フォト
無料ブログはココログ

« やっと咲いた。「たちあおい」 | トップページ | これ、なぁ~に? 解りません。 »

2014年6月18日 (水)

こんなことって、有り??


 せんじつ、買い物でスーパーの駐車場に車を止め、
出てきたら・・・・何?この車?

駐車場の白線が、お店に向かってきれいに並んでいます。
 それなのに、私の車の後ろに、お尻とお尻を合わせる形に?
  なんで? 白線以外に止めてんの?
   仕方がない。待つこと5分。・・・80歳近いバァ様が出て来た~。

ジッと我慢の私です。 あれ? 何やってるの? ゴソゴソ。
 どうも、車のドアーの鍵が上手くはまらない様です。
  バックミラーで見てても、 鍵が入らない~。まだまだでーす。

そんな困っている様子に、私でも何かお手伝いできれば・・・・
 と、私にも、仏の生命が宿っており、進み入る処に、そのバァ様が、
  近くにいる若いお兄ちゃんを呼び止め、お願いをしていた。・・・・

 見ていると・・・・キィーホルダーの鍵が2本。・・・どうも・・・
              違う方の鍵を差し込んで居たようです。
(今時、そんなドアー鍵と。エンジン鍵と2本そんな車も有るもんだ?)

サァー。これで・・・自分の車に戻り、バックミラーを見ていたら・・・
  ヒャー。 思わずクラクションを。。。バッバー・バッバー。

  いきなり、バ・バックしてきたー・ぶつかるー・ギャー。

ぶつかったと思って・・・・車の後ろへ駆け寄り・・・当たっている?
                いいえ、あと、1㎜から2㎜・・・・

先程までの、私の仏の生命は・・・一瞬ににて仏から般若に変身

ムスッとした顔の私に「おばぁさん。ギヤァを間違えたみたい」と、
 若きお兄ちゃん。 別に、貴方に誤って貰おうとは思ってないが、
  平気のへの字の顔で…何も言わず帰って行った。バァ様。

年配者の運転で、逆走。アクセルの踏み間違い。など・・・
 ニュースで、見たりするが、まさか自分の身の回りで起きるとは・・・

私の住む田舎では、「農道」もあり、県道も有る。そこに走るのは・・・
 若者のバイク暴走車ではなく、年寄り「軽トラ」が怖いです。
  道路は「我が道」。40㌔以下で前へ進もうが、
   ミラー、方向指示器は飾り物、横に曲がろうが・・・われかんせず

Sdsc_1587_2
わが家のフェンスに絡まる
 「ツキヌキニンドウ」  Sdsc_1585_2















 

« やっと咲いた。「たちあおい」 | トップページ | これ、なぁ~に? 解りません。 »

コメント

うひゃ~ドッキリでしたね(;゚Д゚)!
80歳代の高齢者ドライバーは多いですよ~
私は運転側ではなく歩行者側ですがヒヤヒヤすること多いです
先ず、周りを見ていない!自分のことしか考えてない?
私の田舎も多分sakuraさんと同じ状況だと思います
高齢者が多い田舎暮らしでは車がないと何も出来ません
買い物一つ、病院、役所、全て車でないと、、バスも一日数本しかない
年寄りは頭が鈍くなっても身体が鈍くなっても運転するしかない?怖いわ~
私のウオーキング中にも「われかんせず」ダライバーが多いです
あ、このお花さん、よく見るわ~

同感、よく分かります!
お年寄りの運転は本当に怖いです。
ところが最近は、そのお年寄りの運転の車が非常に多い。
お店の駐車場に止めておいても、当てられないか心配です。
よくぞご無事で・・・
心臓がバクバクしたでしょう?

~~マイペースさん~~
ドッキリでしたよー。 おもしろドッキリだったら良いのにねぇー。
ヒィエィ~~~。目が点。まさか~?。。。でしたよ。

お年寄りの。。。なんて言っていても、明日は、わが身・・・
他人事では無いと・・・改めて、慎重な運転を心掛けて行きます。

このお花さんは、ツキヌキニンドウと云う名の花です。
今は綺麗でも、雨風に吹かれれば、見事な散り模様です。
お掃除も大変なんですよ。
冬の間は、針金スタイルです。

~~けいさん~~
こんな田舎道を走る車は、どこか集中力に欠けます。
だから、我が道をゆく車になってしまいます。

そう云う私も、免許を取ったのはこちらに越して来た30代です。
こんな田舎生活に車は必需品。若い頃の運転技術とは違います。
名古屋の3車線。4車線。の道路は怖いです。
「田舎の農道」は割り込みも有りません。
車線変更はあまりしません。ノンビリ前だけを行く。

人のふりを見て・・・私も気を付けて運転に気を付けて参ります。
  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなことって、有り??:

« やっと咲いた。「たちあおい」 | トップページ | これ、なぁ~に? 解りません。 »