フォト
無料ブログはココログ

« 二度ある事は三度ある。 | トップページ | いやぁ~本当だった »

2014年3月 2日 (日)

灯りをつけましょボンボリに


  高速道路を使い、1時間少し、中津川市阿木の
   「吊るし雛の里」を見に行ってきました。

 会場に入るや・・・・2500本の吊るし雛が・・・・圧巻過ぎます。

 頭を上げてフラフラ、足元がフラフラ。「わぁー、かわいぃぃぃ~」の
言葉しか出て来ませんでした。

 しばらく、酔いしれていましたが、そうだそうだ。可愛い我が姫ちゃん。
どれがいい? 相方とあれこれと迷っていましたが、そこへ、丁度。
その吊るし雛の作家さんが…品が良く、お着物姿のお方です。
 「如何でしょうか?」と、私達の後ろから気に掛けておられたようで。。
「あらっ?このお雛さんの作家さんですか?」
色々ある中で、ただ一品。 この方に巡り合えてよかったー。

 早速、その足で娘の所に届けに行きました。
娘の所は、一ヵ月遅れの4月がお雛様。 6月が端午の節句。
 昨年に娘は自分のお雛様飾りを「これでいい」と持ち帰って行ったので、今度は吊るし雛を姫ちゃんにプレゼント。

Sdsc_0816Sdsc_0803









Sdsc_0802Sdsc_0808









Sdsc_0815Sdsc_0805






« 二度ある事は三度ある。 | トップページ | いやぁ~本当だった »

コメント

とっても華やかで、可愛いです。
ちりめん布でできているのかしら?。
姫ちゃんにいいプレゼントになりましたね。

~~けいさん~~
会場に入るなり、多くの吊るし雛には圧倒されました。
岐阜県ニュースで知り、ナビを使い行ってきました。
だんだん進に、こんな山の中? まだ雪の残る山の里。
丁度、着飾ったお子さん4・5名にカメラを向ければ
ポーズをとってくれました。
3月3日お誕生日のお友達にも一つ選びました。

(○゚ε゚○)うわーーーすっごい豪華絢爛煌びやかですねえ
実際見たら本当にすごくてお目目がぱっちり開いたままになりそう
吊るし雛に段飾り・・・お見事です、、写真も鮮やかで綺麗ですね
一ヶ月遅れのお雛様と端午の節句は初めて聞きました
その土地の風習なのかしら?ところ変われば・・・?いいものを見せて頂きありがとさんです、孫ちゃんへの優しい気持ちも「ごちそうさん」(*^m^)

~~マイペースさん~~
すごいでしょ? こんな山の中に??
入ってみて、ビックリでした。ドヒャーでした。
一針一針。心を込めて作り上げる吊るし雛は美しさを
通り越した絢爛豪華な品です。
こちらの嫁ぎ先のおばあちゃんと、実家のおばあちゃんが
孫の節句に作り上げる作品ですが。今はなかなか作らないとか。
今回、素敵な60代の作家さんに巡り合えてラッキーでした。
お琴の音色を聴きながら作品の出来栄えにしばらくは動けませんでした。

テレビで拝見したことありますし
お友達が徳島にとついでいますので、お写真は意見したことあります

こんなすばらしい作品を作られる方いらっしゃるのですね
昔は編み物とか、ちくちくパッチワークを楽しんだことありましたのに
最近はすそ上げから何もかにも人にやっていただくばかり

じっくり手仕事をやっているかわいいおばあちゃんもいいかもね~~

お姫様近くにいらして、そして行動的に動かれて最高の幸せですね

~~ロンさん~~
色々お雛様祭りはありますけれど、吊り雛だけは
始めて行きました。
一針一針、孫の成長を願う吊り雛は絢爛豪華な物です。
(花・米俵・お着物・など)謂れのある物を形どっています。
私は、お針は全然ダメです。だから作れる人を尊敬してしまいます。
6人の孫ちゃんのうち、最初で最後のお姫さんです。
鯉のぼりも良いけれど、お雛さんの方が晴れやかで良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灯りをつけましょボンボリに:

« 二度ある事は三度ある。 | トップページ | いやぁ~本当だった »