フォト
無料ブログはココログ

« 身の周りを見渡せば・・・ | トップページ | しんま~い。新米。 »

2014年10月17日 (金)

流動性知能?と結晶性知能?

流動性知能
計算をしたり、空欄に当てはまるものは何かを考えて解いたりなど、情報を処理して何かを生み出すような側面のことを流動性知能という。
平たくいえば頭の回転がいいというような特徴である。これは20代半ばごろをピークにして緩やかに衰えていく。

 結晶性知能
 物知りといった特徴、言語的な知識の蓄積がものをいうような課題に対処する側面は、結晶性知能という。

  これは、老年期にいたるまで伸び続けていくと言われている。


この頃、すっかり自信を無くしていたところ、こんな新聞記事を見つけ、
ちょっと勇気を貰いました。

今テレビの中の、横文字の事なんて言っていたっけ?
 ホレホレ・・・あっあ~ 何だった?ジレンマに襲われる自分。

 「そりゃー、歳を取ると皆な、そーだわサー」の言葉で安心し。
いやいや、嫌じゃ嫌じゃ・そうなりたくないわぁー。

そこで見つけた新聞記事。****

 年を取ると、人は衰える。==
そう捉えがちだが、人間には、加齢とともに進化する能力が有る。

「加齢」と「老化」は厳密には同じでない。

流動性知能。。。歳と共に緩やかに衰えていく知能。
結晶性知能。。。老年期に至るまで伸び続けて行く知能。

その結晶性知能は、これまで蓄積してきた学習や経験を活かして物事を総合的に判断して、問題解決をして行くもの。

**** キャー。 ありがとう。ありがとうね。

これを、「年の功」と云うんですね。エヘッ!
 ただの年寄りじゃないんだわぁー。
  アレコレ忘れても、人生生きていく上に支障なし。
   だって、頭いっぱいで、後からの物は詰め込められませ~ん。

 イッパイ忘れて。いっぱい詰め込むゾー。

Yjimage

« 身の周りを見渡せば・・・ | トップページ | しんま~い。新米。 »

コメント

そうですね、いいこと教わりました
希望をもって楽しんで生きていけます

ドリルや計算するよりも人とおしゃべりしましょうと何かに書いてありました
孤立がよくないようですね。

ほう、その新聞記事、、良いことが書いてありましたね
流動性機能は夫はもの凄く得意で私は大の苦手・・・
夫の速さに、なにくそ、、(失礼)と思ってたけど勇気を貰いました
ロンさんのコメにもドリルや計算するよりも人とおしゃべりしましょうと、、
あっはっは(≧∇≦)良かったわ~孤立が良くないのね
じゃ、今まで通りで参ります、、、お喋りは女性の特権?(*^m^*)
いっぱい忘れて、いっぱい詰め込む、、いいね

~~ロンさん~~
一人でドリルや計算をするよりも、人と交わることが大切ですね。
謙虚に、人の云うことを聞けるようになりたいです。
(この頃は、謙虚さが無くなって来ている自分です。)
仕分け作業==これが上手くなっちゃって・・・反省です。

~~マイペースさん~~
男の人は定年後、仕事人間を離れると・・・
公園にも行けれない。人と接しなくなり、自分一人で楽しむことを覚える。
その点。私たち「オバタリアン」は、お喋り健在なり。
三度の食事作りも、あれこれ悩んで脳の活性化。
叔母の入っていたグループホームでは、料理作りに積極的に
参加させていました。
お喋りは出来なくとも・・・「昔取った杵柄」上手に包丁さばきをしていました。

まさに流動性知能が衰退気味の私。
クラブで、覚えきれないエアロなど、まざまざと感じています。
でもこちらの知能を使う事の方が楽しそうだわ。

~~けいさん~~
流動性・結晶性・この二つを上手く使いこなしているけいさん。
いつも、エアロのお話を聞いていてもサッパリ、想像もできません。
それを難しいと云いながらも、しっかりやってみえるけいさん。
わたしゃー。老人用ゲームだって。出来ませーん。
とにかく、頭だけでなく、手も足も口も・・・動かしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流動性知能?と結晶性知能?:

« 身の周りを見渡せば・・・ | トップページ | しんま~い。新米。 »