フォト
無料ブログはココログ

« 9月29日は何日? | トップページ | もう10月? »

2015年10月 1日 (木)

ロバのパン屋さん

    「パン売りのロバさん」

♪1. ロバのおじさん チンカラリン
   チンカラリンロン やってくる
   ジャムパン ロールパン
   できたて やきたて いかがです
   チョコレートパンも アンパンも
   なんでもあります チンカラリン
♪2. 赤い車は チンカラリン
   チンカラリンロン ひいてくる
   ジャムパン ロールパン
   あまくて おいしい いかがです
   チョコレートパンに あんパンに
   でちらにしましょう チンカラリン
♪3. いつもにこにこ チンカラリン
   チンカラリンロン こんにちは
   ジャムパン ロールパン
   さあさあ みなさん いかがです
   チョコレートパンと あんパンと
   はいはいありがと チンカラリン

この・「ロバのパン屋さん」の歌をを知っていますか?
 この曲が聞こえてくると家を飛び出して見に行ったもんです。

 「ロバのパン屋さん」・・・誕生から60年。

あの、お馴染みの曲、本当の曲名は「パン売りのロバさん」なんです。

創業者の桑原貞吉(岐阜出身)馬車を使った移動販売を始めたのが
 1953年の夏。 その頃は食糧難で「蒸しパン」のみの販売でした。

ロバ・・・(本当は、木曽馬)に馬車を引かせて、
      蓄音機でこの曲を流しながらの移動販売です。

昭和30年。キングレコードから発売された「パン売りのロバさん」
  (作:豊田稔。曲:矢野亮。歌:近藤圭子)
 歌詞の中の「ちんからりん」?? なぜ、ちんからりん?
  多くの人が聞いた。。。思い出す昭和30年代。

「連鎖店」、今で云う全国チェーン店は、30年代全国で170店。

しかし、高度経済成長によって、スピードの遅い馬車は自動車の走行を
 妨げるといて敬遠されていった。

自動車のクラクションに驚いたロバが暴走し、馬車が横転、死亡事故
 が発生。

昭和40年代には自動車による販売に切り替えられた。
 (あの赤と白色ストライプ柄です)

それが・それが・・・この車販売車が、私の住む、この団地の中に・・・・
 ヒャー。 有ったんです。(車体にはロバの絵が描かれていました)

2年前に引っ越しされて。どこへ行ったのでしょうね。
 この団地に見える時には、ここでの販売はして見えませんでした。

現在。。。この近くの「昭和村」(昭和時代の再現・道の駅)で、
       「ロバのパン屋さんの蒸しパン」を販売されているとか。

私の記憶が確かならば・・・・小学生低学年時代(名古屋)
 本物ロバさん、ひずめのパカパカの音が聞こえて懐かしい~~。

現在のパン屋さんにはない。ただの蒸しパン。
 小さな色とりどりのゼリーを掛けて、型に入れて蒸す。
  蒸しパンの底の型紙・・・これは、あえてパンがくっ付く紙です。
   底の紙はパンが付かない紙が有るのに、あえて
    くっ付く紙で、歯で削りながら食べるのです。

YjimageYjimage_2







ウフッフ。白黒時代とカラー時代。

« 9月29日は何日? | トップページ | もう10月? »

コメント

おはようございます。
左の当時の写真、優雅ですね。
子供たちに人気でしたでしょう。
「買って、買って」って言いますよね、きっと。

知りませんでしたので、ネットで検索して歌を聴きました。
歌を歌っている近藤圭子さん。
この名前に憶えがありますので、もしやと思って調べると
やはり「怪傑ハリマオ」に出ていた方。
小学生だった私も、彼女のあまりの美しさに憧れていました。
あ~、懐かしいわ!

~~けいさん~~
30年代のロバのパン屋さん。
私は知っている子供時代。けいさんは知らない幼少時代。
「怪傑ハリマオ」知ってる。知ってる~。
♪ハリマオ⤴ハリマオ⤴ボクラノハリマオ~♪
私は、三橋美智也さん。
けいさんは、南十字星(ハリマオ挿入歌)これで。時代が解る?感性が解る?
近藤圭子さんの歌声は透き通る歌声ですね。

またまたお邪魔します。

sakuraさんと私、ほとんど同じ年齢ですよ。
三橋美智也さん? 何のこと?
こちらもネットで見ました。
主題歌、聞いたことあります。
これが三橋美智也さんでしたのね。
全然知りませんでした、って言うか、私その頃三橋美智也さんを知っていたのかな?
南十字星の歌もありました。
こちらはきれいなお姉さんで、印象に残ったんですね。

こんにちは、
sakurabaabaさんは都会のお姫様育ち、、「ロバのパン屋さん」がやって来てたんですか?
私検索してYouTubeでも見たんだけどこの歌知らないのですう
マイペース地方にはロバのパン屋さんは田舎過ぎて足が疲れるから嫌だとロバがだだこねて?来てくれなかったんだわ、、、・(ノД`)・゜
お米しかない?お米がどっさりのど田舎ではパンは高級で手が届かない存在!
昭和の馬車の時代は時間がゆっくり、、針が止まった進み方のよう、、あのころはヨカッタなあ

こんにちわ。
私、なぜか聞いた事ないんです。
ネットで調べたけど、全然覚えがないの(><)
60年前だから、子供時代のド真ん中なのに・・?
ボケちゃったかしら? ヤバッ;

ただロバのパン屋さんじゃないけど、
コッペパンやケーキ売りの車は来てました。
確か童謡が流れてたような気がします。

昔は、野菜や日用品を売りに来てた車も有ったけど、
今は全然見かけないですね。
アノ頃に戻りたいな~・・ 遠い目@@

こんばんは~~
北海道の札幌にロバパンありますよ
同じ系列かどうかわかりませんが~~創業された方は確か熱心なクリスチャンだったと思います
が定かではありません
今は札幌観光に馬車がありますが
田舎でも馬は見られなくなりました。昔の農業は馬でしたのでよく見てましたが~~

私のブログはいいんですよ。日記のつもりですから
お気を使わないでください

こちらでお話しさせていただくので十分なんです

~~けいさん~~
怪傑ハリマオを三橋美智也さんが歌っている時代を知っていますが…
ロバのパン屋さんを見たのは、名古屋栄の頃です。
その頃は、ラジオから落語が流れていました。
ご主人様と同じ年でしたよね?。
私だけが昭和初期の人?みたいですね。えへっ。

~~マイペースさん~~
えぇぇ~。
誰も知らないなんて。
一人取り残された捨て人のようになっちゃった~。
あの頃は、自転車の紙芝居さん。飴細工のおじちゃん。
が、来ていました。
子供のころから甘いものが嫌いな私が何も買わずに一番前で眺めていました。
古いものと、新しいものが入り混じったテレビ塔下の時代でしたよ。

~~ゆらりんさん~~
「あの頃は良かった~」なんて昔を懐かしむ頃になっちゃった~。
ロバが馬車を引いて、「チンカラリン」なんて~。
飴細工や、紙芝居。のどかでした。
でも、そのすぐ前にはテレビ塔が立てられ、大きなデパートが連立。
新と旧のはざまでしたよ。

~~ロンさん~~
ロンさんのお宅の前まではいけるのに。。。。。
もう少しお待ちくださいネ。
先日来より、ロンさんのお写真が一段ときれいに見えます。
赤い実のお花さんは鮮やかですね。
札幌にロバのパン屋さんが有るのですか?
ロバが馬車を引く姿はのんびりしていますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロバのパン屋さん:

« 9月29日は何日? | トップページ | もう10月? »