フォト
無料ブログはココログ

« 日本食「無形文化遺産」登録 | トップページ | 輪っ! ブログの輪 »

2013年12月23日 (月)

ドギーバッグ?が活躍

 ドギーバッグ・・・・ドギーとは、犬のえさ。
犬のえさと云う名目で、料理を持ち帰ったことが由来。
 欧米では習慣化されているが、この日本では、食中毒・衛生の面でまだまだ…
というより、飲食業界の方の方が躊躇されているようです。

 私達も、何だか残ったものを持ち帰るのが・・・お店に失礼の様な気がしたり、ケチ臭い様な、後ろめたい気持ちが有り、勇気の要る事です。
 この頃は小食になったため、初めから「食べきれないからちょっと量を減らして下さ」と、断りを入れるが、初めてのお店ではなかなか言えません。

  TPO法人の「ドギーバッグ普及委員会」の方は、ここ数年国内でも認知度が上がってきた。
 とは言われるが・・・食品のロス。と、バッグ認知度をお店の方がもっとPRして貰えたら。と思う。

 コンビニのおにぎり、お弁当などは賞味時間が1分でも過ぎれば廃棄処分。スーパーの残りお惣菜。 
  「アァー勿体無い。もったいない」

 食品ロス問題は・・・消費者と飲食店の双方に「勿体無い精神」があれば、解決できる「ドギーバッグ」が普及していくでしょう。

 私の知っているお店の中に・・・この地方では有名なウナギ屋さん。
「食べきれなくてすいません。持ち帰りたいのですが」と、声を掛ければ。
・・・・透明パック・手提げ用の小袋・半紙・輪ゴム一式・が綺麗にセットされて出て来る。
 本当に気持ちの良いおもてなしです。
何だか、帰り着いても、うなぎの香りで楽しみが倍増出来ます。 
Yjimageca2oao7i_2
Dsc_0587_2






« 日本食「無形文化遺産」登録 | トップページ | 輪っ! ブログの輪 »

コメント

(。・w・。 )う~む、、残った料理の持ち帰りのことですか・・・
法事などの席では必ずパックが用意されていて持ち帰り用に詰めてくれますけど
レストランなどでは勇気が要りますね・・・
食べ物を大切にすると言う意味ではイイことですよね・・
衛生面を考える帰ってすぐ食べなかったり保管が悪かったりで食中毒騒ぎになったらお店の責任にも問われかねないので持ち帰り禁止も多いですね・・・
胃の手術をした友人が少ししか食べられなくなりその度に量を減らすように頼むのが面倒になってタッパーを持ち歩くようになったそうです≧(´▽`)≦アハハハ
しかも銀座のど真ん中老舗レストランで残ったものをタッパーに詰めて帰ってきたんだって言うからスッゲーーーーΣ(゚д゚lll)度胸あるーーーー

やっぱりもったいないもの、ドギーバッグ、良いことだと思います。
ホノルルで入ったステーキのお店で見ました。
多いのに、無理して食べなくてもいいしね。

~~マイペースさん~~
持ち帰り用のバックなんですが、要求するのも勇気が要ります。
明らかに多めを売りにしているお店では良いのかもしれませんが・・・
遠方のお蕎麦屋さんは、生蕎麦でも夏場は売ってくれません。
お店の方も、それ程責任とプライドを持って見えるのです。
私達夫婦は、外食の時は相方1.3人前。私0.7人前。
だからメニューは一緒の物は注文いたしません。
ガッチリしているでしょ? 

~~けいさん~~
ドギーバックご存知でしたか?
抗菌作用のある紙パック。goodアイデアですね。
私は、スーパーの総菜用パックと思っておりました。
ネーミングが、犬のえさ。ではねぇ―。まずく感じます。
時には・・・これが有ると助かるのですが・・・

ごめんなさい、ドギーバッグ自体ではなかったかもしれません。
昨日の新聞に掲載されてた、あのお話しですよね。

「レアック・ジャパン」が商品化したのがドギーバッグのようですので、おそらく違いましたでしょう。
ホノルルのそのお店は、お客さんの目の前でステーキを焼くお店。
大きなしっかりした紙袋のようなものの中に、お店の人が詰めていました。
よくある透明のプラスチックの容器に輪ゴムではなかったので、とても印象に残った次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドギーバッグ?が活躍:

« 日本食「無形文化遺産」登録 | トップページ | 輪っ! ブログの輪 »