フォト
無料ブログはココログ

« 昔、会話・今、独り言。 | トップページ | イルミネーションでお祝いを »

2014年3月28日 (金)

結婚記念日は母の命日


  何故だか、私達の結婚記念日は義母の命日です。
   なんで? そんな廻り合せになるの~?。
 何年経っても結婚記念日を、忘れないよう母が教えてくたれ日?

  43年前。少し曇り空の中、皆様の前で夫婦の契りを致しました。

その2年前「一緒に苦労してくれないか?」そんなプロポーズがあった。
 その時は結構粋がって、カッコ付けた文句だった???
  (プロポーズより2年も悩んだ結果?)

 その日が・・・悲劇の始まりか?
            幸せへの初まりか?
  女房の出来が良かったのか? 
            我慢強い旦那なのか?
    それは、どちらの方か解らないが・・・・

 とにかく43年前、「私が,
幸せにしてやろうじゃないか」
と、心ひそかに誓った日でもありました。

綾小路きみまろじゃないけれど・・・・あれから43年。
 プロポーズの言葉どうり・・・・苦労する事となりました~・・・・

 いいえ、違います。「一緒に苦労して・・」では無く、
   私一人だけが苦労を致しました。。のです。
 仕方がないや・・・「私が,幸せにしてやる」と誓ったのだから・・・

  「今は幸せですか?」 「答えたくはありません」

 43年。今迄夫婦であったことを誉めて下さい❢


015770m
こんな言葉がある・・・・【他人と過去は変えられないが、
                     自分と未来は変えられる】

 出来た女房・我慢強い旦那・は、どんな風に解釈するだろう?

« 昔、会話・今、独り言。 | トップページ | イルミネーションでお祝いを »

コメント

o(*^▽^*)oうわあ、結婚43周年、、おめでとうございます。
お義母さまの命日が重なって?不思議なめぐり合わせですね・・きっと生まれる前からご縁があったのかも?
きみまろさんじゃないけど「あれから43年」、、自分も「あれから40年?」本当によくぞここまでと思いますよ
長い人生には語り尽くせないほどいろいろなことがあったと思う・・・
いつもおおらかで陽気なsakuraさんのご主人との人生はどんな時も明るい光が輝いていたのではないかと想像しています。
ご自分を褒めてください、お見事です\(^o^)/

おめでとうございます。
43年、おふたりの努力の賜物でしょ。

プロポーズから2年も返事を待たせたの?
そういえば、sakuraさん、成人式の時には既に今のご主人様と
お付き合いしていましたよね。
詮索しちゃった~ `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

まあ、こちらから見れば、とっても幸せなご夫婦ですよ!
これからも健康で仲良く、お幸せにね。

おめでとうございます。

いく山川ありましたでしょうか、何かほんわか暖かいご家庭のように思われます

私は46年でサヨナラでしたね。
いろんなことありましたがなんとか見送りができました。

今が一番と言ってはかわいそうでしょうか

ごちそうさまでした【笑】

おめでとう よく頑張りました。どっちが?

sakurabaabaさんへ
おめでとうございます。
どちらが頑張ったかは、きっと夫婦しかかわからないでしょうけど今まで一緒に歩いてこれたのは幸せなことなのでは。
これからも健康で仲良く。

~~マイペースさん~~
有り難うございます。
そうですね。”自分を誉めてやってください”・・・ウン・ウン
自分を、褒めちぎってやります。
な~んてね。 相方の我慢強さも誉めてあげなくちゃぁー。
あと5年。我慢して貰います。

~~けいさん~~
有り難うございます。
ここまで来れたのは…「お互い様」なんですね。
私一人が・・・なんて傲慢ですね。
(惚れた弱み、と申しましょうか?)
これからは、独りよがりを辞めて「頼り合う」様にして行きます。
頼るは=けいさんの所のように、信頼する事なんですね。

~~ロンさん~~
有り難うございます。
振り返れば、山あり谷あり。が無かった様な?気がします。
有ったかも?あまり感じなかった分、相方に放り投げていたのかしら?
まぁー、何とかここまでやって来れたのだから、幸せと思います。
最後にはお互いが手を握り、感謝が云えるようにしたいものです。

~~元気ばば様~~
有り難うございます。
ばば様の所の様に、お互いの事を毎日確認しあえると、
楽しいでしょうが、相方は口下手なので通じ合うのに時間が掛かります。
「飴と、鞭の使い分け」・「褒めて伸ばす」・「叱咤激励」等々
これからも健康で、色々な手を使い分けて参ります。

~~おおきいまーさん~~
有り難うございます。
まーさんの所の様に、「甘え上手」な奥様。と、
「俺に着いて来い」の旦那様。
幾久しく、共に年輪を刻まれるのでしょうね。
私も、これからの為に学ばさせて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚記念日は母の命日:

« 昔、会話・今、独り言。 | トップページ | イルミネーションでお祝いを »