フォト
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

秋の夜長のチンプンカンプン

   お月様も一段と明りを増し,細い三日月形のこの頃。

 heart「何だか虫の声もこの頃は、うるさいぐらい鳴きよるねぇ~」
 club「そうかぁ? 聞こえんがぁ~」
 heart「だから、あんたはテレビの声が大きくなるんだわぁ~」

 heart「金木犀の香りが息苦しいほどだねぇ~」
 club「するかぁ~?」
 heart「んッモゥー。アンタの加齢臭が強いんじゃん?」

夜の9時・・・おやすみ~~。早々に年寄り相方はお布団へ・・・・
 club「おおーい。そのテレビは何チャンネル?」・heart「**だよー」
 club「おおーい。〇〇見てるー?」  heart「見てるよー」
 club「おおーい。△△面白いよー」  heart「知ってるよー」
 club「おおーい。××だってー」    heart「見てるってばー」

だったら、一緒に居間で見ればいいものを・・・
 各部屋とは襖1枚です。その一つ置いた部屋と部屋の大声会話。

明け方の急な冷気で私は「ハックション・はっくしょん」5連発。
 自分のクシャミで、目が覚める自分なんです。

 「おはよう~」
 heart「おはようー。昨夜は寒かったねぇ~」
 club「そうかぁ? 何も感じなかったよ」

いつもは、自分は神経質だから眠れないんだー。と云ってるくせに。
  自分は神経質だから肥えられないんだー。と、私に当て付け。

年寄りの漫才ならぬ。 認知患者同士の掛け合いみたい。
 こんなチンプンカンプンな事を云い合いながら、
  秋の夜長が過ぎて行く~~。 heartclubheartclubheartclub。。。

*****
 と、ブログ記事を書いたその日の深夜(2時半)の事です。
相方がトイレに立った、すぐのこと・・
・ドタッ。バタッ。。

《あっあぁ~。こりゃ倒れたんだぁ~》
布団をはね飛ばして・・・トイレまでの短時間に・・
 (どんな格好して倒れてるんだ? パンツ履いてんか?
 あんな狭い所ガリ夫君54㌔起こせるか? 救急車は要るか?)

等と、変な事を一度に頭の中で巡る。

トイレの近く大声で、heart「どうしたん??」・・club「コケたぁー」・・・
 重大な病気を想定していた私。 拍子ぬけ半分・安心半分。
出てきた相方。「便座を自分で開けて、そこへ座ろうとして・・・」
 何やら、訳の分からん事の言い訳をしていた。
  ただの・・・「ねぼけ」じゃん。
興奮した私はそれから、眠れません。
 相方、直ぐに寝息。そしてグーグーいびき。
  (どこが、神経質なんじゃー)

2014年9月29日 (月)

山の神様・御岳山噴火


 突然に。本当に突然に。。。御嶽山が7年ぶりに噴火しました。

お昼ごはんをテーブルの上に置いた途端。
 テロップが流れました。一人ごはん中ですので一人でうろたえた。

その二日後。中津川まで「新米の一年分買い出し」に出掛けました。

やはり、気になるのは、御岳山。中津川まで行くと・・・
 けむりを吐いている御岳山が見えます。
  (我が家の二階からも良く見えるのに見て無かったー)

新蕎麦を食べに行った。開田高原。
 馬肉を食べに行った。木曽福島。
  赤色温泉に行った。にごり温泉。
    どこもなじみの深い所です。

紅葉を楽しみにしていたのに・・・御嶽山どうかご機嫌を直して。

 そして、皆様のご無事を祈ります。

今日はここまで。先日の公園写真。

Sdsc_1794












Sdsc_1808



2014年9月28日 (日)

書かずにはいられない。


 ブログに書かずにはいられない・・・なにが? なにを??

じつは・・・・書けないんですぅ~。 この
「金木犀の香り」

 部屋の中でPCに向かっているこの時も。
  外に出て秋空を眺めて居る時も。
   素敵な香りが・・・気持ち良くしてくれます。

先日の大雨の後、32度の猛暑で一気に花が開花した。
 どこじゃ?どこじゃ? 私んちの裏庭に廻れば・・香りの道案内。

そこで写真一枚・・・香りまで写せれませんでした。
 (仕方なく、昨年の今頃の中津川蕎麦の花畑です)

Simg_3446











Simg_3470











Simg_3474














ヒャー。 この写真を載せているこの時に・・・
 よりによって、この写真の蕎麦畑の近く。
  「御嶽山」(3067m)火山が爆発と。テロップで・・・
    警戒レベル3. 火口4㌔では噴石を警戒。

 ブロ友さんの・信州ブロ友さん・如何かしら?

2014年9月27日 (土)

田舎の子は大変じゃー


 昨日娘が、家の敷地の「山栗」を持って来てくれた。
今年は小粒で、不作らしい。 
だから、栗の皮をむくほど大きくは有りません。茹で栗とします。

 そんな季節になったねぇ~。から~~話が飛んで。
田舎の子供は、クマの出没。マダニ。おまけに蚊に刺されないように。
 今年は、ドングリが不作で、クマが家の近くまで下りて来るらしい。
  (ランドセルには、防犯ブザーならぬ。クマ避け鈴)

そして、マダニ。犬の散歩に、ワンちゃんから自宅内に。
 子供はワンちゃんの傍に寄りつかせない。

おまけに、流行のテング熱騒動で除草、除虫。

等々の話しから~~そうそう「飴ちゃんあげる」事件が有ったけど。
もし知らない人が飴やジユースを「これあげる」って言ったらどうする?
 「きっと喜んで食べちゃう?」・「知らない人からは?」・
 「落ちている物さえ拾って食べる?」・どうするんだろうね??
とにかく、よく云って聞かせなさいよ。
 大阪のおばちゃんなら「飴ちゃん食べる?」で、馴れているけど・・・
あっ、そうそう、毒キノコ。これも触らないように。触るだけでかぶれる。
 そこは田舎だから、疑う事を知らないから。
 
  街の子は交通戦争。 田舎の子はクマやキノコ。
      そうそう、毒クモ発生だって。これも・・・

爺ちゃん・婆っちゃんは、力仕事もスマホも使えないが・・・
  6人の孫ちゃんの成長をただ祈るのみ。
                               

Yjimagewvd8p1k4Skinoko006







最近の神戸の事件も有り、我が地区の見守り隊が話題となった。
 私の住む所では、シニアの方が、
  ワンちゃんと一緒に小学校の登下校を見守って下さる。
    「ありがたい事だね」


 

2014年9月26日 (金)

タイトルは何て書けばいいの?


