フォト
無料ブログはココログ

« お勉強しましょう❢ね。 | トップページ | もういいかい?もういいよ »

2014年3月16日 (日)

ハーモニカの思い出話


 今朝の中日新聞に【ハーモニカ】の話題が同時に2題載っていた。

 初めの話題は・・・・「ハーモニカでボランティア」
  三重県在住の80歳の男性。
   その誕生日に記念の1500回のボランティア演奏。
    我流で覚えた童謡・流行歌。レパートリー1000曲以上。
     (老人施設等を廻り観客と共になつかしの歌を口ずさむ
               事を何よりの楽しみとしている)お話。

 二つ目の話題は・・・・・「初代ハーモニカ娘」浜松駅
  昭和24年 国鉄浜松駅のホームでハーモニカを売る。
   「旅の思い出に如何ですか?60円からです」
    22歳のハモニカ娘の売り子さんが、全国にハーモニカを
     広め、浜松はピアノなど楽器の街として有名になったお話。


***「ハーモニカ」の話題から義母の事を思い出した。
鹿児島で一人暮らしの義母を、相方と二人で訪ねた時の事です。

 年老いた義母を時々訪ねていた(当時90歳位)
夕飯を済ませ、親子でイモ焼酎とビールを飲んでいた時、主人が
「お母さん。そう云えば昔ハーモニカを吹いていたよな?」・「うん」
タンスの引き出しの奥から、ハーモニカを取出しシッカリと吹き始めた。
「僕の好きな、ミカンの花を聞かせて」 「出来るかなぁ~?」
 随分昔の事なのに、しっかりと音譜も覚えており、息遣いも良好。
傍にいた私は、携帯を取出し名古屋に住む主人の兄に・・・
「今ね。義母さんがハーモニカを吹いているの。聞いて…」
 携帯を、母のハーモニカの傍に置き「お兄さんどう?聞こえる?」
  向こう側の兄の声が震えていた。

勿論。我が家の8ミリビデオにも思い出画像が残っています。
  そんな母は今月28日に、8回目の命日を迎えます。 


Yjimage  Yjimageje4x078k

« お勉強しましょう❢ね。 | トップページ | もういいかい?もういいよ »

コメント

感動の思い出話ですね。
ミカンの花って、あの3拍子の曲でしょう?
息遣いがしっかりしていなくては吹けない曲です。
大したものですね。
さぞかしお義兄さんも感激されたのでしょう。
素敵な思い出がおありですね。

浜松の楽器はピアノが始まりかと思ったらハモニカからだったんですか?
初めて知り、、勉強になりましたデス
お義母さまのハモニカの音色のおもいではいつまでも色あせることなく、、素敵な思い出ですね・・
私も昔は学校でハモニカとリコーダーが授業でありましたっけ・・・
どちらも苦手でしたけどプロの演奏を聴いてると郷愁を誘う響きに胸が熱くなります


~~けいさん~~
有り難うございます。
それと、ミカンの花・・・本当の名前は「みかんの花咲く頃」です。
思い出の曲です。今も相方は車の中でCDでこの曲を聴いております。
ドオンチな私には音楽の想いでは有りませ。
孫への子守歌はご法度です。「音痴になるから子守歌は歌うな」
と、まぁー。言われております。

マイペースさん~~
今も母の居た実家のタンスの引き出し。鏡台の奥。
たしか3本ぐらいあったと記憶しております。
母の物は全て弟が管理しておりますのでどうなるのでしょう。
鹿児島と山口・弟は母思いの強い人です。
空家の家もちゃんと守っていてくれます。
主人は形見分けとして、母が最後まで使っていた眼鏡を
戴きました。
もうすぐ28日です。この日は私達の結婚記念日です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカの思い出話:

« お勉強しましょう❢ね。 | トップページ | もういいかい?もういいよ »