フォト
無料ブログはココログ

« 草木も黙る丑三つ時 | トップページ | 山野草 ❀なつはなび❀ »

2014年6月 9日 (月)

「紫蘭」・知らんかったわぁ~


 「紫蘭」紫色のお花さん。 知らんかったわぁ~。

シャレを云っている場合では有りませんが・・・知りませんでした。

それは10年ほど前、ちょうど今頃の季節。
 鹿児島の義母が骨折し、2週間ほど私一人で看病に行きました。
  母の大切な花壇には、この紫蘭の花が咲き乱れておりました。
   「まぁ~。ステキ~・きれい~」・・・
   この時期には鹿児島の実家に行く事は有りませんでした。

200坪ほどの庭には、少しの家庭菜園と、大好きなお花畑。
 いつもGW・お盆の頃、にしか訪れていない故郷の母の花畑。
  6月の今頃には・・・梅の木が数本。熟した梅がポタポタと落下。
   (梅がこんなに臭い物とは知らなかった~)
  義母は、私が庭いじりをしない事を知っている。その為、
   お掃除とお料理造り以外は何も頼まなかった。
    きっと、お庭の手入れも頼みたかったんだろうな?

そんな、花オンチの私が「お母さん、この花を貰って行っても良い?」
 「いいよ、いいよ」・飛行機に乗っかって我が家のお庭にやって来た。

数年後、お隣の奥様と「この花の名前は何ていうの?」
 「えぇ~。知らんかったの? しらんだよ」と、教えられた。
  このシャレで・・・しらん。と、知った。

しかし・・・「しらん」は知ったが・・・「紫蘭」と書くまでは知らんかった。

「紫蘭」と知ったのは、つい先日の事でした。
 新聞の片隅に、(くらしの作文)に書かれていた。
  亡き父との40年前の思い出の花、それは「紫蘭」。
   私と同様、花の中に親子の思い出話が綴られておりました。

今日この頃、庭の「紫蘭」が義母の思い出と共に咲いております。

Yjimage


« 草木も黙る丑三つ時 | トップページ | 山野草 ❀なつはなび❀ »

コメント

は~い、今日のウオーキングでシランの花に出会いましたよ~
私もカタカナの「シラン」としか記憶がないので漢字で「紫蘭」とはシランかったわ~(*≧∀≦*)
亡きお義母さまとの思い出のお花さんなんですね・・・
シランだと洋風、紫蘭だと古の和の雰囲気がありませんこと?
思い出にまつわる花っていろいろありそうですね・・
子供の頃は家の庭にオイランソウがたくさん咲いてたのを思い出しました。
季節ごとにいろんなお花が咲いて、母が花好きだったんでしょうね
夏は特にお盆のお墓参りに切花にしてお供えしてました・・・
田舎なので花屋なんてないので自分で育ててたということもあったと思う・・一石二鳥?

我が家にも紫欄咲き始めました。
紫よりショッキングピンクに近いですよね。
欄なのですから、ちょっと大事にしてますがいっぱい増えますね。

星は何でも知っている、じゃあなかったシランはやさしいsakura様のこと知っていますよ
思い出してくださって感謝しているでしょうね。

~~マイペースさん~~
そうでしたかぁ? 田舎にはお花屋さんが無いので、
お庭にお花を植えてみえるのですかぁ~?

そう云えば、父方の実家にお盆頃に行くと・・・
「ほうずき」を植えていたっけ。
「仏壇花」は自分ちの花屋さんから、
マイペースさんのコメより、思い出しましたぁ~。
ほうずきを鳴らし、従妹たちと田舎の盆踊りにも行った事を・・・
紫蘭の花から・・・・若かれし頃の可愛いsakurabaabaちゃんの事を・・・
エヘッ。 遠き思い出、懐かしや。

~~ロンさん~~
ロンさんの所のお庭にも咲いていますか?
広いお庭ですので、紫蘭さん大勢で賑っているのでしょうね。

10年前の事とは言え、よくぞ平気な顔して飛行機に乗せて来たもんだ。
(土の付いている物は搭乗禁止?な筈だったような?)
兎に角、毎年義母を思い出すお花さんです。
そして、母の命日は3月ですので、小さな百合のような花?を、
馬鹿の一つ覚えの様に飾ります。

紫色の蘭ですね。
蘭と名がつくので一目置きますが、丈夫そうな植物です。
我が家には植えていませんが、近所でもあちらこちらで咲いていますよ。
一軒空き家になったお宅があるのですが、毎年咲いて、いじらしい花です。
花に思い出があるの、いいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「紫蘭」・知らんかったわぁ~:

« 草木も黙る丑三つ時 | トップページ | 山野草 ❀なつはなび❀ »