 先ず、今日のタイトルを何て書けばいいの?から始まり~。

私はドラゴンズファン。 しかし、それは昨年までの事。と言いつつ。
 やはり、野球中継を見なくとも結果は気になりすゥー。

でも、でも、今年の成績の不甲斐無さは・・・お蔭で・・
 相方とのごひいき団のケンカは起こらず、平和なシーズンでした。

それに、今年はドラゴンズの負けが続いていたせいか・・・
 やたら。。ご近所の奥様から、ジャイアンツのグッズが届きます。

窓を開けっぱなしの我が家から・・・「イケイケー」・「ヤッター」
 のドラファンの声が・・・今年は聞こえませんでしたぁー。

ジャイアンツファンの相方は、外に出て近所のファンの奥様と・・・
 「うちのお母ちゃんは・・・」と、ヒソヒソ応援話。

ピンポーン・・・「これ、ご主人様にあげて・・・」・「これも・・・」
 3人の方から、入れ替わりプレゼントが届きました。

男のくせに、井戸端会議がお好き。
 玄関前のほうきを持ったままのおしゃべり。
  畑で採れた野菜のおすそ分け。 

私は相方の事を「〇〇さん」名前で呼ぶもんだから・・・
 近所の奥様「名前・さん」と・・・人の亭主を名前呼び。

 え~~い。 これもドラゴンズの成績不振なんじゃー。
    ド・ベ・ゴ・ン・ズ・だぁ~~。

Simg_0527
いよいよ。「花子とアン」明日で最終回。
 曲がり角の向こうに・・・・やっと「赤毛のアン」の本が誕生。




2014年9月25日 (木)

め。目。眼鏡。が・・・・・


 なにが?どうして? こうなったの??

先日も、名古屋へ出かけた時に・・・三人一組夫婦の妹が・・・

「お兄ちゃんに、腕時計をプレゼントするぅ~」
 「丁度街に出たから、買いに行こぅ~」

なんで? 何のこっちゃー? と言いつつ、お店に行きましたが・・・
 そんな・・・ハイハイ。というお値段では有りません。

それで、高級時計で無く、眼鏡なら・・・で、決定。
 後日、三人で食事会の帰りに眼鏡屋さんに行く事になりました。

妹が、相方の眼鏡を選んでいるすきに・・・
 私もこの頃、現在使用中の眼鏡が合わなくて、苦労していた。

私も、買おう。どれが良いかな? 「これに決めたわぁー」
 妹が
「こっちも決まったよー」・・・私「どんなん?」
  「へっ。お兄ちゃんビックリしてたよ。でも、私が決めたの」

オッオォー。 いいじゃん・イイジャン。
 ヤッパリ、妹の選んだだけの事ある~。 カッコいい❢
私と相方では、きっと、こんな洒落た物を見つけられなかった。

検査室で・・・ほぉ~? 
 今じゃー片目で上↑、下↓。なんて事しないわぁー。
  カシャ、カシャ。 ハイ終わり。
   「そんなんで解かるの?」 疑りたくなります。
    「はい。右目、左目。大分視力の差が有りますね」

相方も、検査をし・・・「じゃー3日後の昼から取りに来て下さい」

 えっぇー? 3日後?・・・ということで、眼鏡を受け取りに・・・

「カッコいいねぇー」・
 「カッコじゃないよ。合うか合わないか?だよ」
   目にも、顔にもよくお似合いでした。

相方は、妹からのプレゼント。 「大切にしなくちゃー」
 ただ。。。「お兄ちゃんが死んだら、形見分けに何か一つ・・・?
         と云うことで、眼鏡なら良いでしょ??」だって。。

  そうか? そうだったのか?・・・・

私の眼鏡は、相方から[二月早い誕生日プレゼント]だって。
    わたし、便乗。 ノリノリに乗っちゃいました。

Simg_0517Simg_0522





 
     

2014年9月24日 (水)

秋の味覚・・・マツタケ。


 秋の味覚と云えば・・・マツタケ。
しか~し。そんな高級品には有り付ける筈も有りません。
またまた、うなぎの時の様な「怪しい気持ち?」になります。

 今年は雨が多かったので、「マツタケは豊作」という。

わが家のマツタケご飯。。「マツタケご飯の素」の具材に、舞茸を足し、
 「マツタケの吸い物」を、水で溶き、過してお米の中に。。。
  ごまかしマツタケご飯です。
   それにさんまの塩焼きを付ければ…ごちそうさま。

今年は、何故か多くの「秋の果物」が廻り回って。我が家に到着。
 栗・梨・ブドウ・いちじく・しかし、肝心なマツタケは未到着。

そこで、先日は三人一組夫婦で、「鮎の釜めし」を食べにドライブ。
 毎年この時期になると出掛けて行きます。
  「秋が来た~」と、唯一感じられます。
    美味でございますぅ~~。


(度々ですので料理写真は有りません。近くの鮎の河原にて)

Simg_0510

2014年9月23日 (火)

秋空のカメラ撮影会


 数カ月ぶりに秋のカメラ撮影会に参加してきました。

可児市の花フェスタ記念公園。ここは世界のバラ花で有名です。
 本日は暑いぐらいのお天気ですので、タオル、水筒持参です。

サァー。「コスモス畑に3万株」と聞いてはいましたが。こんだけ??
 まばら咲きでしたので、こじんまりの方に移動。
  先客さんが・・・中京テレビのカメラマンさん達でした。
ほんの少しのコスモスに、私達は場所取りもままなりません。
 そこへ「ちょっとインタビューさせて下さい」・・・
  「今日は皆さま何を見に来られたのですか?」
   「私達はカメラ片手の親睦会で・・・」
「テレビに映るんですかー?」・「はい、今日の夕方です」
 皆で、大笑い。 私なんか度アップ。。。恥ずかしいぃ~~。

夕方、ちらちらテレビを観ていたが・・・そんな画面は無かった。。
 相方は途中からチャンネルを変えてしまった。
  きっと私のアップで、「ボツになったんだろう」と相方。
   見るに堪えない絵ズラだったんでしょうね。と私し。

今朝の朝刊に・・・へっ? この新聞に写っている写真。
 私達も撮影していた「キバナコスモスの中の親子ずれ」
  あれはテレビ? これは新聞?

Sdsc_1798Sdsc_1811













Sdsc_1806
Sdsc_1824






2014年9月22日 (月)

山の上の小学校運動会


 今日は孫ちゃん1号の小学校運動会。ソレッソレッと出掛けました。

でも、そこは田舎の山の上の事。おー寒ッ。さすが・です。
 小学校入学より、今回は2回目の運動会。今回は白組さんです。

全校生徒98名。 その参観者は200~300名。 へっ?
 1学年1クラス。平均16名なり。 その家族、多数。
(なぜなら、父母・父方祖父母・母方祖父母・兄弟・親戚)その他大勢。
 姉妹も、3人から4人が平均。で、一人っ子はただ一家族だけです。

親も、祖父母も。みーんなこの学校の卒業者。
 だから、あそこの、あの子、この子。。。で、皆顔見知りさんです。
  ヨチヨチ歩きの孫ちゃん6号も、あちらのテントで遊んで貰い、
   「皆の孫ちゃん」、村の仲間として遊んで貰っています。

お昼のお弁当も・・・楽しみの一つ。
 まき寿司はおばぁちゃん担当。サンドイッチはお嫁さん。
  もう片方の祖父母には、朝採れのお野菜をおみやげに・・・
   各テントの中で、親族一同の応援合戦です。

お昼ごはんが終わると・・・恒例のお菓子交換が始まります。
 小さなプチゼリー。クッキー。飴。を入れた袋と。
  頂き物の袋を持ち、、あちこちで交換会が始まります~。
   これは何年も前からの行事の一つだそうです。

こんなのどかな環境では、「イジメなんか無いわなぁー」
 と相方がしみじみと、つぶやく。納得。

 「よーい・ドン」・・・たった3人づつが並び、
  マイクで一人一人名前が呼ばれるsign05。大きな声でハ~イheart02

 「がんばれ~~」 応援団も、がんばりました~~。


澄み渡る運動会で全校生徒。
Simg_0492










Simg_0502

2014年9月20日 (土)

この時期は「栗きんとん」


 昨日、娘が山栗を持って来てくれました。
孫ちゃんと共に、長靴を履いて、イタタッ。と言いながら栗拾い。

 今年は栗の不作で、小粒ちゃんです。
いつもは、「栗ごはん」を作りますが、小粒では皮むきもしんどい。

ならば・・・「栗きんとん」作りです。
 塩茹で。をし、半分に切って・・・
  相方とテレビの前で黙々とスプーンで格闘・・・・
   「どれどれ。ウン、甘過ぎず美味しいよ」・・3個も味見された。

なんとか出来上がり~。
 私は、チョット栗のかたまりが混ざったのが好きですので、
  絞るとパラパラしちゃう。
   茶巾絞りならぬ。 ラップ絞りなんですぅ~。
    1・2・3・・・・いくつ?

Simg_0488Simg_0485





2014年9月19日 (金)

小さい秋を見つけに

 「小さい秋を見つけに」そんなカッコいいもんじゃないけれど・・・

チョット、ブロ友さんの真似を致しました。

 カメラ片手に==首から下げて。(落し物をしない様に)

 徒歩徒歩お散歩==フラフラ徘徊者の様。

 あちらのお花さん==田んぼのあぜ道を。

そして、日本全国共通の「彼岸花」・・なぜか北海道から鹿児島まで
  花咲く時期は同じ時期。カレンダー通りに咲きます。


Sdsc_1773









Sdsc_1764










Sdsc_1785












昨夜のケンミンショウ・鹿児島の「しろくま」・・・
 天文館通の「むじゃき」店。行った、行った。あの店で食べた~~。

この頃は、あかくま→ドラゴン。 きいくま→マンゴー。 くろくま→コーヒー。
 あぁ~ 鹿児島のお風呂に入りた~い。

今朝の、「花子とアン」・・・どんな朝も美しい。より。
 お父やん・・・「人生むだな苦労は無い」・・・カッコ良い事云うじゃん。

2014年9月18日 (木)

9月3日はドラエモン誕生日。


 9月3日はドラエモンの誕生日です。いいえ、♪娘の誕生日♪

その日の夜に「もしもし、今度の稲刈りの人は足りとるか?」
 「大丈夫だよ」・「それなら気を付けてね」・・じゃーね。
嫁いだ娘の所へ相方が電話をし、それじゃーね。
 

と・・・じゃーね。から、その二日後
(あっ。〇〇ちゃんの誕生日忘れてたー)と相方。

☆「もしもし、ごめん。誕生日忘れてたわぁー」
★「ウン。オメデトウの電話だと思っていたら用事を云って切ったじゃん」
☆「何かお祝いしたの?」
★「ううん。子供の時だけパーティーするれけど、自分で自分はね」
「そうか。今度お祝いのお食事しようね」

相方に==自分で電話しときながらお祝いの言葉も無いなんて。。
 (そういう私も、〇〇ちゃんの誕生日。忘れてたけど・・・)

チョット相方を責めたら・・・《これで美味しい物を食べさせてあげて》・・・
 
やったー。 美味しいもん。美味しいもん。豪華なもん。
  それじゃー。カニ専門店の豪華カニ料理。を選んで・・・

〇「ところで幾つになった?」
●「自分の娘が幾つになったか、解らんとは…??」
〇「それより、(産んでくれてありがとうでしょ?)・・」

 さぁー。食べましょ~~。 食べきれません。パック下さーい。
今月は、「マツタケと蟹のコラボ祭り」なんですが~。
 マツタケの香りで、蟹の風味が消えていた。残念。
S20140917


2014年9月17日 (水)

東海地方の二つの伝説

「食べない・うなぎ」、「作らないきゅり・かっぱ」
 の二つの伝説をご紹介いたします。

 たまたま時同じくして、東海地方の話題が重なったからです。


「作らないきゅうり」は、三重県熊野地方タイラ村のカッパ伝説から。


 三重県熊野市飛鳥町の「くらもと」(熊野市飛鳥町小坂・平集落の大又川沿い)という地域に伝わる河童伝説。くらもとでは、河童は「ガロボシ」と呼ばれました。

 くらもとにはガロボシが出没した。ガロボシは里人や牛を川のなかに引き込んで溺死させたりするので恐れられた。

 ある年、庄屋の牛がくらもとの川原でガロボシに引き込まれているところを、平の人々が見つけてガロボシを捕らえた。
   ガロボシは「二度と悪さはしないので逃がしてくれ」と命乞いをするので、里人たちは「お前の好きなキュウリをこれからは作らないことにするから、お前も二度とこの里には出てくるな」と言い聞かせて川に放してやった。

 ガロボシは川の中程まで行くと里人の方を振り返り「忘れた頃にまた来るかもしれんぞ」と捨て台詞を残して水中に消えていった。後日、庄屋は二度とガロボシがこの里に出てこないように、経文をくらもとの川原に埋めたと伝わる。

