フォト
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

今年最後の洗車

   大掃除の真似事、ガラス拭きの最中、携帯が鳴る。

 プルゥゥ・プルゥゥ?? 「はい、な~に?」

スタットレスタイヤに代えていた相方が、空気入れにスタンドへ・・・
 「今すぐ、このスタンドに洗車しにいらっしゃい」 「なんで?」
「今日は半額で洗車できるし、今なら空いているから」
 

 いつものスタンドでは無く、家から2・3分のセルフスタンドです。

 チェッ。 嫌だなぁー。 洗車機に掛けるのは2回目です。

 何より、車の中でジッとして、ガァッーと大きな機械音と車に沿って動く布が・・・
あの窮屈な圧迫感。心臓がバクバク。ウッウー。 大大大嫌い!!

 それでも、洗車機の終了時には、目の前が開けたのと同時に、相方が雑巾を持って待っていてくれました。
 私の車を誘導して、ここのガソリン店の「スタンドマン」みたい。
「ハイッ。綺麗になりました! 今年はこれで・・・」

何で、自動洗車なの? いつもは31日に手洗い洗車してくれるのに?
 相方も寒い時の洗車は辛くなってきている。

 この頃は、年中行事の在り方も歳と共に変わりつつある我が家です。


Sdsc_0606    


2013年12月28日 (土)

新米インストラクターさん


 いつものアクアに、新しいインストラクターさんchick

 可愛いぃ~heart02 歳の頃は20歳チョット。背の高いイケメンさんrunrun
何より「声が好き」 甲高い声が素敵です。
なので・・・ワンツゥ、ワンツゥ、がハッキリして解りやすいです。

 私達生徒さんの年は60代。70代・・・からすると孫に当たります。

 そのIR(インストラクター)さんは、おかしな癖が有ります。
それは、自分の言葉に、自分で相槌を打つのです。
「・・・しましょうね」 ウン・ウン上下に首を振る。
チョと面白いのですが、その仕草が真剣なんです。真面目なんです。

 わたし・・・ファンになりました。
   ファンになったもう一つの事。 
 自分でアクアに合わせてリズム、音楽を作るのですが・・・
その、音楽・・・桜田順子・山本リンダ・薬師丸ひろ子。等々・・・
 (これって、昨夜TVでやっていた懐かしの音楽祭の曲ばかり)
 アクアのリズムに。合いません。 でも、私達の為に選曲。
合う筈の無いリズムに「ハイハイ」ウン。ウン。首を振りながら・・・
 その一生懸命さにファンになりました。

 IRさんとは一週間に一度のレッスンですけれど、頑張ります。
  (単純な、sakurabaabaです)エヘッ!!

YjimageYjimage_2







(写真は自分のクラブとは関係ありません)
  penguinイラストのセンターは私かも?penguin

2013年12月26日 (木)

セクシー仮装でアクアビクス

 クリスマス週間のためxmas仮装レッスン日程が一杯ありました。

  クラブの
先生も、生徒さんも、今日は弾けております。

 ロッカーの前には、キラキラ、ギンギン、ヒラヒラ、クルクル・・・・
「これでもかー」、と云うほど賑やかな仮装ファション。
 ミッキー・ミニー・ヘンテコ人形・中にはこんな大きな衣装をどのようにして持って来たのだろうかと思う程の・・・ゆるキャラさんもビックリ。

 私は、エアロ、ダンス、ヨガ、のクラブの方には近づいた事が有りませんが、今日はこっそり2階に上がり…
 ウッヒャーsign03 やってる。やってる。

  さぁー。私達のアクアレッスンの時間です。
 先生は??・・・
うぅ~ん セクシー姿 

  真っ黒な上下のセクシー下着。金髪のアフロヘア―。
   靴下止めがこれまたセクシー。
 サンタの帽子も黒色。お化粧はマリリンモンローの様な真っ赤な口紅。
   お尻には、豹柄のシッポ。 
    (昨年はおいらん姿でした)

 今日のレッスンは・・・いつもよりセクシーポーズ。
胸もフリフリ。腰もクネクネ。・・・・ついて行けませーん。
 女子30名の中に殿方が2名参加。いつの間にか一番ふちに固まって見えました。
 そして、今迄やったことの無いレッスンが始まりました。
両隣の人と手を繋ぎプールサイドまで右へ左へスピードがついて、
 「溺れまーす」 「助けてー」 「御勘弁をー」  

  最後は全員で記念写真。 ハイッ! ピースheart04


Ajaxloader_2
 

 アッキーナ
   競艇CMより

2013年12月25日 (水)

それぞれのクリスマスイブ

  昨日はクリスマスイブ。。。それぞれのイブheart。。。

今朝はテレビでの特集。 つい、見入ってしまった。

 ジングルベルの音楽を妊婦さんに聞かせながら、ご主人様が手を握り、3歳ほどの長男さんが見守る中の立ち合い出産シーン。

 ライトアップされた東京タワー。寒い外階段を80代のご夫婦が一段一段登って行かれる。
 ご主人さんは先に進み、後からついて登る奥様を途中で待ち、見計らいながらまた上に登る。
毎年イブの夜に東京タワーに上り、100歳まで続けて行くと。夫婦の契り。

 夜の区役所の前で待ち合わせ。離婚届を二人揃って提出。
小さな立ち飲み居酒屋で、二人は「メリークリスマス」と乾杯。
駅で互いに別れて行く。(映画のシーンの様)

 空港で、ガラス越しに3歳ぐらいの孫との別れ。婆さんは一生懸命に声を掛けるが何の事か訳が分からない孫ちゃんはキョトン。
そのうち、「別れ」というものが・・・変貌し涙を流す3歳の孫。

  と。。。ドラマの様な、夫々の人間模様present

 我が家のイブは、いつにもなく無味乾燥な夜を過ごしました。
今年はクリスマスツリーも飾らず、チキンも無く、シチューも無く、
外ご飯のリクエストにより出掛ければ、事故の為道路は大渋滞。
近くの回転寿司とスーパーのチキンで、家ご飯となってしまいました。

でも、ブロ友さんのクリスマス写真のお蔭で、気分だけは楽しめました。
  ワインで「メリークリスマス」 グラスでカチィーンwine


Sdsc_0588Image

2013年12月24日 (火)

輪っ! ブログの輪

 先日のブロ友さんからのコメントで、

  
「友達の友達は友達の輪」 と送られて来ました。

    今年の世相を表す一文字「輪」。
  日本全体が一つになった。チームワーク・・・の輪。

 ブログを始めて、1年7カ月。
毎日のコメント、コメ返さんは数人ほどの方とのやり取りを楽しんでおります。

 そして、10人ほどのお方のブログをこっそり覗いているのです。
私は、【隠れファン】と称して、フムフム、ソウソウ。と一人うなずく・・・

 そんな時、コメントのやり取りの中で
 (じつは、貴女のブログのブロ友さんの処を、こっそり覗いています)
と、
打ち明けましたら・・・
 「友達の友達は友達の輪」ですよ。貴女も、お邪魔したらコーヒーでも出して、歓迎してくれると思いますよ・・・と。

 引っ込み思案の私の背中を押していただけました。
思いきって・・・飛び込んでみよう。ドアーを開けて貰えなくても、
  トントン・・・ノックをしたくなりました。

 
ブログの中身は・・・ワンちゃんの事。猫ちゃんの事。晩御飯の事。
             日常の事。写真の事。季節の事。

 ◎ブロ友さんが(トイレットペーパーは1枚派?2枚派?)と問えば。
    其れには様々なコメ返。色々な生活が垣間見えて来ます。

 ◎ブロ友さんが(ホノルルマラソンに参加)
    ハワイへ行った気分にさせて貰えます。

 ◎ブロ友さんが珍しいお料理。
    それ、goodアイデア いただき~。

 ◎日本の北と南の方のお写真を眺めながら、変わり行く季節を・・・


       「ブログって良いですねぇ―」

  
【つながる輪】  《嬉しい輪》  〈楽しい輪〉

Dsc_0591





   

2013年12月23日 (月)

ドギーバッグ?が活躍

 ドギーバッグ・・・・ドギーとは、犬のえさ。
犬のえさと云う名目で、料理を持ち帰ったことが由来。
 欧米では習慣化されているが、この日本では、食中毒・衛生の面でまだまだ…
というより、飲食業界の方の方が躊躇されているようです。

 私達も、何だか残ったものを持ち帰るのが・・・お店に失礼の様な気がしたり、ケチ臭い様な、後ろめたい気持ちが有り、勇気の要る事です。
 この頃は小食になったため、初めから「食べきれないからちょっと量を減らして下さ」と、断りを入れるが、初めてのお店ではなかなか言えません。

  TPO法人の「ドギーバッグ普及委員会」の方は、ここ数年国内でも認知度が上がってきた。
 とは言われるが・・・食品のロス。と、バッグ認知度をお店の方がもっとPRして貰えたら。と思う。

 コンビニのおにぎり、お弁当などは賞味時間が1分でも過ぎれば廃棄処分。スーパーの残りお惣菜。 
  「アァー勿体無い。もったいない」

 食品ロス問題は・・・消費者と飲食店の双方に「勿体無い精神」があれば、解決できる「ドギーバッグ」が普及していくでしょう。

 私の知っているお店の中に・・・この地方では有名なウナギ屋さん。
「食べきれなくてすいません。持ち帰りたいのですが」と、声を掛ければ。
・・・・透明パック・手提げ用の小袋・半紙・輪ゴム一式・が綺麗にセットされて出て来る。
 本当に気持ちの良いおもてなしです。
何だか、帰り着いても、うなぎの香りで楽しみが倍増出来ます。 
Yjimageca2oao7i_2
Dsc_0587_2






2013年12月20日 (金)

日本食「無形文化遺産」登録

 この度、日本食が「無形文化遺産」に登録されましたsun

やったね! おめでとう! と言うべきであろうが・・・

 えっ? 今ごろ? 世界数カ国は、とっくに登録されていたのに。
今は、世界から観光だけでは無く、日本食を食べるべるだけに、来日されている今日この頃なのに。

 「お寿司」「サシミ」「焼き魚」等が上がります。
が、[一汁三菜]これこそ日本食なり・・・健康的な食事。
ある料理人さんが「本物のダシを味わうことは教養である」と言われた。
  和食の素晴らしさを知らないのは、日本人かも?

 しかし**日本の子供たちは**洋食の方がお好き**
子供たちは、カレーライス、ハンバーグ、オムライス、スパゲティ~~

 カタカナ文字のメニューばかりで、和食の”和”が出てこない。

 学校給食でも、箸が上手く使えない。
ましてや、焼き魚の骨取り等は・・・
 (幼稚園児に魚の絵を書きなさいといえば、四角いブロック型を描き、これが魚だと・・サシミ片)
 家庭料理の中身を聞けば、日本食は手間が掛かるので・・・
と、忙しいママさん達は、ユックリ箸使いを教えなかった。
和食料理は調味料など、時間と高料金になるから。だとか。

 話は変わるが、私達の年代は高校時には、洋食のマナーを教わった。
フォークとナイフの使い方。あの当時のマナーは間違ったことを教えていた。
 (フォークの背にライスをのっけて食べる)

 まぁー。なんでも美味しく食べれるのは健康の証。
「生活習慣病」なんて病名が付かない様、和食が見直されています。

 好き嫌いの多い私も、もう一度”和食”を見直して・・・

YjimageYjimage_2





2013年12月18日 (水)

此れって、虚偽表示??

  いつもの相方の・・・「チラシ見回し研究」が始まった。
「ねぇねぇ―。これ買いに行こうよ」。鹿児島の黒豚フェァー

 一緒に出掛けた相方は、もう先に売り場に到着。「これこれ」
鹿児島産黒豚シャブシャブ肉。 ロース肉かバラ肉、どちらにする?
 こういうときは、相方は実に真剣。(*^ー゚)bグッジョブ!!

 お肉を何とか決めて、隣のコーナーにも、ハム、ベーコンが並び。
そこには 
{わっぜ、うまかー}鹿児島弁で、すごく美味しいの意味。
 ハムを取り、裏のラベルを見ると何処にもどこ産の肉なのか表示していない。加工品はしなくて良いのだが・・・
ならば、「鹿児島産の豚肉フエァー」と言葉で迷う様な事をするのかしら?
   どこかの酒造会社の・・・「お客様だまし」…と一緒。

そこへ、丁度店員さんが来て「今日は私がこのコーナーを担当します。
  美味しいですよー」と、愛想一杯の笑顔。
「これ、鹿児島工場とあるが鹿児島産のお肉で作られているの?」
「・・・・解りません。聞いて来ます」 「いえ、それ程知りたくも無いが」
 

 若い男の店員さんを連れて来て。
  「これはメーカーさんが鹿児島工場で作ったものでありまして―・・・」

   
疑わしいこと・・・これを虚偽と云う。 こんなところまで…

 さぁー さぁー 寒い今夜は、シャブシャブ鍋で・・洗い流しましょう。



Sdsc_0141

 近くの公民館で
  子供たちが描いた顔
   笑い飛ばしましょう






  「今流行りの虚偽教示」のエビさん。 
あなたはちっとも悪くないのに・・・今になって、悪者扱いの「バナエイ海老」

 スーパーにだって、日本産の、大正海老など,何処にもない。
家庭の食卓にだって、大正海老の天プラは上がって来ないの・・・。
「大正海老三昧」なんか、数年前に山口県のホテルで口にしただけ。

 魚さんだって養殖物ばかり、天然魚も余りお目にかからない・・・
自分の口も養殖物に慣れていて、天然物は苦く感じる有様です。

   虚偽表示 = 擬似表示 ??
            

2013年12月16日 (月)

ミスタードーナツ福袋

 

 今年も「ミスドの福袋」を、買いに行かなければなりません。

普段は、甘いもの嫌いな私でも、この時期には話が違います。

いつもはスーパーの入口のミスドを横目で通るのですが、
 この頃は、お店の中を上目使いをしながら、覗いております。
  これも、可愛い孫のためなんです。

そして、「12月26日より福袋発売」の文字を見つけました。
 この日は、たしか、開店が9時と、言っていたな。

   お正月用です。
O0800060012749763246_2
 そして、お正月用といえば「おせち」
昨年は。娘から「二重おせち」を、お取り寄せで送られてきたが・・・
今度は、おせちの「お」の字も言わない。 期待は出来ません。

 仕方なく、少しばかりのおせちと、我が家の定番料理で・・・と
考えていたら、先日娘とランチにった中華料理・浜木綿さんが「中華オードブル」を紹介していた(1/2より)
 市販のオードブルは、手抜きの主婦が買うもの。・・・と、思っていた。

 しかし、私も歳をとったもんんだ・・・手作りから、販売物へ。

 年寄りふたりは、年末からお正月は温泉で過ごすから、
こんなスタイルでも良いかぁ~。と。思うようになった。自分がいる。

 それでも、我が家の代々続いた母のお正月料理は作らなければ、お正月気分にはなれませんので・・・

  「いつものお正月料理」=は、母の味。

 しかし、この味を作るのは・・・私の代で終わりです。
娘も嫁ぎ先の代々の味になってきている。お嫁さんにも母の味がある。

 食べて貰えるうちに。母の正月味を楽しんでもらおう。
 

2013年12月14日 (土)

今年もXmasイルミネーション

 

 今年もこの地域にXmasイルミネーションが輝いています。

我が家から四軒となりのお宅に。キラキラ・・・・

いつもご主人様が屋根に上がり取り付けを、この寒空に大変な作業です。
 ただ時々見えるお孫さんのために・・・張り切っておられます。


Sdsc_0587

Sdsc_0591

Sdsc_0588











Sdsc_0592













 



 
 












我が家の玄関から見渡すだけでも、3軒ほどのお宅で飾りつけがされております。
 今年は、新しく3軒ほど増えました。が、2軒のお宅では喪中のため今年は飾り付けはされませんでした。

2013年12月12日 (木)

ちょっと胸キュンなTV・・・

 

 朝から、たった10分ほどの胸キュンなテレビを見ました。

それは、90歳の介護3のおばぁちゃんの介護付き1泊2日旅行物語。

 いつもは施設で暮らすおばぁちゃんが、子供たちが、「元気なうちに旅行に連れて行ってあげたい」の希望で、ヘルパーさん付きの家族旅行に参加。

 おばぁさんには、66歳の長男。娘3人とそれぞれの連れ合い。
「さぁー今日はお出かけだよ」と、言っても何の表情もない。
おばぁさんは、ヘルパーさんに車椅子に乗せられているだけ。

 まずは、5年前先に眠るご主人のお墓にお参り。
手にはお数珠を掛けて貰っても、ぼんやり状態。
 そこから1時間ほどの紅葉ドライブ。
(介護用タクシーにはおばぁちゃんとヘルパーさんの二人)

 全10名の食事を、娘たちは色々世話を焼きたがるが、
そこはヘルパーさん。キチンハサミでヘルパーさんが料理を細かく切り刻む。
そのお料理を自分の手でいただくおばぁちゃん。
(ヘルパーさんは、施設の方と水分量、塩分、薬時間など、全て事細やかに連絡している)
 ホテルの夜はおばぁさんとヘルパーさんの二人部屋で、お風呂・おむつ交換・口腔ケアで、夜が更けた。

 あくる朝は、長男が車椅子を引いてホテルの庭園散歩。
防寒服装の母と花を愛でたり穏やかな親子。でも、言葉少ない。
その後ろを静かにでしゃばらずにヘルパーさんは後に続く気配り。

 そして、一泊二日の最後に親族27人の「大昼食会」
(子供4人を産み・孫6人・ひ孫8人)
  そこで、最後に・・・おばぁちゃん大変身・・・
 会場に孫が現れと「おばぁちゃん、わかる?」
   「わかる、わかる○○ちゃん、あんたは△△ちゃん」
 孫の名前をハッキリと覚えていた(孫を風呂に入れた思い出)
笑顔が戻った。声が出た。 その上、カラオケで歌を歌う。

 おばぁちゃん大変身sign03
その姿を見れただけで、ヘルパーさん付き介護旅行を、費用は少々かさむが
おばぁちゃんの笑顔を見えただけで・・・親孝行ができた。と・・・

 私も、両親との旅行プレゼントは結婚してから1度だけ。
その1度だけの母の姿が・・・それだけが思い出となっている。
 「孝行したい時に 親はなし」 よく言ったもんだ。

Simg_3758Simg_3759





2013年12月10日 (火)

PCさんのご機嫌が悪くて


  この頃、パソコンさんのご機嫌が斜めでありまして・・・

 開けてみれば「スパイウェァーが検出されております」
「パソコンの性能が低下しております」など、何故だか解りません。

 黄色の信号でパカパカ、そのうち赤色信号でパカパカ。

ダンダン恐怖心が高まりました。 そこで、お助け~くださいな。

ローカル通信ネットの「パソコンなんでも相談会」にお尋ね。

やっと、今月の17日にPCを見て頂けることになりました。

いまでは、パソコンを、そーと、そーと、なだめすかせております。

それまでは、3日に1回ほどしかPCを開けられませんので・・・

  だいじに・だいじに・・・・しております・・・ごめんなさい。

Sdsc_0577 
              先日剪定の「門被せの松」を玄関より。





2013年12月 8日 (日)

イタリアンランチからカフェ

     森の中に静かに佇むイタリアン。
 道路から間口はたった数メートル。見落としてしまう程細い入口。
看板から中へ入るエントランスは。。。森の中。
 木々の中にクリスマスに飾るイルミネーションの鹿がお出迎え。
敷石を飛び越え、総ガラス張りのお店の中に入っても、外の森景色。
 紅葉のもみじにはライトアップ。
壁際は、ただコーヒーカップが少し並んでいるだけのシックな装飾。
 (景色もお料理のうち、と感じるお店でした)
 帰りには、本物のヤギが草を食べていた。ギョッ!

*******(11/28)

  そのお店から・・・・たった500メートルの洒落たカフェ。
 そのお店も、間口が狭くて森の中・・・見つけるのも楽しみの一つ。
オーナーは一緒でも並びに「和と洋の店舗」
 和の方は・・今日はギザの絨毯展示。日本着物。吊るし雛。タペストリ。
日本手拭い。等など。
 洋の方は・・クリスマス飾りで一色。お店の中全部が統一された飾り。
テーブルの上のライトも上品なステンドグラス。其の灯りの元に出されるお水カップもコースターも、二人に合わせて色違い。
そればかりか・・・外にもコーディネートされているテーブルと花飾り。
 暖かければ、この天蓋付きカーテンのテーブルで頂きたかった。

 なんだか、お店紹介のブログに・・・なりましたが。
   ~~~桜がチラホラ咲いておりました~~~

S201311281


2013年12月 5日 (木)

ビフォー&アフター

 先日、家族でお出かけしていた留守中、いつもの庭師さんが・・・・
いつもの様に、いつもの剪定で、いつもの片付けで、、、終わっていた。

毎年、この季節にお願いをしておけば、キッチリやって戴いている。

  雪の降る前。新しい年を迎える前に。

      ビフォー                     アフター


Simg_3739Simg_3754




 

 



 そんなに変わり映えがしないが・・・・大切な門被せの松であり、
この家購入の記念に父が買ってくれた思い出の松です。
 30数年になり(購入時は何年物か分からないが)この頃は、年1回の栄養剤が必要の年齢になってきた。
 歳を取るのは、私だけではなかった・・・トホッホ・・・・

 今日も眼医者に行けば、白内障は4年前と変わらなかったが、(ドライアイ)だってサ。
 なんでも、加齢・加齢・加齢・
  先日は誕生日をお祝いしたのに・・・(お祝いをキャンセルしたい)

 こらからはお医者様と仲良くお付き合いをし、「加齢ザ・ストップ」

  「ビフォー&アフター」 と、スッキリとはいかないなぁー



2013年12月 2日 (月)

二日遅れの誕生会

  ピンポーン・・・花屋さんが大きな花かごを抱えて現れた~。

エェ~!「何・なに・ナニ??あらっ まぁ~」 これだけしか言えなかった。

先日、お友達と一緒にご馳走になったのに・・・
  その時には一言もお花のことなど言わなかったのに・・・

憎き、素晴らしい演出をして頂きました。 ありがとうございます。


Sdsc_0560Sdsc_0563









 そして、その夜は。。。誕生祝い・クリスマス・忘年会・を兼ねて。
ランチでは入ったことがある名古屋コーチン炭火焼のお店です。 
ディナーは家で済ませる相方が珍しく連れて行ってくれました。

 メニューは、「名古屋コーチン1羽まるごと料理」
   ヒェー食べれるかな?
 先ずは、氷に乗った鶏肉サシミ・胸肉の叩き・中華サラダ・ここからが目の前の備長炭七輪で(皮・もも・セセリ・肝等など)
 これで終わりかと思えば、手羽元の甘辛煮・唐揚げ・出汁巻き卵・とお皿が次々と出てくる。
 締めの食事は、土鍋ご飯に卵かけご飯。
お店の方が「次に、デザートがありますが・・・」

 

 「もう結構です。けっこう。コケコッコー

それでは、コーチンの玉子を10個ほど「お持ち帰りください」

  フゥ~ 鶏肉1羽丸ごとなんて・・・お持ち帰りパックに変身。

 このお店は、自社の名古屋コーチンファームを持っていて、毎朝挽きたてを出しているお店なので、新鮮・お値打ち・専門店さん。
 (相方はお気に入りになり、今度は鶏鍋だァー、と)

  

ゴチになりました~ fullH0000020583

2013年12月 1日 (日)

うちの孫は?祖父母参観

  初めて来ました。息子の孫ちゃん達の「祖父母参観日」

 娘の田舎の孫の保育園とは違い、都会のマンモス保育園。
朝早く待ち合わせから、慌ただしく孫ちゃん3人と対面し、会場へ。
 会場内には200人以上?。片隅には撮影場所で三脚を広げてのご父兄がスタンバイ。
 田舎の保育園は祖父母さんたちとミニ運動会とお遊戯でした。ので・・・

 祖父母参観とは名ばかりの「一年間の発表会」、祖父母さんは一割程度の参加で、殆ど若きパパとママばかり。
 さぁー。始まり始まり・・・緊張は孫より私たちの方だった。

 横の通路から入場し舞台へ。「どこ?どこ?」「あの子かなぁー」
2ヶ月ぶりに見る孫ちゃんに・・・・相方と、あの子?この子?
 そのうち、舞台で名前が呼ばれ「あっ、あの子だァー」・・・

 2人目の孫も・・・「あのピンクの帽子を被っていた子が俺の顔を見て手を振ったゾー」
 私はカメラを向けてパチリパチリ。でも、「本当にあの子?」
その内・・・次に出て来た子を見て「あの子だ・あの子だ」また、パチリ。
今まで撮っていた現像を消去。 全く情けない・・「爺じと婆ば」

 一番上の孫の時も同様・・・探し当てるまで時間が掛かった。
   一生懸命の姿に、涙ウルウル。
 そして、35年前の我が息子の時の姿とダブった。
今度は、私達が探す前に、孫ちゃんが手を振ってくれた。フゥー。
  

 家に帰り付けば、嫁ちゃんがbirthdaycakeを用意していてくれ、孫ちゃん達とケーキでお祝いをし、
 似顔絵のプレゼント。「おバァさん・おめでとう」「ありがとう」

happy。

S20131130_3
昨日より弁天島温泉で過ごし、今日は孫ちゃんに祝って貰い、記念すべき誕生日。(海の中の鳥居・干潮・満潮)8階の部屋より

Sdsc_0447Sdsc_0450


« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »