フォト
無料ブログはココログ

« 緊急地震速報の誤報 | トップページ | 日本一暑い街を・返上 »

2013年8月13日 (火)

[おばちゃま~」さようなら

 

 母方の妹、おば・おばさん・おばさま・色々呼び方はあるけれど・・
     「おばちゃま~」
ハイカラの叔母は、こう呼ばせていた。(父や母の発案では無いと思う)

  96才と11か月。 もうすぐ97歳の誕生日を前に永眠。

 ずーと今まで一人暮らしのおばちゃまは、私が生まれた時から、私の両親の同じ町内で住処を持ち「三人一組夫婦」。

 三人一組夫婦・・・母が68歳。父が82歳(晩年10年間は私と同居)
その母が早くに亡くなり、親孝行の出来なかった分。おばちゃまのお世話をする事に成った運命。
 しかし、不思議な定め・・・今は、早くに病気で夫を亡くした私の妹・・・と。
「三人一組の夫婦」(息子2組、孫7人の実妹お婆ちゃんの事です)

  8月10日 午前0時5分。 医師と共に死亡確認。
 泣いている暇もなく、葬儀屋さんとの仮契約してあったが、再度確認。
私と共に、相方が「喪主」を務めてくれた。
 通夜、告別式、火葬、初七日、お役所・・・目まぐるしかった3日間。
3人の親を送り出した。(不謹慎かもしれないが安堵感が漂う)
 この7年間は、施設と病院への面会に1時間以上の道のりを毎月過ごして来た。
   おばちゃまの年には、不服はない年齢です。

  きっと・・・今頃は・・・天国で父と母とおばちゃまと3人で焼酎を飲み交わしているんだろうな。
 再来月には、父母の墓の近くにおばちゃまを連れて行くからね~。

    「三人一組夫婦にかんぱ~い」 な~んてね。




          

        
             

« 緊急地震速報の誤報 | トップページ | 日本一暑い街を・返上 »

コメント

そうだったのですね。
おばちゃまの葬儀で名古屋に帰ってらしたのですね。
お悔み申し上げます。
96歳、ご立派ですよ。
支えて来られたsakuraさんもご立派です。
おばちゃまも人生全うなさったのでしょうから、安堵感を持つのも、もっともだと思いますよ。
おばちゃまもsakuraさんも、そしてご主人様、お疲れ様でした。

けいさん~~
励ましのお言葉・・・有難うございました。
初めての他人様の言葉に、改めて見送りをしたんだなぁーと、思えました。
何だか、元気モリモリになれました。
これからはやることが無くなり、気が抜けると思いますが、
おばちゃまが、父や母にこちらの報告をしに行くのでしっかりしなくちゃ・・・です。

そういうご事情がおありだったんですね・・
長い間お疲れ様でした・・そしてお悔やみ申し上げます。
くしくもお盆を前にお迎えがいらしたのですね・・・
ご長寿だったおばちゃまは満足されて旅立ったと思います。
私は実家の両親も夫の両親も直接の同居介護は無かったのでsakurabaabaさんの深い愛情溢れる関わり方は大尊敬致します。
亡き人を忍び自分の生き方を考えるのもお盆ですね・・・

天寿を全う
良かったですよね
お疲れ様

マイペースさん~~
励ましのお言葉有難うございます。
何だか暑さと腑抜け状態からいつもの生活に戻れます。
長女としての責任が果たせ、きっと父母も安心していると思います。
今度は納骨、法事とまだまだやることはありますが、
一つ一つやって行きます。
有難うございました。

元気ばば様~~
ばば様も関西の叔母様がみえ、色々お世話されて見えますね。
自分が納得できるほどのお世話・・・・出来るものではありませんが。
一生懸命されて見えるお姿は素晴らしいと感じます。

96歳のおばさま、お悔やみ申し上げます.
今年の夏は健康の者でもこの暑さは耐えられません。
長い間ご苦労様でした。
私の母も96歳今日、子供、孫、ひ孫、20名、4名欠席、
お昼に食事会をしました。
春の時は夏まで大丈夫かと心配をしましたが食事もなんとか食べれます。
今度はお正月までがんばれ!と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [おばちゃま~」さようなら:

« 緊急地震速報の誤報 | トップページ | 日本一暑い街を・返上 »