 これ以降、平の人々はガロボシとの約束を守って誰一人キュウリを作らなかった。

 時が流れ、昭和55年(1980年)の秋、平に熊野市農協との契約栽培でキュウリを作る話が舞い込んだ。平の人々は何度も集まり相談し、ガロボシとの約束を破って、翌56年(1981年)の春からキュウリ栽培を始めることにした。

 ガロボシは平の人々に災いをなすことなく、人々は感謝し、川の石で「カッパ之碑」を建てた

ここまでは、最近のお話。ですが・・・・
 この平ら地区の中にでただ一人。農家さんでありながら、
今でもなお、キュウリ栽培をしない方がただお一人見えます。
 その方は、自分一人だけでも伝説を守る者が居るから、
村の皆さんが安心して栽培できるのだと。。。
 今日のテレビに出演してみえました。(70代男性)


********

「食べない。ウナギ」伝説。
岐阜県郡上市美並村粥川(かゆかわ)地区。の
 うなぎを食べてはいけない伝説です。

「昔瓢ヶ岳には鬼が住んでおり、
 たびたび粥川の里に下りてきて人々を悩ませていた。

そこで、御門の命により、藤原高光が鬼退治をすることになったが、
鬼は変幻自在に行方をくらまし、見つけ出せないので高光は困り果てていた。

すると目の前に一匹のうなぎが現れ道案内をするかのように前を行くのであとを追うと、ついに高光は鬼を見つけだすことができ、持っていた弓矢で見事退治することができた。

その後高光は弓を宮に納め、矢を滝に納めたので、
 その滝を「矢納ヶ淵」というようになった。」

つまり、粥川の人々は自分たちを悩ませていた鬼を退治する手伝いをしたうなぎを神の使いとして崇め、以後食べることを禁止したというのです。

また、人々がうなぎを大切にしていたこともあってか、昭和の半ばまでは粥川にはうなぎが大量に生息し、
大正13年には「うなぎの群生地」として国の天然記念物にも指定されています。


此処の美並村はとてもきれいな川で、
 鮎を食べに行った所でも有ります。
  オオサンショウも見れますよ。こんな綺麗な川に採れるウナギ。
   美味しいに決まっとる。。。なのに??
何時も土用丑の頃には、このニュースが出て来る粥川村。

2014年9月16日 (火)

時報・「117」

今朝の・ソラのライブ四択
  今日は三連休明けの初日。皆さんはいかかが?

1・元気      13%     2・普通     34%
3・疲れている  44%     4・カゼ気味   9%



 この頃電話の「117」の時報を聞く人が少なくなってきた。
  という記事を目にしました。

電話の時報を使わなくとも、ネットでも携帯でも表示されて来ている。
 だから、わざわざ電話を掛けてまで、の必要が無くなって来ている。

時報よりも、この頃は、無料相談電話では、自殺。病気。生活苦。
 の窓口が出来、多くの方が利用しているようです。
  誰かに相談したい。聞いて貰いたい。・・・・。

(十五夜の月を眺め、遠くの人を思う)そんな時代は、もう有りません。
電子機器の発達で、ネット。電話。で解決していけれます。

昔人間の相方は、外へ出る時は。。。必ず腕時計をはめる。
「携帯持っているでしょ?アクセサリーじゃあるまいし」
この齢になっても、時間に追われる訳でもないのに、
 仕事人間のクセは直らないみたい。

最近はテレビ・時計を、置かない様にしている。
 高級ホテルも有ると云うのに。。。


先日の新聞に・・・「東日本大震災きよう3年半」。と題して、
 あの日の、あの時の時間が止まったままの時計が写されていました。
  「止まったままの時計」 時も、記憶も、すべてが・・・


Pk2014091102100019_size0
避難指示解除危険区域にある。
 美容院の時計と除染廃棄物を運ぶトラック。

2014年9月15日 (月)

ヤッホー 敬老の日


 今朝のNHK連ドラ・花子とアン。
  今週のタイトル・・・「どんな朝でも美しい」・・・

花子さんは東京空襲で家が焼かれても・・・
  アンの云った。。「どんな朝でも美しい」・・・と、口ごもる。

「その日にどんな苦しい事が有っても、次の日の朝は素晴らしい」・・と。

そして、幼き花子=アン。現・村岡花子=アンシャーリー。の登場。
 (これで、花子と呼んでくりょう。と、云った言葉が解りました)

今日は敬老の日。
 昨日は、ブロ友さんが始めて村の敬老会に参加されたそうです。
  私は、敬老会初参加では「若きホープさんで、
   皆様に大切にされたのでは?」と、初参加の勇気を讃えました。

 「生涯青春」==どんなに高齢になっても希望を失わず、
            心の若々しい人。

(一笑一若)いっしょうしちじゃく  ・・・・・笑は、若返り。
(一怒一老)いちどいちろう     ・・・・・怒りは、老け込む。

どんな時に齢を感じますか?のアンケート。
  男性。 新聞の字が見えにくくなった時。
  女性。 鏡で顔を見た時。  だってさっ。ウフッフ。

高齢者や老人を・・・シルバーと呼んでいますが、
     人生を一番輝かしているゴールド時代と呼びたい。

Yjimagewvd8p1k4Yjimage5zjoab8o_2






2014年9月14日 (日)

イルミの灯りが眩しくて


 テレビ塔60周年おめでとう❢ 

日暮れを狙って90m・スカイデッキに・・・ウッヒャー 綺麗~~
 高所恐怖症のお伴二人と違い。わーい。ワーイ。ネオンが瞬く~。

「こんなに近くに名古屋駅が」・「名古屋城が」・「東山タワーが」・
 「アレッ❢? オアシス21の上に人が歩いているよ」・「エッエ~~?」
  「本当だ。見える見える」・「よしっ。行ってみよう」

オアシス21は(写真左の楕円形建築)そこには水が流れているはず?。
 登ってみました。 思いもよらない景色。
  歩く歩道は、シースルーでイルミネーションが変わるがわる。
    (足元は半透明の強化パネル)
   また大きな水槽も透明で水の下に地下の人が行きかう。恐ッ。 

Simg_0444












Simg_0470


オアシス屋上から見た
 金色のテレビ塔







屋上の秋風と、流れる水と、光の競演。 「超気持ち良いぃ~」
誰かの言葉じゃないけれど。 本当に気持ち良かった~。
   馬鹿と煙は高い所へ上りたがる❢ ってか??

サァーサァー。「光の万華鏡」・・・光と音が紡ぐ幻想世界。
Simg_0451








 名古屋の夜景と
  万華鏡










Simg_0454

Simg_0455










帰路のバスが出て、数10分。だんだんとネオンが消えていく。
 家に着く頃には車のライトもネオンもほとんどなく。
  あの、45分前の、あの瞬くネオンの灯りは何だったんだろう。

月と星明りのなか、夢が消え、現実に戻されました。

2014年9月13日 (土)

名古屋テレビ塔・祝60周年。


 今年の春から、名古屋テレビ塔が「還暦」でイベントが・・・
  おめでとう・テレビ塔。 60年かぁー。 
 (開局祝で盆踊りをした時は6歳の可愛い子だったなぁー)

私の生まれ故郷のテレビ塔を、是非お祝いしたい。と云う私。
テレビ塔近くの立ち飲みビヤホールに行きたいという呑兵衛の相方。
 目的は違っても・・・また三人一組夫婦の珍道中。

この計画は1月前から涼しくなったら行こう。と決めていたのが、
 雨天気ばかりで、やっと実現しました。

行くにも、バスで45分。田舎者のお上りさんです。

先ずは、相方お目当ての「アサヒスーパードライ」中日ビルへ・・・
 先日の写真展入賞者の特別展示も見がてら…・

ヒャ? 私ゃぁ~場違いでねえの? 周りは若者さん達ばかり。
「ハイカラ」・・・死語ですが、これが似合う雰囲気のお店。
足の長い若者が、小いさな丸テーブルにカッコ良く。もたれ掛けて・・・
 私はと云うと・・・丸テーブルが高すぎて生首を並べているようです。

それでも。三人一組夫婦に。「かんぱーい」*「プッァ~~」です。
 アサヒビールが、全国で期間限定9か所開催しているお店です。
  店員さんも素敵な若者を厳選している?
   温度管理マイナス1.9℃。一番おいしく感じる温度。
    泡立ち、ヨ~~シ。 おつまみ、ヨ~~シ。でした。

サ~。今度は腹ごしらえ・・・ここに来れば《矢場とん》でしょう?
 熱熱・鉄板味噌カツ。うみゃ~。「うみゃーでイカンがぁー」

夕暮から~「夜のテレビ塔」~ネオンが付き始めました。
 地上90メートルのスカイデッキ。ネオンが輝き名古屋だぎゃー。
  お星さまだけの暗闇から出て来た・田舎もん。ワァーワァー。
   
スカイデッキから、その上のバルコニーへ~~
 これまた秋風を肌に受け・・・本当に高い所いいるんだぁ~と実感。
そして、一番の目的。60周年記念イベント・「光の万華鏡」
 ワァーワァーからキャーキャ。。。年寄り組が大はしゃぎ。
  *「来て良かったねぇ~」*「冥土の土産だぁ~」*

(田舎モンの社会見学会は、明日に続きます)
S20140912


2014年9月12日 (金)

腐っても鯛。本当の金目鯛。

 いつものアピタの「火曜特売」・・行きます。行きます。

まづは、お魚コーナーへ直行。「4パック・1080円なり」
 このコーナーを逃したら我が家の食卓にお魚にはあり付けません。

エーと。今日は・・・何かな? 何が有るかしら?
先ずは、お刺身(海鮮丼用)。そして・・・「小さな金目鯛」を見つけた。
 小さいです。 アジほどの小振りちゃん。
  う~ん。一度は手にしても。美味しいかなぁ~?と迷う。
   悩みに悩んで・・・2パック。4匹をカゴの中へ・・・・

帰り着き、早速調理。「おいしくな~れ」と暗示を掛けて・・・
 2時間後の食卓に「アンタの好きな金目鯛が有ったヨォ」
  ジャジャ~ン。 先ずは先手のアピールです。

「どれ。どれ。」・・・「う。上手いじゃん」と褒め言葉を聞いてから、
 私はおもむろに・・・(姫はいつも先に毒味をさせます)
  こんな小さい鯛が、小骨は一杯あるが金目鯛の味がする。

「ウン。うん。金目の味がするする」・・・・・
 「腐っても鯛」・じゃないけれど・・「小振りでも金目は金目」でした。

Simg_0422_2
 アリャリャ? 
 金目さんどちらを向いてんの?

  左向け左??
  右向け右??


これには訳が有りまして・・・・・
  1匹目を食べ。あっそうそう写真写真。
   違うお皿にポイッ。反対向きになっていまいました。

2014年9月11日 (木)

まだまだ修行の身


waraわらしべ長者

 むかし、むかし、ある所に正直者ですが、運の悪い男が住んでいました。朝から晩まで、働けど働けど、貧乏で運がありませんでした。
 ある日のことです。男は、最後の手段として、飲まず食わずで、観音さまにお祈りしました。
 すると、夕方暗くなった時、観音さんが目の前に現われ、こう言いました。
「あなたは、このお寺を出るとき、転がって何かをつかみます。それを持って西に行きなさい。」
 確かに、男は、お寺を出ようとしたとき、転がって、何かをつかみました。それは、一本のわらでした。何の役にもたたないと思いましたが、男は、わらを持って西に歩いて行きました。
あぶが飛んできました。男はあぶをつかまえると、わらの先に縛りつけ、また歩いて行きました。
 町にやってくると、赤ん坊が、わらの先のあぶを見て、泣き止みました。
うれしそうな赤ん坊を見て、男は、わらを赤ん坊にやりました。代わりに、赤ん坊のお母さんから、男はミカンを三つもらいました
 ミカンを三つ持って、男はさらに西に歩いて行きました。しばらく行くと、娘さんが道端で苦しんでいるのを目にしました。水を欲しがっていたので、男はミカンをあげました。じきに、娘さんはよくなりました。
 代わりに、男は、きれいな絹の布をもらいました。
old parents 絹の布を持って、男はさらに西に歩いて行きました。しばらく行くと、サムライと元気のない馬に出会いました。美しい布を見て、サムライは、馬と交換するよう言うと、布を持って東の方へ行ってしまいました。男が、夜通し馬の面倒を見てやると、馬は、朝には元気になっていました。
 馬を連れて、男はさらに西に歩いて行きました。城下町にやってくると、長者さんが、馬を見てたいそう気に入りました。男は長者さんの家に招かれました。娘さんが、長者さんと男に、お茶を持ってきました。
 何と、男がミカンをあげた娘さんでした。長者さんは、不思議な縁と男のやさしさに心打たれ、娘を男に嫁がせることにしました。
 男は、観音さまに言われたとおり、わら一本で長者になりました。男は、生涯、わら一本粗末にすることはありませんでした。
 村人からは、「わらしべ長者」と呼ばれました。めでたし、めでたし。


 
 
  なぜ? このわらしべ長者を取り上げたかと云うと・・・・

最近は、このような場面に遭遇したことが無くなって来たからです。
 

いよいよ、私の寿命も仏さんに近くなったと云うのに・・・・
  まだまだ、この世の汚い命にどっぷりと浸かっているから?

 案外、「ラッキーな事」から遠ざかって来ているワイ。

ブロ友さんの記事から・・・
ご主人の畑で採れた茄子から~
  5本の茄子をお友達の所に、おすそわけ~。
  そのお友達から、「エクレア」をいただき~。
   あまりに多いので、数本をお友達におすそわけ~。
    その方から「高級ウイスキィー」をいただき~。

との、記事でした~~ 羨まし~い。
 それには、日頃の心掛けが・・・・乏しい私でした。
  まだまだ命が惜しく、強欲に取りつかれております。
   まだ仏さんには程遠いです。

2014年9月10日 (水)

てぇってぇっ なんづら~?


 今朝の新聞に…・写真クラブで出掛けた写真展示のあの写真が。

てえっ❢ テエッ❢ なんと、その写真の前で品評?イチャモン?
 をしていた・・・・あの写真が「中日写真サロン良位賞7席」・・・

《水辺のハンター》と題した、カワセミが水の中の魚をくわえ、
              飛び上がる瞬間の写真です。

三年前から撮影を続け、やっと気に居る写真が撮れたというものです。

そんな事とは知らず、「良くこんなチャンスに出会えたねぇ」
「初めから餌の魚を置いておいたのかしら」・「ルアーで良いじゃん」

と、撮影者のご苦労も知らず、好き勝手な事を云い合っていた私達。
 お恥ずかしい~。 ごめんなさい。

 
23日から名古屋中日ビルにて展示予定。
  今度は心を正して、必ず観に参ります。お許しを~~

9/5ブログより
丁度この写真の前で、語り合ってイチャモンいるとこです。

Simg_0406









一昨日は十五夜・昨日はスーパームーン
 運良く、こちらは素敵な月見が出来まして・・・・
  月の昇る頃は綺麗なオレンジ色、真上に来るころにはLED色。

ちょっと肌寒い頃となりましたが・・・今朝のテレビアンケート4択。
 昨日の夜、あなたは何を着て寝ましたか?
 
 1・何も着ません。  2・タオルケット  3・ふとん  4・エアコン

だって・・・・さてさて、貴女は?・・・・タオルケットが一番多いでした。
 (暑がり屋のムコ殿は、エアコンと答えるだろうな?)

  

2014年9月 9日 (火)

かめはめ波~どやっ?

 「か~め~は~め~は~」・・・これってな~に??

息子のブログに、この冬に雪遊びに行った時の、、、
 孫ちゃん5号の姿です。 お嫁さんが書いたものですが・・・

何のこっちゃ? と思い、そのまま今日に至る。??
 それが・・・ブログファンの方の・「猫ちゃんブログ」の中の。
   猫ちゃんの仕草が。 カメハメ派スタイルだったのです。

  
【カメハメ波】・・・現実には無い、架空の構え。と、有りました。
           (数カ月ぶりに・・・
謎が解けてスッキリ

 それで。。。解かった。孫ちゃんの仕草。「ウン❢可愛い~」

今年の初めの頃。
  どゃ?
Img_3584
構え
[編集]

  1.  … 両手首を合わせて手を開いて、体の前方に構える(ここで「か」と発音)
  2.  … 腰付近に両手を持っていきながら(ここで「め」と発音)
  3.  … 体内のを集中させ(このときに「は…め…」とゆっくり発音)
  4.  … 両手を完全に後ろにもっていて、溜めにより気が満ちた状態。
  5.  … 気功波として両手から対象に向けて放つ(「はー!」と叫びつつ一気に放つ)

2014年9月 8日 (月)

歩いて行ける・イタリアン店

歩いて行ける。田舎の田んぼ道の横に。ヒッソリと。イタリアン。

小山を削って出来上がったこの団地の。。。すぐ下に・・・
 1年ほど前に現れた小さな「お店」。
  小さな看板だけでは中々は入れなかったが、
   この頃は皆さんが「聞いたよ」・「知ってるよ」・「行ったよ」

 ってことで、お友達を誘って・・・予約制です。

外からは、普通の一軒家で、玄関も我が団地のお隣さんのお家みたい。
でも、中に入ると…ホッホー。いい感じー。
お部屋は3室に分かれていてグループ毎でも気兼ねが要らないわ。

メニューは、ランチ1500円と、コース3000~6000円。の二種のみ。
メニュー表も無く、シェフのお奨めのみ。(今回はランチ)
 それが・・・もうここ2・3日しか出さない「白桃冷製スパ」でした。
  カッペリーニの細いパスタに白桃1個分。
   甘みと酸味のソースがさっぱりの冷製でした。

 ヒャー。こんなの食べたことな~い。 
   「まいう~」ですぅ~。 うまく表現が出来ません。 
(何て説明すれば良いか解りませんが、お友達と交わした言葉
    合う❢ あう❢ 合うねぇ~。これしか思い付きません)

これに大きなフランスパン2個。
 デザートは、マンゴーヨーグルトの自家製。

S201409062_2
S20140906








2014年9月 7日 (日)

美容院は嫌し?我慢比べ?

 

 ブロ友さんの「美容院は癒し」と有りました。

そうねぇ~。 「癒しねぇ~」あわてん坊の私には癒しでは無く。
ただの我慢比べの所です。
 ジッとしていることは、苦痛であり、我慢を強いられるところ。
  「何でもいいから短~く。切って貰えば~」カッコなんか・・・・
 の調子ですので。マダムが癒しや、美しくなる願望とは程遠い。

ですので・・・カット1500円。30分足らず。
         「お風呂に入るのでセットは良いです」と付け加える。
        パーマ3500円。(短髪の部分パーマ)1時間半。
        キャップを被せられ、雑誌を読む訳では無く、
         ただひたすら。コックリコックリ船を漕ぐ。
 店員さんとの世間話も、お綺麗なと云ったお世辞も無し。
  (こんな私に、美容の話題なんか似合わねぇ~)
   店員さんも、困るだろう?? ひたすら居眠りに限る。

と、こんな安い美容院を見つけたのは?4年ほど前だったか??
相方も、シルバー1200円。の床屋さんを見つけてきた。

それまでは、いかに美容代金を安くするか?
 風呂場で相方に電気バリカンで剃って貰っていた。
       私は相方の後ろ髪をはさみでカット。

今じゃー。ちょっと行ってくるわぁ~。で、短時間。お値打ち。
 きっちり30日目で、美容院通いとなりました。

ちょうど、このブログに合わせて何時ものごま酢屋さんから***


■□■-------------------------------------------------------------
    ★秋こそヘアケア★
    ~その1.髪と頭皮の健康チェック~
-------------------------------------------------------------■□■
夏の強い日差しや、冷房、夏バテなどで髪の毛もバテ気味です。
抜け毛が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
早めのケアで、健康で美しい髪の毛を取り戻しましょう。

●まずは髪と頭皮の健康チェックを行いましょう。
------------------------------------------------------------------
以下の質問にいくつあてはまるか数えてみてください。

?頭皮が硬い、もしくは赤くなっている
?フケやかゆみ、頭皮のかさつきが気になる
?食生活が不規則だ
?日ごろから睡眠不足だ
?ストレスがたまっている
?タバコを吸っている
?パーマやカラーリングを頻繁にする
?爪を立てて髪の毛を洗っている
?すすぎが短い
?髪の毛を乾かさない

●あれっれ? ブログタイトル「美容院は嫌し」 嫌し? 癒し?
    
御免あそばせ~~

2014年9月 6日 (土)

料理作りはボケ防止

 毎日作る三度のお料理は・・・・ 

楽しくも無く、ただただ億劫なんです。
「お料理は愛情で作るもの」なんて・・・いうけれど、
 ”愛情なんていつまでも有るもんか” ”愛情で腹は膨れません”

この頃は、冷蔵庫の中を何度も開けたり閉めたり。
       ガスの火をつけてから材料を刻んだり。
       たしか、有ったはず。と調味料を探す。
       段取り・・・が悪い。

でも、今朝は違う。オムレツ作りのハムを出してから??
 なぜか、冷蔵庫の方に・・・後ろ髪が引かれるような気がする。

んっ? ムッム。・・・ハムじゃなくて。何かが?あったような?
そうだ❢ そうだった。。 昨日の残りのピーマン肉詰めが・・・
 一つだけ残っていたはず。。。これを思い出した事が。。。
 嬉しかったのです。 あっあ~~。まだ、ボケて無いや~。
 

「美味しゅうございました」。。。それだけではないのです。
満足度とは・・・・この頃の自分の料理おろそか度に、
 工夫と、ひらめきが出来た事に喜びを感じたのです。
 (今までは、こんな事チョロイと思っていたのに)

先日はテレビで、納豆のこんな食べ方。を映していました。
(食べるラー油)・(わさび)・(金箔入り)・(クリームチーズ入り醤油)
(パンに載せて食べる)などなど。

頭カチンコチンの私には衝撃でした。
この頃、納豆にお熱の私としましては・・・・
一番おいしい納豆・・・・「糸を引く程よく捏ねる事」
これが一番。。。「〇〇コンチクショウ」・「このやろう」
 この気持ちが有れば…納豆は美味しくなります。
  (料理は愛情で作るものでは有りません)

オムレツも納豆も写真なしです。
 (だって、見た目では解りませんもの)
数年前から愛用の。納豆掻き回し棒。年季モンです。

Photo


2014年9月 5日 (金)

写真鑑賞? ランチ?

 カメラクラブの「観賞会」・・・見るのも、お勉強。

って事ですが・・・・今日は喫茶店での展示。と市の文化写真展。

先ずは、お腹の調整をして、喫茶店へ。イザっ。
写真展示より、メニュー表を開いて、あれ。これ。コラッコラッ❢

お店お奨めの「スパオムレツ」クリーム味。美味しかったぁ~。
(スパゲティーに玉子をオムレツ風。そのソースが旨かぁ~)
いつもはブログ用に写真を撮る所だが・・・
 今日は男性と同じテーブルなので、オバタリアン組はおとなしく。

Simg_0404Simg_0402







お腹も一杯になったところで、今度は市の会館での写真展です。

「ん~ん・スゴーイ」・「これってどうするの?」・・・・
一緒に行った先生を捕まえて・・・「題名も大切ですよ」
「これってな~に?」・(富士山頂の写真)《あれから一年》のタイトル。 
 「問題提起のタイトルも良いもんですよ」

それより、今度11月には地域の文化祭が有り、そこに私達の
 「カメラクラブ」のコーナーが有るので、一人1点づつの展示。
  そのサイズと額縁。タイトル名。を決めました。

    わたし・・・・食べる人。「良きに計らえ~」

Simg_0406


2014年9月 4日 (木)

ある日ある時あるお店で

 今日はひょんなことから・・・・息子と二人のランチと相成りまして。

前日より、我が家へ来ていた息子が
 「予約したお店が有るので行く?」
  「うん・うん・行く・行く・どこまでも・・」

そのお店は、以前街の中でイタリアンのお店を営まれていたお店です。
 息子も浜松から何度も来ていたお気に入りのお店。
  私はお友達と訪ねていたお店。
それがいつの間にか閉店に・・・その数か月後、
 新店舗・開店をネット見つけました。

それが我が家のすぐ近く。今度はスパゲティのお店では無く、
 「イタリア料理品専門のお店」・・・

場所は、前から探して見つけていましたが、
 初めての人はきっと迷子になる?所。店の構えも、看板も無く。
  ただヒッソリと山の中に建っているだけです。

 でも・・・・オシャレー。 カッコいいー。 

食事は息子に選んで貰って5品ぐらい(私ゃー解かりませぬ)

しかし・・・前日予約のみ。お子様連れお断り。写真撮影禁止。
       (今回は帰りに予約のテーブル札を頂いて来ました)

帰りには、いいえ、店の中から息子は・・・
「こんな風な店が良いなぁ~・感じも良いし」と羨ましくため息交じり。
 「職人さんの意気込みを感じる」等と女子会の様にお喋り。 

私は「こんなお料理は、今まで食べた事ないわぁ~」
   「ココでしか食べられ無い本格的なお料理だね」
「これがイタリアン料理だよ。
  スパゲティーとかピザパイだけではない」と教えられた。

息子に御馳走になりました。
 「悪いわねぇ~」・
  「いいよ。敬老祝いだ。とっときな」・ヒッエェ~~

写真撮影禁止なのでSimg_0401
 予約名札を戴きました。
  生オリーブの葉。

2014年9月 3日 (水)

でかした❢中京高校

でかした❢ でかした❢ 中京高校。 アッパレ❢

等と、偉そうなこと言っていますが・・・
 
軟式高校野球」だと云うことを知りませんでした。

「春・夏の甲子園」は有名ですが、これは硬式野球の事でした。

それが、今回・大変な事を、してしまった。しでかしたのです。

それは延長50回にして準決勝を決着。
 その2時間後、決勝戦。そして・・・「日本一の優勝」

準決勝の1日目。1回より15回。  いづれも0-0
      2日目。16回より30回。
      3日目。17回より45回。
      4日目。46回より50回。 にて、3-0で勝利。

 その2時間後に決勝戦。2-0で優勝。

松井一人のピッチャーの投げた投球数は・・・1047球。

4日間も戦えば、もうここまで来たから勝っても負けても・・・
 と云う気持ちを持たなかった。
  「必ず優勝❢」を持ち続けた気持ちが勝利に。

今迄、高校軟式野球が有った事すら知らなかった。
 この前代未聞の記録が出て、初めて知ったことが・・御免あそばせ。
  中京高校は岐阜代表。しかも、すぐ隣の瑞浪市です。

この記録を見て、ジジ馬鹿・ババ馬鹿は、
 「孫ちゃんをこの高校に進学させて、甲子園進出だぁ~」
  と、馬鹿ぶりを発揮しております。
 「松井投手の祖父祖母がテレビに出てたぞぉー」・
 「じゃー。私達も?? もしかして~~?」・
 「それまで生きとれるかなぁ~?」
 「わたしゃー、車いすでも応援にに行くわぁー」

(まだ少年野球入部4カ月。出番なき控え選手1号です)


Simg_0207Simg_0212





2014年9月 2日 (火)

防災の日・・・大切なもの

 
  9月1日***「防災の日」

さて、その時、貴女は何を持って家を出ますか?

こんな記事が有り、ウ~ン❢ と、唸ってしまいました。

▼一九二三年九月一日の関東大震災。芥川龍之介が持ち出したのは、
師夏目漱石の書だった。「妻は児等(こら)の衣をバスケツトに収め、僕は漱石先生の書一軸を風呂敷に包む」。
家財道具を荷造りしても、「運び難からん」と考えた末の選択だが、
非常時に腹の足しにもならない書を選んだ

▼古今亭志ん生の場合は酒。
自宅から運び出したわけではなく、地震直後に褌(ふんどし)一本で逃げ出し、その足で酒屋に駆け込んだ。
「東京じゅうの酒がなくなるんじゃないかと心配になって」

▼山田太一さんの「岸辺のアルバム」家族の心はバラバラになっていた。
それでも流失寸前の家から運びだそうとしたのは家族写真のアルバム。
人はいざという時にしか大切なものを思い出せないものかもしれない

▼さて、何を持って逃げるか。
一刻の猶予もない場合、持ち出し守るべきは自分と家族の「いのち」の他あるまい。
何も持たずに逃げても何とかなる。誰かに助けてもらえる。実際そうであろうし、そういう国であらねばならない。


NHK朝の連ドラ「花子とアン」も、この後、空襲で家が焼けて行くが・・・
 花子さんは何を持ち出すのでしょ・・・・それは、後程の。。。

さて、さて、私は・・・・何を持って逃げる? 持ち出すものは・・・
 たぶん。ボォーとしている相方の手を引いて・・・逃げる事でしょう。
  (相方は、私のことなど気にも留め無いでしょうから、
             私を助けると云うことは無いでしょう??)

2014年9月 1日 (月)

けなげなワンちゃん達

広島土砂災害:殺処分寸前だった救助犬「夢之丞」1人発見

 

広島県動物愛護センターから引き取られた夢之丞=ピースウィンズ・ジャパン提供

広島県動物愛護センターから引き取られた夢之丞=ピースウィンズ・
  広島市北部で起きた土砂災害の捜索現場では、多くの災害救助犬が活躍している。
かつて捨て犬だった雑種の「夢之丞(ゆめのすけ)」(雄、3歳)もその一匹。
殺処分寸前だったところをNPOスタッフに引き取られ、訓練を重ねてきた。
初めての災害現場となった今回は、20日に押し潰された家屋から1人の遺体を見つけた。奇跡的に命を助けられた犬が人命救助を担っている。

<盲導犬>たばこの火押しつけ、顔に落書き…心無いいたずら

 さいたま市の全盲の男性(61)が連れていた盲導犬が先月、何者かに刺され、けがをする事件があった。
全国に11ある盲導犬育成団体の一つの「日本ライトハウス」(大阪市)によると、盲導犬に対する悪質ないたずらは初めてではないという。
最近10年間でも顔を蹴られたり、歩行中にしっぽを引っ張られたりしたなどのいたずらが数件報告されている

飲酒運転根絶:CM主役…犠牲になった高校生待ち続ける犬

 

寛大さんを失い、遺影が置かれた仏壇の前の座布団で寝るようになった「こゆき」=山本美也子さん提供

寛大さんを失い、遺影が置かれた仏壇の前の座布団で寝るようになった「こゆき」
    福岡県粕屋町で2011年2月、飲酒運転の車にはねられて亡くなった山本寛大(かんた)さん(当時16歳)の愛犬「こゆき」が出演する啓発用CMが完成した。
寛大さんとの散歩道を1匹で通るシーンなどで、大事な人の命を奪う飲酒運転の根絶を訴える。
撲滅のため活動を続ける寛大さんの母美也子さん(45)に共感した人たちが発案、協力した。街頭ビジョンやイベントでの上映を募っている。


局地的豪雨:雷鳴に驚き逃走、犬が迷子に 保健所など次々と保護「登録鑑札や迷子札付けて」 
 

県筑紫保健福祉環境事務所に22日保護された1匹 保健福祉環境事務所に22日保護された1匹

22日未明に雷を伴う局地的豪雨に見舞われた県内で、雷鳴に驚いて逃げ出したと思われる犬が保健所などに保護されたことが分かった。最近は雷が多発し個人宅で保護される犬も多いという。県は飼い主が分かる登録鑑札などを首輪につけるよう呼びかけている。

******

  ・・・みんなけなげなワンちゃんばかり・・・・

 
 この他、最近テレビで話題の盲導犬が・・・ご主人さんと通勤途中、
心無い人が、何も云わない、吠えない、ワンちゃん。に・・・
盲目のご主人。。。刃物で刺されて出血の事件。

 ワンちゃん大好きな私としては、心が痛みます。

 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »