フォト
無料ブログはココログ

« ジジババ珍道中② | トップページ | ジジババ珍道中④ »

2013年4月25日 (木)

ジジババ珍道中③

 

今日は、私の一押し阿蘇の中腹にある「清風荘」行きたかったモン。
  ここのお風呂は最高!
 「すずめの湯」 乳にごり湯で混浴
 相方「僕は気が小さいから入れない・・・」 「何言ってんの、ここ迄来て入れ無いなんて」
 しかし、傍まで行けば・・・男の人ばかり・・・目のやり場に困るのは私だった。
  「帰るわぁー」  「ここに内風呂があるよー」 と、女性の声がする。
   おぉっー、こりゃ 良いぃー 古ぼけた小屋の中に女性用風呂
    その他、帰るまで4か所の風呂を堪能した。


    
S201304192













Simg_2932
入れなかった「すずめの湯」
  廊下のポスターより



 










 古い旅館で140年前の建物、300年前の古民家から材木を集めたそうだから、こんな古ぼけたお風呂も風情があって感動。
 ここの温泉は「地獄温泉」と、名が付いているが・・お風呂に浸かれば
  「あっあー 極楽・極楽」と、なぜか声が出る。
      【地獄温泉で極楽】 とは・・・

 お食事は、大きな炭火囲炉裏の真ん中にイノシシ鍋・その周りに、野菜とカモ肉、シカ肉の焼肉。のっぺ汁。むかご御飯。その他郷土料理。
 朝食が、これまた、憎い演出。囲炉裏に味噌汁、目玉焼き、干物魚、海苔を備長炭で焼く、可愛いおひつ、呉汁(この地方のごじる)、あとは田舎料理のバイキング。

S20130420

広~いお食事処
 真ん中に流水が流れ
 料理が・ドンブラコ・ドンブラコ
 席の横でセンサーでストップ。
 古い物と近代的の混合。


 備長炭の炭火の燃える
 匂いも良いが暖かった。







       ============

 

         






        





              

« ジジババ珍道中② | トップページ | ジジババ珍道中④ »

コメント

阿蘇は高校の修学旅行で行ったきりです。
で、結局は混浴に入られたのかしら?
sakuraさん度胸ありますね、私はムリ。
女性用のお風呂でも、人前で裸はどうも抵抗があって苦手です。
地獄温泉で極楽とは、最高ですね。
お食事がいかにも郷土料理、こういうのがいいね。

混浴のポスター写真を見たら私もやっぱ尻込みしちゃいますね・・・
女性同士でも気恥ずかしいのにいくらジジババでも勇気がいるわあ(笑)
300年前の古民家から造った温泉宿って凄いですね
風流な宿で温泉にたっぷり浸かって美味しいもん食べて極楽、極楽、満足な旅でしたね。旅先ではその土地の郷土料理は嬉しいですね。ごっつあんでした。(≧∇≦)

目のやり場に困るのは・・・
まだ乙女だから うふふ

けいさん~~
いえいえ、混浴は入れませんでした。
夜8時半より、女性専用になるのですが・・・
夜の露店風呂も良かったようです。
女性陣は泥パックも、されたようです。
お食事も、風情があってよかったです。

マイペースさん~~
混浴はオバさんばかりと思いきや・・・男性ばかり
初めは渋っていた相方のお尻を叩いていた私でしたが
私の方が、しり込みをしてしまいました。
でも、お蔭で風情のあるお風呂の方に入れました。
カメラを風呂場まで持ち込みパチパチ。
(誰も居ないのを見計らって)

元気ばば様~~
乙女チックなババァーですが・・・
元気ばば様夫婦の様なコントはできませんが、
会話は「美味しいねぇ」「気持ちいいねぇ」
この2つの言葉で会話が成り立っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジジババ珍道中③:

« ジジババ珍道中② | トップページ | ジジババ珍道中④ »