フォト
無料ブログはココログ

« あぁ~気ぜわしい。 | トップページ | 「年末計画」オジャン! »

2015年12月24日 (木)

サンタクロースって??

いつもの新聞に、いつもの「暮らしの作文」が載っていました。

投稿記事にはいつも、お歳の召された方ばかり?
 それが・・・10歳の少年の素朴な作文でした。

 「サンタクロースって本当にいる?」  小学生10歳 男子


12月に入ると必ず気になることがあります。
「サンタクロースって本当にいる?」というぎもんです。
学校でも、毎年その話が出ます。
「夜中に起きた時、プレゼントをお父さんがツリーの下に置いていたところを見たよ」
「本当にいるよ」と、いない派と、いる派がバラバラ。
どっちが合っているのかわかりません。
 私は、いたらうれしいし、いるなら会ってみたいと思っていました。
でも、お友達の話を聞いたら、なんだかモヤモヤしてしまいました。
 そこで、母に「サンタさんっていると思う?」と聞いてみました。すると。
「その質問が出た時に一緒に読もうと思って・・・」と、
 一冊の本を読んでくれました。
それは、「ひゃくおくまんのサンタクロース」という絵本でした。
 ヘェー!。そういうことだったのか!
 私がぎもんに思っていたことをスッキリさせてくれました。
私のように疑問に思っている人がいたら、ぜひ教えてあげたいなと思いました。
 それまでのサンタクロースのイメージとは、まったくちがうものになりました。
でもクリスマスを楽しみにすることに変わりなくて、むしろ今まで以上に楽しみです。
 早く大人になることも楽しみになりました。


ひゃ~。10歳の男の子の作文?
 自分の小さい時にサンタクロースがいるとか、いなとか。
  そんなに深く感じた事なんて無かった~。

明治産まれの父と大正産まれの母。・・・キリストのお祭りには・・・
 プレゼントも、有った様な無かった様な?
  これと云っての記憶はありません。

年末の31日には・・枕元に、新品の肌着と歯ブラシが。置いてあった。
 元旦には、真新しい洋服と、朝に下ろす運動靴。

そんな御縁の無いサンタクロースさん。
 早速、この歳になって「ひゃくおくまんのサンタクロース」を、検索。

検索結果:::よく解りませんでした?。
 自分は、素直な気持ちが無くなっているひねくれ年寄り。
 
私が子供たちへのプレゼン時代は。条件付きのプレゼントで。
 何かをプレゼントするのではなく、お年玉の前倒しのようなもの?
  サンタクロースにはなれなかった親です。

この絵本よりも、「マッチ売りの少女」の方がお似合いの昔人間です。

孫ちゃん達は、爺婆サンタクロースの事をどう思っているのかしら?
 ただ、「トイザラスへ行ってオモチャを買ってくれるサンタクロース」

もう。ジジとババのサンタクロースは廃業です。
 家族でクリスマスをやってくださ~い。
  「寝クリスマス」を決め込んでいます。

Yjimage





  

« あぁ~気ぜわしい。 | トップページ | 「年末計画」オジャン! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンタクロースって??:

« あぁ~気ぜわしい。 | トップページ | 「年末計画」オジャン! »