フォト
無料ブログはココログ

« 休日のお昼宴会 | トップページ | 名も知らぬ~。キッチン用品 »

2014年6月24日 (火)

へいわのこころみんなにとどけ

 へいわってなにかな。 ぼくはかんがえたよ。
 おともだちとなかよし。 かぞくがげんき。
 えがおであそぶ。 ねこがわらう。
 おなかがいっぱい。 やぎがのんびりあるいている。
 けんかしてもすぐになかなおり。 ちょうめいそうがたくさはえ、
 よなぐにうまがヒヒーンとなく。 みなとにはフェリーがとまっていて、
 うみには、かめやかじきがおよいでいる。
 やさしいこころがにじになる。 へいわっていいね。
 へいわってうれしいね。 みんなのこころから、
 へいわがうまれるんだね。

 せんそうは、おそろしい。
 「ドドーン、ドカーン」 ばくだんがおちてくるこわいおと。
 おなかがすいて、くるしむこども。 
 かぞくがしんでしまってなくひとたち。

 ああ、ぼくは、へいわなときにうまれてよかったよ。
 このへいわが、ずっとつづいてほしい。
 みんなのえがおが、ずっとつづいてほしい。
 へいわなかぞく。 へいわながっこう。
 へいわなよなぐにじま。 へいわなおきなわ。
 へいわなせかい。 へいわってすてきだね。
 これからも、ずっとへいわがつづくように
 ぼくも、ぼくのできるころからばんばるよ。


******

6月23日・「沖縄慰霊の日」
 終戦記念日は8・15日。 
  その1月半前に沖縄上陸戦で、多くの沖縄県民が犠牲になった。
   戦争軍事者ばかりでなく、殆どは民間人。それも・・自決者。
    24万人余慎む・・・・日本軍が組織的抵抗を終えた日。


昨年の、沖縄慰霊追悼式の日・・・この詩を書いたのは6歳の少年。
                     少年自らたどたどしくも朗読した。

 そして、今年、それが絵本として出来上がった。

     
 「へいわってすてきだね」

・・・・へいわのこころ みんなにとどけ・・・・
     みんなのこころから、へいわがうまれるんだね。


中日新聞より

51pfgpprqwl__sl500_aa300_

« 休日のお昼宴会 | トップページ | 名も知らぬ~。キッチン用品 »

コメント

子供の素直で純粋な気持ちが活字にしっかりと現れていますね。
6歳の少年の詩が絵本化されたんですね、、素晴らしいです
大人の屁理屈並べた文章よりもずっと心に響くものがあるような・・・
「沖縄慰霊の日」に因んで最近テレビでは沖縄戦の映像を流したり体験者の取材などが多かったですね・・・へいわってすてきだね

平和っていいね。
みんなが幸せっていいね。

そうあってほしいですね
幸せな時もそうでなかった時もずいぶん生きてきましたから

来世はわかりませんが これからのこどもたちがず~~~っと幸せならいいですね
お祈りいたしましょう

sakurabaabaさんへ
私も読みました。朝日新聞だけど
素直に表現されていて
改めて6歳の子に教えられます。本屋を覗いて
見てみたい。

はい、私も新聞で読みました。
連日掲載されていますね。
子どもの視線からの平和。
もっともピュアな言葉だと思います。

思い出しました。
就職試験の中の作文のお題が「現代青年の使命」でした。
「平和な世の中を維持すること」で作文書きました。
実際は平和って、案外難しいですね。

~~マイペースさん~~
~~ロンさん~~
~~おおきいまーさん~~
~~けいさん~~
今回は余りにも大切なコメントでしたので・・・

70代・80代の戦争体験者の方の語り「戦争ほど怖い物は無い」
そのひ孫にあたる子供たちが「平和の大切さ」
こんな語り継げれることが出来るのは、戦争体験の日本だからこそ。

昨年は、6歳の子供が「へいわってすてきだね」。
今年は9歳の子供が「空はつながっている」。。。
「沖縄慰霊の日」に、平和の歌を読み上げた。

あと1月半でまた終戦記念日を迎えます。
今の日本の平和を願って行きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へいわのこころみんなにとどけ:

« 休日のお昼宴会 | トップページ | 名も知らぬ~。キッチン用品 »