麺さんで」
 と、来たもんだ。。。。おっおぉ~~。グットタイミング。

丸亀製麺「春の味・あさり(わかめ)たっぷり」
 4/6から5月中旬までの限定発売。
  限定に弱い、sakurabaabaです。

どんぶり鉢に、殻付きあさりが20個以上。
 かつおベースの白濁したスープでうどんを一煮してあります。

そして、我が家流。。。。
 今夜の天ぷら丼り用に。箱入り天ぷらのお持ち帰り
  (天ぷら5個以上で50円引き。天丼汁カップ1杯サービス)
    抜かりはございません。
Yjimage_2








2016年4月17日 (日)

「桜鯛のころ」

「旬を感じる」・・・桜の時期に捕れる桜鯛。。。

 ・・・・・春を感じたい。たい?鯛?

桜鯛の釜めし。に、桜の花びらを乗せて・・・・
 な~んて、板さんの様なことは出来ませんので。

ただの鯛飯。と、鯛の吸い物でごまかしました。
 これに、ホタルイカとわけぎの酢味噌和え。
  これにて・「旬を味わう」・ことにしましょう。

もうすぐ、タケノコ堀りに出掛け、「採れたてタケノコ味噌汁」
 娘の所では、鍋にお湯を沸かしてから隣の竹やぶへ。
  採りたてタケノコを味噌汁鍋へタケノコさんダイブ。
   贅沢です。贅沢すぎますね。
 (家に持ち帰っては出来ない献立です。お泊りの時だけ)
  
これも春。春を見つけに行きます。(もうすぐ?)
 いえいえ。。。娘ブログより…「初タケノコ収穫」と、ありました。
           今年は例年より、は・や・い。急がねば・・・

もう一つの春。。。。小雀ちゃん。大きくなりました。
 親雀さんより、まん丸く2廻りも大きくなった小雀ちゃん。
  母さん雀と我が家のパン粉を食べに現れます。

初めに「ピッピッ」と鳴くのは小雀ちゃん。
 小雀よりスラッと小さな母ぁさん雀がエサ箱へ。
  一つ一つ小雀に口渡しをしています。
   なんとも微笑ましい光景です。

Yjimage






ネットより

 今回はネットより《桜鯛の釜めし》・・・写真を拝借。
  これも母親譲りの料理です。(鯛・青ネギ・刻み海苔)だけ。
   今度は、タケノコも入れちゃおぅ~。
    お庭の山椒の葉も青々してきました。
Yjimage_2






2016年4月16日 (土)

心配しています。

土曜の朝はいつもよりゆっくり寝かせてもらっています。

襖を開けて・・・「おはよう~」
 んっ? 相方さんが変な顔して。何か言いたそうな顔。。。。

「夜中の地震が本震なんだって・・・」・・・(何言ってんのぉ~。)
 私に伝えたい事が思うように言えず。モゾモゾ・・・・

相方の指さすテレビを見て・・・・
 【なんだって~??】・・・それしか言えない、頭の整理が付きません。

昨日の益城町映像は半年前空港着からレンタカーを借りた地域。
 皆さんが避難しておられる姿。大きな余震に恐怖の姿。
  8カ月の赤ちゃんが無事助かった映像にはテレビに拍手をしていた。

だから、昨日のクラブにはいつもより少数の人達でした。

そして・・・・今日夜中の地震が「本震」だなんて・・・。

ブロ知りさんは、大分県臼杵の77歳。
 前日の熊本地震の時には、家は揺れたが被害も無く。
  多くのブロ友さんから心配のコメント戴いたとありましたが。
   今朝のブログアップには・・・

「大揺れで、立っておれない。とは、こんなことなんだ」と、
 気丈に、明け方には記事を書かれて見えました。

77歳のお歳を感じさせないお元気なお一人様。
 料理作りがお好き。お酒が大好き。多くのお友達の会話。
  体操指導者をして見える。大分弁でのおしゃべり。。。。

   どうか、皆様・頑張って下さい。

あの綺麗な菊池渓谷で今(10時)震度6弱。
 あの阿蘇のやまが小規模噴火。
  あの阿蘇温泉では、50名が立ち往生。

    半年前の景色が、変わった。

 
 

2016年4月15日 (金)

雨上がりの朝。

おはようございます。

雨上がりの朝には・・・帰り着いたつばめさんが挨拶に来ました。
 そして、ブルーベリーも花をつけ今年もジャムが待っている。
  ご近所さんから人気のツキヌキニンドウもちらほら。

Simg_2315

Simg_2302














Simg_2306

Simg_2308












入園から1週間。
慣れない保育園での「ならし保育」・・・午前中のみの保育。
 時々泣いたり、泣いている子にティシュを渡す余裕があるかと
  思えば、もらい泣き合唱。

お昼にママが迎えに行けば、元気いっぱいの笑顔。
 車に乗り込んだとたん。。。通園バックを背負ったままグゥグゥ。
  (この寝顔。子供ながらに頑張ってんだねぇ~)
    愛おしい~ね。

12724666_1598249723828758_1231203_2






2016年4月14日 (木)

つばめさ~ん・お帰り~。

 つばめさ~ん。 お帰り~。 お帰りなさい。

えっ? 本当に昨年のつばめさんかね?

まだまだ、解りません。
 ただの通りすがりのつばめさんかもしれません?

どちら様??? 

築2年の真新しいハウスはできています。

どうぞ、御自由にお入りくださいませ。

それにしても早いお越しですねぇ~。
 今年は、我が家でのハウスに、2世帯交換移住のつもり?

明日からは、観察日記を付けなくっちゃ~。

Yjimagei76nyegd観察と云えば・・・・
 昨年11月より、コンクリート電柱の新旧交換。

仮設電柱の設置。➡電線の移動。➡新電柱への電線移動。➡
 仮設電柱の取り外し。➡下地コンクリート張替。

その間。車庫の車の何度もの移動。
 特に冬場の為の停電(各4時間)・・・これには参った~。

ヒーターが使えない。昼ごはんの用意が出来ない。
 ご近所さんと、連れ立ってランチや買い物で時間をつぶす。

んっもう~~。 中電サ~ン。
 もっと陽気の良い時期に。そして手際よく時間を掛けないで。

昨日も、夕方にトイレレに入り、飛び上がった~~。
 「オォ~。便座が冷たーい」・「電気時計のあわせ」・
  「温水器のセット」・「温風ヒーターのオンスイッチあわせ」
   前日の最低気温(0・5度)だったのよ~~。





2016年4月13日 (水)

朝ドラから2週間

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が始まって2週間になります。

この2週間悩んでいました??

やっと解決しました。 

・・・・思い切って、浜松の嫁ちゃんに聞きました。

うふっふ。。。。ながーいメールを打ちました。
 「なぜ孫ちゃん達に(とと・かか)って呼ばせているの?」

とと姉ちゃんの舞台は浜松だから。浜松弁で(とと・かか)なのか?

返事がきました。。。。それは、
 自分が、パパ・ママの呼び方が嫌いです。
  (数年間海外生活をしてきた嫁ちゃんだから?なのか?)
  自分の子供には、「とぅちゃん・かぁちゃん)って。
   呼ばせようと思っていましたが、孫ちゃんの言葉がうまく言えず。
    とぅちゃん=とと。 かぁちゃん=かか。 になったそうです。

「浜松弁か?」と、思っていたなぞは解けました~。

反対に、「とと姉ちゃん」ってドラマをやっているの?
 って質問されてしまいました。
  朝早くから子供を保育園、学校にと送り出し、
   家庭とお店の二役をこなしている母ちゃんです。
    朝ドラなんて見ている時間はない様子です。

方言とは。暖かさがありますが、仙台産まれの嫁ちゃんの方言は、
 聞いたことがありません。
  それより、「義母さんの作るおでんに手羽元が入ってるぅ~」
   って、食文化の違いに驚いていた。

「とと姉ちゃん」は「あさがきた」の最高視聴率より高い出足だそうです。
 やはり、女性には興味のあるドラマ(女性編集者)だからでしょうね。
  おば様だけでなく、ババ様にも、気になるドラマです。

とと姉ちゃん。の口癖・・・「どうしたもんじゃろのぉ~」
 これが、「びっくらぽん」の様になるのかしら?

三人姉妹の長女。。。三姉妹の違った性格も面白いです。
 三姉妹の長女といたしましては・・・うん。解る。解ると首を振る。
Yjimagevcjc4y6p今朝のロケ地。
 浜松・中田砂丘での二人左脚・・・凧揚げも映っていた。

2016年4月12日 (火)

ホーホケキョ~

  ホーホケキョ・・・・聞こえました。聞こえました。

本当は、ホーホケキョじゃなくて。
  この時期は「ホーケキョッキョ」なんです。

この団地のすぐ横の竹やぶに巣を作っています。
 今年も、赤ちゃんウグイスが鳴き初めたんでしょう。
  本格的に「ホーホケキョ」って鳴くのはあと1か月後?

この頃は、野バトの鳴き声まで聞こえてきます。

テレビじゃ、鳩餌やりオジサンやオバサンが取り上げられてる~。
 我が家の、雀の餌やりは? チョット気になりますが?
   (まぁ~。この程度じゃいいかも?)

ホーホケキョと聞けば、カメラ担いで・・・というところですが・・・

 なぜか? 只今スランプ状態??
皆様の素晴らしい写真を見れば見るほど。あ~撮れない。

なんでボケるの? なんで色が違うの? 
 などと、最後はカメラが壊れたの?・・・・

カメラのせいにしちや~いけねぇヨ。。。。反省。

という事で。わが市の「60歳からの趣味と学び」
 初心者。一眼カメラに入部申し込みをしてきました。
  折角相方に買ってもらったカメラを使わなくっちゃ~。

そのついでに、旅行会社のカメラ写真ツアーにも申し込んだきた。
 毎月あるのですが。今回は9月分の時だけ。
  「四日市の夜のコンビナート撮影」です。

ウフッフ・・前宣伝をしておけば・・止められない。逃げられない。
 sakurabaaba心理作戦。
  (本当は、受講料の元を引くまでは。のケチ精神)

ウダウダ云っていてもしょうがない。相方の畑へ。
 「早く、早く」と相方が気を揉んでいました。
  チョット遅れ気味でしたが、散るボケ花・川面の花イカダ。
Simg_2261


Simg_2254














Simg_2275


Simg_2268










不思議なことに:::枝に付いている時はオレンジ系の花びら。
 散り落ちた花弁はピンク系?なんでだろう?(カメラのせい?)
  

2016年4月11日 (月)

バースディーランチ。

チョット遅ればせながら・・・相方Birthdayのランチ。

「なにが食べたい?」と聞けば、「あの丼ぶり🍚が良い」

あの丼ぶりとは。。。チヨットやソットでは有りつけないお店です。
 並んで食べるにも、開店一時間前より並びます。
  電話予約にしても、席は取れても限定丼ぶりは20食のみです。

今回も、予約席を取るのに、二日掛かりました。
 予約をしたものの、限定丼ぶりを戴くには、やはり開店前に。

そして、心構えも必要です。(我が家流)
 そんなぁ~。 大げさなぁ~。 大真面目な話です。 
  *前日の夕食は、肉食は避ける。
  *当日の朝は、目玉焼きを入れない(消化の為)
  *その日の夕飯は、暖かいお蕎麦のみ。と来たもんだ。

さぁー。出掛けましょう。
 いつもは、口紅と眉シャープのみ。
  しかし、今日はファンデーションも軽く付け加えます。

えへっ。15人ほど並んで見えましたが、
 20食限定には間に合いました。(ローストビーフ丼ぶり)
  相方は(牛タン炭焼き丼ぶり)
   いつも、違うメニューを注文して半分ごっこ。

ここのお店は、TVでも放映されています。
 「飛騨牛一頭買い」だからできるA5級丼ぶりランチ。
  丼ぶりはランチのみなんです。だから込み合います。
   (夜は焼き肉専門店)

「ありがとうございました。又のお越しをお待ちいたします」
 って、云われてもねぇ~。 
  またのお越しは・・・って・・・半年後なんですがー。
   そうそう行けるもんじゃない。

150x150_square_30832510150x150_square_39296393











丼ぶりからはみ出しのお肉です。
若い人向きです。年寄りには・心して食べなければなりません。
 牛タンは、炭焼きの良い香りと甘めのタレです。
  ローストビーフは、味付けは無く。柚子胡椒で戴きます。
   (サラダ。小鉢。最後に紅茶プリン付き)

B5uybsvxwzcvwusnttev6zqczovfkffsyf9


2016年4月 9日 (土)

チビちゃん・ガンバレ~

 桜の花ビラ舞う保育園に、姫孫ちゃんの入園式。

今迄、5人の孫ちゃんは男の子ばかり。
 派手な入園式も色も形も同じスタイルで鮮やかさがありません。

いよっ。待ってました~。姫ちゃ~ん。
 お兄ちゃん以上のわんぱく姫ちゃんが・・・
  いつもはズボンと長くつスタイルが・・・・
   今日はふりふりスカート。
    アップにした髪型には真っ白なリボンが付いている。
     「馬子にも衣装」・・・おしとやかに見えます。

初めての登園日は(あくる日)、雨の中。
 お兄ちゃんの先導で、無事、園舎の中に入って行ったとか。
  長男さんの時は、何が何だかわからくて教室に入って行った。
   二番目のお兄ちゃんの時は、泣きじゃくっていたとか。
    さぁー。姫ちゃんは?。全てわかりきっているわ。と。
     すんなりと先生の元へ。ママは隠れる様にソレ逃げろー。

それどころではありません。次男坊さんの入学式が始まります。
 急いで家に帰り付き、和服の着付けさんが来ています。
  なんでぇ~? こんな大雨の日に当たるなんて~。

夕方になってもこちらに電話が入らず、どうしているのかと心配すれば。
 「それどころじゃないのよー」・・・写真館での記念撮影の予約が夕方。
  入学式スタイル。入園式スタイル。家族写真。。。長時間だとか。

まぁ~。無事に入園・入学式が済み。お疲れ様~。
 しかし、チビちゃん達の声は電話でも聞かされませんでした。
  主役は・・・チビちゃん達なのに…
   電話の孫ちゃんの声も聞けない相方はボヤクばかり。

12446326_1023741187706861_11854122812912282_220407368315678_106494404_









あくる日・来ました。来ました。
 「お爺さん・ありがとう。一年生になったよ~」
  「がんばれよ~」・新幼稚園児「うん・うん」良いお返事でした。

2016年4月 8日 (金)

青春時代から年金時代へ

 ちょっとー。 チョット・チョット

こんな替え歌を見つけました。

森田公一さんの「青春時代」の替え歌・・・「年金時代」
 本当は、動画付きなんですが、
  私ゃ~動画をアップする事が出来ません。
   (「青春時代の替え歌」で、動画を見てください)

 
 退職までの 半年で     答えを出せと 言うけれど
  加入期間が 短くて      年金もらえる アテがない
  年金暮らしが 夢なんて     現役時代の 甘い夢
  年金時代の 入口は     先の見えない ことばかり

  身体も もはや あの頃の 盛りを過ぎて しまったが
  胃腸に肝臓 ガタガタで   おまけに糖尿 五十肩
  年金暮らしが 夢なんて   現役時代の 甘い夢
  年金時代の まん中は    医者にかよって いるばかり

  年金時代を よくしたい   誰でも みんなが 思うこと
  年金暮らしを 笑うため   今はみんなで がんばろう


*****
そして、そのついでに、もう一つ。「お座敷小唄でボケ防止の替え歌」
 これは、余りに面白く、町内の方との集まりに・・・・
  コピーをして持って行きました。
   皆さん大笑いをしていただけました。
 
チャッチャ・チャカチャ。チャチャ・チャカチャ。ハイッ。。。
 私がお囃子を入れると、皆さん乗ってきた~~。
  1番から。3番まで歌い切りました~。

  「あっぁ~。これでボケんわぁ~」・きゃーきゃー。


「ぼけます小唄」
1 何もしないで ボンヤリと   テレビばかりを 見ていると
  のんきなようでも 歳をとり   いつか知らずに ボケますよ
2 仲間がいないで 一人だけ   いつもすること ない人は
  夢も希望も 逃げてゆき   歳をとらずに ボケますよ
3 お酒も旅行も 嫌いです   歌も踊りも 大嫌い
  お金とストレス 貯める人   人の2倍も ボケますよ

「ぼけない小唄」
1 風邪もひかずに 転ばずに   笑い忘れず よくしゃべり
  頭と足腰 使う人   元気ある人 ボケません
2 スポーツ、カラオケ、囲碁、俳句   趣味のある人 味もある
  異性に関心 持ちながら   色気ある人 ボケません
3 歳をとっても 白髪でも   頭禿げても まだ若い
  演歌歌って アンコール   生きがいある人 ボケません

2016年4月 7日 (木)

ラッセ・ラッセ。ラッセラー③

ゆっくりの朝食後。
 昨日ののんびりとは違い、今日は忙しい1日です。

八戸港より離れているのに魚市場「八食センター」
  (敦賀の魚市場ほど大きいセンターです)
 七里村==市場内で魚介類を購入し、七輪で焼きます。
  わぉ~。 これは? スルメを焼く匂いじゃん。
      (ストーブ列車のまねごとかしら?)

回転寿司も有ります。ながーい列が出来ていますので。
 ほかのすし屋さんで。お寿司でなく、妹は海鮮丼ぶり。
  私はウニいくら丼ぶり。新鮮でプッチプチ。満足じゃー。

今度は、「道の駅こけし館」可愛いこけしと足湯で津軽へきたー。

ここからは、八甲田山の頂上へ。
 山の中は、上にあがれば雪が深くなっていきます。
  「雪の回廊」つい2日前に彫り出し開通したばかりなんです。
   今年は暖冬の為、(いつもは9㍍)今年は5㍍程です。

やっと山から下りて街の中へ。
 五所川原の「立佞武多の館」(たちねぷた)見学。
  なんとまぁ~。高い建物? 立佞武多の入る建物だからです。

先ずは4階まで一気にエレベーターで昇り、廻り廊下で降りてきます。
 ガイドさんの津軽弁アクセントで、制作の説明を受けながら、
  あまりにもデカい佞武多に圧倒されます。
   ビデオで。立佞武多がこの館から出る様子。制作様子。
    8月の本祭りの賑わい。等を見せてもらいます。
     三基の立佞武多は4階で(顔の位置)です。

青森の佞武多は・・・いくつもありますが・・・有名な三大ねぷた。
 青森ねぷた・・・・・・・勇壮な武者の姿をかたどった横型山車。
 五所川原ねぷた・・・高い。立ち姿山車(高さ23㍍・重量19㌧)
 弘前ねぷた・・・・・・・行灯に勇壮な武者絵を描いた扇形山車。

慌てて青森空港へ。遅い出発でも夕食は食べなければなりません。
 コンビニ弁当。。。私はコンビニ弁当を初めて買います。
  目移りするやら、本当においしいの?
   そこで見つけた・・・ほぐし鯖が菜飯とご飯の上に散し。
    これが・・・美味し~い。ヒット作。(青森だけ?かしら)

9時10分空港到着。私の車で妹宅へ送り届け。
 我が家着10時40分。「ただいま~~」・「おかえり~~」
  「楽しかった?」・「ウン。えがったupえがったup

Simg_1536_2

Simg_1532_2













Simg_1538_3

Simg_2223







 

2016年4月 6日 (水)

ラッセ・ラッセ・ラッセラー②

まづは・・・朝風呂へ・・・鏡に映った髪スタイルは@*#$%&
 体重計も300㌘アップ。

そこへ。美味しい朝食をいただき、△△㌘増えただろうなぁ~?
 いやいや、郷土料理の誘惑に負けてしまいます。
  (振り返って見れば、食事撮影は一つも有りません。
    料理に目移りし。食い意地が勝ってしまったのだ・・・)

そうそう、食事会場への途中。広場で「津軽弁ラジオ体操」を
 していました。津軽弁。。。とってもユーモアがあります。
  年配者、お子様。20名ほど(イッズニィ~。イッズニィ~)

ありゃりゃ? 今日は「朝がきた」の最終回。見なくっちゃ~。
 (しっかり録画予約して来たのに習慣とは怖いもんだー)

「あ~ぁ・TV終わったね」・「TV終わっちゃったー」・・・・

それじゃー出掛けますか? 青森やの庭園散策。
 何万坪の広さですので、近場巡りだけでも1時間コース。
  ポニーが引く「ストーブ馬車」で巡る方々もいらした。

庭園の所々に、「雪ん子」さんスタイルの女性スタッフさん。
 大きな大漁旗を振っているイケメンスタッフさん。
  「どうぞごゆっくり~」って言われてもねぇー。

民話のかっぱ沼・南部大曲民芸館・旧渋沢邸・晩香炉・
 あぁ~。 やれやれ歩き疲れましたぁ~。
  そうで無くとも、青森やさんの館内は広くて、
   いつも迷子になってしまいますぅ~。
    お部屋はどこじゃ~?

二日目の今夜は、青森祭りのショーを見ながらのお食事です。
 大きな演芸場で舞台の周りに三段階に分かれている食事処です。

もちろん正面には大舞台に佞武多が飾られています。
 懐石料理が運ばれ、民芸食「ずっぱ御膳」
  舞台袖で頂くのは素敵な演出です。
   1時間後、照明が消されショーが始まります。

総勢30名ほどのスタッフさん。三味線や太鼓や笛の音色。
 それに丁度土・日曜のため地元の祭りのプロさんも参加。
  (今回3歳ぐらいのプロお子さん可愛いー)

大賑わいの中、多くの宿泊者さんを巻き込んでのお祭りです。
 ♪ラッセ・ラッセ・ラッセラー♪ 飾り編み笠と鈴の音色
  【跳びと】さん登場で一気に盛り上がります。

太鼓連打。笛ソロ。佞武多出し。登場~退場。
 車輪付き佞武多が、ぶつかり合います。ひゃ~。
  次に哀愁感の漂うお囃子の合図で佞武多が小屋入れに戻ります。

今夜も大興奮でまたもや眠れそうにありません。

Simg_1497

Simg_1504







 






Simg_2198

Simg_2188

























 

2016年4月 5日 (火)

ラッセ・ラッセ。ラッセラー①

一度は行きたかった《星のリゾート》
 祭り好きなsakurabaabaは、居てもたっても・・・・

本場青森ねぶた祭には、とても行けれませんので気分だけは・・・・
 星のリゾート「青森や」での、青森ま・つ・り・
  今回は妹との二人旅です。相方さんお留守番。

出発便が45分遅れ。航空会社より、お詫びのコーヒーチケットを戴き、
 空港喫茶店でくつろいでいる時、ブゥー・ブゥー・なに?なに?
  一斉に地震速報のベルが鳴り。バックから取り出した携帯電話。
 (緊張感より皆さんと取り合わせたことのほうがウキウキしちゃった)

青森空港へ着けば、お~寒い。残雪が道端に積まれていました。
 多治見では22度の5月の気温。その10度以下のお天気です。

チェックインを済ませてお部屋に通され、堀炬燵の周りにに置かれた。
 一杯のクッションで、枕投げをしろってか? テンションアップです。
  (クッションには馴染みのない田舎モンです)

お食事も、これはな~に?山海の珍味でいっぱいでした。
 ツルツルよりヌルヌルの温泉はヒバの大浴場に注がれていました。
  (外の露天風呂には佞武多が浮かんでいるはず?昨日迄×)

お待ちかねの、お祭り会場へ。
 通路から、祭り気分を高めてくれます。
  リンゴ形の提灯の下をくぐり、夜店さん姿のスタッフさんが、
   希望の浴衣を貸し出したり、鈴付きのうちわを配ったり。

途中のコーナーには、ストーブ列車のまねごとのように、
 スルメを七輪で焼いている。ヨッテマレ酒場で飲んでたり、
  ホタテ貝の釣り堀で騒いでいる家族連れ。

会場には、佞武多(ねぶた)や、民芸調度品が出迎えてくれます。
 津軽三味線。青森民謡。スコップ三味線。太鼓の響きでワクワク。

その出演者さんは昼間は星の制服(全国統一黒地に小紋の作務衣)
 を、法被や浴衣、和装に着替えての熱演、立派な演出者さんです。

スコップ三味線では、世界規模のコンクールでは、
 「青森や」さんが優勝したほどの腕前です。
スコップ三味線==
 雪かき用の金具のスコップに金物栓抜きで奏でます。弦は有りません。

津軽三味線は名人?程の見事なバチさばきです。(そのうえ美人さん)
 皆さんと一緒に「ラッセ。ラッセ、ラッセッラ~」・・・・
  「じゃわめぐ広場」でのショータイムは10歳ほど若返らせてくれました。
 

今回は、この星のリゾートさんに連泊です。
 ゆっくり、くつろぎます。しかし、いつも妹と二人旅行には、
  最後には・・・・三姉妹のうちの一番下の妹のこと。

「三人一緒に来れたら良かったのにねぇ~」と口づさむ。
 奥さんとして、母として、ババとして、
  どんなことでも言い合える三人姉妹。な筈・・・・・

42歳で病死の末妹。今なら三人揃ってゆっくり温泉旅行の出来る頃。
 。。。あれっ? ベチャベチャ。 もう12時を回っています。
      もう。寝よう~。

Simg_2208Simg_1456








Simg_1455Simg_1462









Simg_1465Ssimg_1486








2016年4月 1日 (金)

ブログ休刊日~~

まぁ~。 大げさに「ブログ休刊日」だなんて~。

ほんの4・5日の事なんですぅ~。

それじゃ~。 いつものこったべっ?

へっへぇ~。 ちょくら・青森までへ行ってきま~す。

 これで飛行機搭乗回数48回?位かな?
  こんな重い体重を乗っけて、よく落ちなかったもんだ。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »