フォト
無料ブログはココログ

« 見っけ~~ | トップページ | いまのうち・いまのうち »

2015年8月 9日 (日)

「8・6」と「8・9」

終戦記念日とお盆・・・・偶然同じ日となってしまったが、
 故人の霊を敬うのは同じ事。

8月6日には…広島原爆投下・・・70回目の慰霊の日を迎えた。
 「黒焦げの弁当箱」・・・・娘はどれほど熱かったんだろう。

の・新聞記事が載っていました。
 アルミの弁当箱に、中身が入ったまま黒焦げになっていた。
  小さく刻んだ大根と一緒に炊いた白米。エンドウ豆の煮もの。
   
学徒動員され炎天下での作業にあたる娘の為に。
 貴重な白米を多めに入れた母心。
  その日は友達がお休みをするので、一人心細く、
   何度も後ろを振り返りながら駅へと掛けて行った。と云う。

被爆に会い、娘の学徒作業所(1・2年生・541人全員死亡)で・・・
 名前の書かれているマッ黒焦げのアルミの弁当箱を見つけた。
  「熱線に焼かれてどんなに熱かったんだろう」
   (原爆資料館に寄贈された)

その広島原爆投下の記事の2日後にTVでは・・・・
 広島名物の「広島焼き」。このお店の屋号には「〇〇ちゃん」
  と、名前入りの屋号やノレンが多いと云われている訳?

それは、終戦後、家族や身内がバラバラで人探しの為・・・
 「〇〇ちゃん」はここに居ます。との意味で、
  広島にはシャレタ店名より名前入りノレンが多いとの事。

明日9日は長崎原爆投下。それに先立って、
 長崎天主堂に「投下と平和」の3Dマッピングが写されました。
  あの天主堂に映し出される原爆マッピングは・・・・
   現代的と云うか…今迄見ていた3Dマッピングは「怪獣」
    それに対しての「被爆」。
     なんだか戦争が違うものに見えるのは私だけ?

藤城清治作品よりImg_0439

« 見っけ~~ | トップページ | いまのうち・いまのうち »

コメント

おはようございます。

この非人道的な行為に、どれほどの歳月が過ぎようと、激しい怒りを覚えます。
原爆マッピングは被爆3世の世代の人たちで作られたそうですね。
何とか伝える試みはよいのでしょうが、軽く見えてしまうかな?
若い世代なりの考えもあるのでしょうけれど。

~~けいさん~~
お早うございます。
けさ・・・8月9日。テレビでは広島原爆投下の話題ばかりです。
目を背けたくなるような悲惨な姿。
今もなお、ケロイド状の身体を大きく写しています。
私達の出来る事は「平和への祈り」でしょうね。
(けいさんもあの原爆マッピング映像を見られたのですね)

こんにちは、
8.6 8.9 は忘れてはいけない日。重い過去として流してはいけない
伝え続けて行かないと、、、と思います。
実際の被爆の映像はあまりにも残酷で目を背けたくなってしまう
映画「永遠の0」を見、数日前は「黒い雨」を見ましたがこれは戦争の恐ろしさをそのまま伝える事を重視した作品なのでまさにリアルで恐怖で恐ろしくてとても最後まで見入れませんでした。「ビルマの竪琴」「火垂るの墓」もBSで放送されます。
広島のお店の屋号の話は初めて知りました。深い意味があったんですね。

藤城清治さんの作品は、テレビで製作中のところを見たことがあります。
「これだけはどうしてもやらなければいけない」「自分の使命だ」と言うような事を話されていました。藤城さんの思いが伝わってくる作品ですね。

こよなく晴れた青空を
かなしと思う切なさよ~~~

長崎の鐘と言う歌ですが一回り以上お若いsakura様はご存じでしょうか
昔の歌手 藤山一郎さんが歌いました
長崎の鐘

この子を残してという映画もありました

奥様を長崎の原爆でなくして、焼け跡にロザリオの鎖
自分も病に倒れ幼子を残していかなければならない~~~

思い出しました。ああ許すまじ原爆を~~

~~マイペースさん~~
原爆・終戦。と、この時期には色々な映画が出ますね。
「日本で一番長い日」・・・独身の頃に見に行って映画ですが、また、
違うキャストで映画化されましたね。
あの時の映画は強烈な印象でした。
実際の戦争体験者の方も齢が重なられてしまわれましたが、
私達はその辛い悲惨な戦争体験者の思いを繋いでいかなければと、思います。
(偉そうぶって御免なさい)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「8・6」と「8・9」:

« 見っけ~~ | トップページ | いまのうち・いまのうち »