フォト
無料ブログはココログ

« もしもし・良かったヨ~ | トップページ | あぁ~気ぜわしい。 »

2015年12月21日 (月)

孫ちゃんの駅伝

朝早くから…・完全武装のいで立ちで孫ちゃん駅伝走の応援です。

ホカロン持った。毛糸帽子被った。ブーツを履いた。暖かお茶持参です。

「お爺さん。僕、駅伝の選手に選ばれたヨ。みにきてね」
 行かねばなりません。

山の頂上にある。市立の大きな体育競技場。
 向こうに見えるは。雪をかぶった御岳山。

現地に着くなり、《ハッ? 孫ちゃん1号の名前をわ・す・れ・た》
 それぐらい、久し振りなことなんです。認知ではありません。

娘に「エーと。あんたの長男の名前なんだった?」
 「ハッ?大事な孫の名前?を?忘れたの?信じられな~い」
  「チョット度忘れしちゃった~」・・・
   「しっかりしてヨー。あぁ~。名前まで忘れられちゃった~」

いつもの、スポーツ少年団のご父兄さんと。こんにちわ~。
 私たち年寄り組も顔見知りになっちゃいました。
  どこのコース走るの?。何番目?どこに居たらいいの?

次男坊さんと、姫ちゃんとで一緒にスタートを見守ります。
 あぁ~~。来た来た。 あぁ~~。通り過ぎてた~。
  「○○くん。頑張れ~」大きな声援は聞こえたのだろうか?
   必死な顔は、いつもの顔と違って見えた。

夕方に、「今度ローカルテレビで写るから録画しといて」との請求。

 ハイ。ハイ。解りました。 
  運動会。野球の試合。駅伝応援団。 
   暑かろうと、寒かろうと、ババは大変なんです。

Simg_1364Simg_1367





« もしもし・良かったヨ~ | トップページ | あぁ~気ぜわしい。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫ちゃんの駅伝:

« もしもし・良かったヨ~ | トップページ | あぁ~気ぜわしい。 »