フォト
無料ブログはココログ

2018年12月10日 (月)

ドクターのお許しは貰ったものの

今日は循環器科の検診日。

「先生!もうプールに入りたいんですが、良いですか?」

 「あぁ~。良いよ。良いですよ~」

やった~。術後は運動不足で夜の眠りが浅い。
 身体を動かしたくてウズウズしてた。

「ついでに、好きなサウナも良いですか?」
 「ん~~。チョットだけね」・・・のお許しも戴いた。

しかし、(お風呂は心臓に負担がかかるから湯船に入るのは胸の下だけ)
  (ヒートテック。温度差にも気をつけましょう)
   の2点の注意事項を言い渡されて・・・・。

何だって~~??
 それじゃ~。サウナに入ってからプールに全身浸かるのはダメ?
  ドクターの言うことがチグハグだわ。プンプン。
   (何も言い返せなくてシブシブ退散)

来月。再来月にわたり、足の閉塞性動脈硬化症カテーテル治療
 を行わなければならず、その為にも今のうちに運動をしておきたい。

ジムでは「久しぶり~」などのお出迎えの声に一段と燃えた。
 しかし、プールに入れば・・・『冷た~い』・・・・
  こんなに冷たいのは身体に良くないか?
   サウナは、いつも入室から12分間。と決めていたが・・・・
    今日は8分で終了。
     それでも汗が出た。久しぶりの汗はショッパイ。

あぁ~~。久しぶりのプールは気持ちよかった~。

北島康介が言った。「気持ちいい~。超!気持ちいい」
 あの意味とは全然違うけど・・・・気持ちよかった~~~~。

Yjimageそして、今日は市のカメラクラブ最後の日。
 先日の明治村撮影会には行けなかった。
  が。皆さんの作品を見せて貰った。

市のカメラ講習会(20人ほど)参加して2年半。
 カメラ女子さんたちの5人のお仲間さんとの来季の講習は?
  先生の都合で春からの講習会は未定だとか。

それじゃ~。
 カメラ女子だけで「撮影会を兼ねた新年会」をしましょう。
  せっかくのお仲間さんをこのままさよならは・無いよねぇ~。
   それじゃ~、年内中にラインで・・・・ね。




 

2018年12月 6日 (木)

夏日の12月

12月入っても、ここ数日のお天気は「夏日」
 スーパーのクリスマスソングがちょっと合わねぇ~。

しかし、テレビでの解説より。
 ここ2・3日で、やっと暦通りの12月上旬の気候「しけ寒」
  その後週末は、冷たい風で3つの首を温めよう「風冷え」
   来週になると、最強寒波の到来防寒対策を「底冷え」

なんだって~。やだなぁ~。

病み上がりには一番の敵「風邪」「インフル」に気を付けなければ。

身体だけではなく、相方さん畑の季節の野菜。
 ニュースにもれなく、大根は大きくなりすぎブットイ。太い。
  それに反して、「里芋」は夏の猛暑と雨不足で小ちゃい。

妹の家には送れぬ、「出来損ない野菜」ばかり。
 相方さん「今度の土曜日には寒いから『豚汁』にしよう」
  里芋の皮ムキ・・・の大仕事が待っています。
   (相方さんのお役目)

ここ一週間で気温がジエットコースター。
 そうそう、お風呂場には電気ストーを出して貰わねば・・・・
  ジュータンももっとフワフワに変えなければ・・・・
   それと敷布団モコモコカバーにしなければ・・・

暖かいお陰で病院はガラガラ。
 遅れ様ながらインフル注射が打てた(1週間前)
  今後寒くなったら病院は満員御礼かな?


Yjimage


2018年12月 4日 (火)

「そだね」・・・そうだよ。

今年の流行語大賞は「そだね」。

二人の朝食時にテレビで知った。
 「やっぱり(そだね)だよね。そうだと思ったよ」と私。

相方さん呆れ顔・・・(何でも知ったかぶりぶりをする奥さんだ~)
              って、思ってる?威張ってる?

行ってきま~す。相方さん出勤後・・・・「あっ!!」
 そうだ!!。この大賞言葉をいただこう!!

自分の病気の事。入院の事。
相方さんに随分心配と迷惑を掛けていた。。。。
  退院後・・・何やら優しい言葉使いのsakurabaaba。
          ちょっとしおらしい言葉・・・・
   
いつもの鬼嫁も、初めのうちは、しおらしい女房?

それが、いつもの生活に代わり、
 自分で家庭のことが出来ることが多くなると・・・
  また、以前の言葉調になって来てる~。
   私が一番偉い人。女王様。で相方さんへの言葉使い。

ありがとうの言葉が言えなくても、
 同調できる言葉「そだね」
  そうよ。相方さんへの相づち言葉、で、感謝の意を・・・

これから・・・・「そだね」を連発。していこう。

「ありがとうの代わり」だよ~。 

Photo


2018年12月 2日 (日)

なんだか気ぜわしい「師走」入り

なんだか気ぜわしい「師走入り」となりました。

いつもの事なんだけど、誕生日が過ぎると同時に12月。
 これからがいよいよ師走入り。

お友達とのbirthdayランチ。
 花かご。記念品。を抱えて我が家まで迎えに来て頂きました。

お互いにお店選びは当日まで内緒のサプライズ。
 今年は?・・・・「いい所が思い浮かばなくてごめんね」
   で、先回私からのお誘いと同じお店。

イタリアンなんだけど。食後には大きなお皿にbirthdayメッセージに
 数種類のデザート。ローソク。お店からのノンアルコースカクテル。
  お店の中だから「小さな声でhappybirthday・・・」
   2本のローソクを・・・・『フゥゥー』・・・照れた照れた。
    お店の方が一緒の写真をパチリしていただきました。
     70代突入後のオバンのすること??

ウヒャ~。ちょっと浮かれていたら師走なんだー。
 カレンダー。家計簿。ポチ袋。鏡餅。走って買い揃えた。
  そして、一年間のパチリ写真を「パチリの一歩2018」写真集作成。
   (今年一年間は、アップできる写真の数が無い)
   年賀状の作成。今年も(喪中はがき)が多い。

Img_2061











Img_2062_2



2018年11月28日 (水)

紅葉の代わりに見たもの?

今年の紅葉はどこへも行かず、
 黄色・赤色の葉っぱも見ていませんでした。

しかし・・・・退院後、中距離の車を運転を始めて・・・

私の三台前を走っているトラックのイラスト??
 どこかで見たような?・・・・絵柄??

前を走っている車が一台、一台と進路変更をしていくと・・・・
 
 ????ギャハッハハ・・・・「よしみちゃんだぁ~」

「天童よしみちゃんトラック」だぁ~~。

始めに前方に映っていたあのイラストは(顔デカ)(頭デカ)のよしみちゃん。

しばらく後をついていたが、途中から私の方が左折。

この道をズーと進んでいくと・・・・高速入り口に入らず・・・・
 きっと・長野地方から。19号を走って名古屋公演なのかしら??

知らず知らずのうちに「珍島物語」を、オンチな私が口ずさんでいた。

久しぶりな運転で緊張していたが、この遭遇はルンルンになった。

何も変化のない日々に・・・ちょっとラッキー。すごくラッキィー。


Yjimage












Img_2059_2



  

2018年11月24日 (土)

一日6グラムの減塩食

「○○様。 減塩食 1600カロリー」
    の張り紙と共に出される病院食。

うへぇ~~。まずい~。
  食べれるもんがないよぅ~。

しかし、お腹が空けば、いつもは食べないものまで食べれるようになる。
 「口は一週間で慣れる」・・・・と、暗示を掛けて・・・
  一週間経つ頃は、食事時間が待ち遠しくなるほど慣れてきた。

食べれるようになったもの。果物。クロワッサン。お麩。
 ミカンの缶詰。。。。ん~・目をつむってパクッ。身震い。
 クロワッサン。。。。ミルクとパンを交互にパク・ゴクン。
 お麩。。。。。。。。。一口入れて外の景色を見てごまかす。

「減塩の栄養講習」を2回受講しました。
 そこで、今まで知っている減塩食にはまだまだ程遠かった。

「減塩のため味噌は濃くしないでお出汁を強くしています」と、
 すまして言えば・・・・
  「その。ほんだし顆粒には味噌より塩分が強いのです」
   ・・・・ひぇ~! そうなの??

「理研のノンオイルドレッシングを使っています」
 「いいえ。脂肪は少ないですがマヨネーズより塩分が強いです」
  ・・・・知らなかった~。

生野菜に塩を掛けてドレッシング。以前に料理人の息子に叱られた。
 ドレッシングを手作りしている息子から見ると(不味いドレッシング)
  と、映るらしい?

それが・・・・・家に帰り着いて初めて作る夕食。
 (ボジョレヌーボーをまだ飲んでいなかった相方さんに合わせて
  ワインとピザとスパゲティーの献立に決まり、買い出し)

ピザは既製品。
 スパゲティーは牡蠣とほうれん草のクリームスパでいい?

牡蠣とほうれん草をバターで炒めてクリーム・・・・どれどれ??
 ギャ~~。おえっ。しょっ・塩っぱい。
  ???いつものように作っているのに?間違えた?
   ミルクを足し、また足して。いつもの3倍増。

身体が塩分を拒否していたのです。
 薬の中の一つに。
  『塩分と水分の調整が難しい薬があります』
   (利尿剤の中に水分を残し塩分を出す)と言われてた・・・。

減塩食に気を付けていたのに・・・2日目の夕食後には・・・・
 「水・水・のどが渇く~。カラカラ~」
  どうなっちゃったの? 口の中は猫の舌のようにザラザラ

   『本物・脱水症状』。
    水・水・水を・くれぇ~~。喘ぐ~~あえぐ。

一日1000mlの水分と決まっているのに身体が要求する。
 ビタミンより大切な水分と塩分・・・・改めて感じました。

この頃は、サンドイッチのマヨネーズさえ、塩っ気を感じるようになった。
 いつもはハム・チーズを挟んで・・・・恐ろしいことをしていたもんだ。
  (ハムやチーズは塩分過剰)

相方さんには申し訳ないが・・・「薄味に慣れてもらおう」

昨夜は、お刺身。マグロ・鯛にアボカド挟み。
 私は、付ける醤油はスプレー式で。少量作戦なり。

明日は寒くなるから「おでん」のリクエスト。
 それが、おでんの練り物には塩分が強いのだ。
  「塩抜き」のため、一度茹でる。
   しかし、塩抜きした練り物おでんは…まずい。
    (おでんは練り物ネタで味が決まる)ってわかった。

「一日6グラムの塩分」・・・・慣れるしかない。

お正月のおせち料理は、「すべて塩」で出来ている。
 ムー??? 何を作ればいいんだ??

Yjimage



  

  

2018年11月22日 (木)

いつの間にか秋から冬へ

”おはよう~寒いねぇ~”

この1か月前から私は別天地に居まして、
 季節の移り変わりを知りませんでした。

我が家に帰り着く前には「炬燵良し」・「ストーブ良し」の準備よ~し。

それが、それ程の寒さじゃなかったのに、帰り着いたとたん。
 気温が急降下。「しみる~何とかならないの?」
  
今朝の最低気温『2度』だって・・・・

この時期の季節の移り変わりは、たったの20日余りなのに、
 (秋がない・・・秋がない)
  美しき紅葉を見ることなく・・・・

奥飛騨の「新穂高温泉」紅葉をパチリと温泉の旅。
 昔ながらの高山の街の散策。。。。
  丁度退院の日だった
 
「ねぇ~、この時間、高山の大銀杏を見てたね」・・・
 「また、来年の楽しみが出来たよ」・・・の慰め言葉。

「あなたの誕生日のランチ予約したよ」
 「明治村への撮影会行こうよ」
  「来月の忘年会待ってるよ」

と。まぁ~。すぐにお誘いの電話があり、有り難かった。

今年も残すこと1か月チョット。
 秋は無かったが、年も新たになり、年号も変わる。
  それに・・・・私は『年女』飛躍の年としましょう。

只今一服状態。エネルギーを蓄えて、後は走るのみ。

Yjimage


2018年11月19日 (月)

♪ただいま~~♪

 🎶ただいま~~~帰ってきました~🎶

10月の初めころより、心拍数が100~140と、激しかった。
 心房細動の再発だと。 ありゃりゃ~。
  12月にはまたアブレーション手術の予定が立てられた。
   それから2週間。 なんだか変だぞ~?
 
楽天家のsakurabaabaも・・・・診察日ではないけれど電話を入れた。

病院に着くなり、車いすの人となり。
 血液検査。心電図。エコー。クルクル検査に廻されちゃった。

3時間後。検査の結果をもっての診察。
 看護師さん「どうやって来られたの?」・・・「車を運転して」
  「ご家族様は?」・・・・「主人は仕事です」
   「ほかの方は見えないのですか?」・・・「はいっ」
    (なんだかみすぼらしい独居老人?に見えたのかしら)

ドクターは離れたところに居る看護師さんに。
 「心房細動と、心不全を発症。入院準備をして」と指図。
  (なんにもそんな大声で言わなくても・・・)

またまた、大きな特別個室に放り込まれた・・・
 「只今大部屋が満室です。個室の差額は5600円掛かりますが」
  (チョットは、財布にも相談してからにしてくれないかなぁ~)

仕方がない。
 覚悟をしてベットに横わたる前に3・4人の看護師さん。
  右手に点滴。左手に酸素濃度系。顔には酸素マスク。

「ちょっと待って。何も知らに主人に電話をさせてください」
 ・・・これこれしかじか。仕事が終わったらきてね~・・・・

「担当先生は手術中なので夕方には病室に来られます」

「おっ。思ってたより元気そうだね。
  ピーポー車に乗って来なくちゃだめだよ~」

担当先生の顔を見てホッ。 今回は、
 吞気sakurabaabaも。”病院へ行かなくっちゃ~と”予感した。

入院中にアブレーシヨン手術を前倒しで行い、
 検査でまた新たな手術箇所も見つかった。
  20日間の入院は、結果オーライだった。

退院の日・・・この日は、本来ならば・・・・
 新穂高の温泉、今日の今頃は高山の紅葉。だった筈。

誕生日前に帰れてよかった~。
 happy birthdayだ~。  



 
 
  

2018年10月26日 (金)

最後の「祖父母参観日」

姫ちゃんの祖父母参観の日です。

これで(娘の方の3人)最後の祖父母参観です。

初孫の保育園行事に参加して・・・9年間。
 10月は小学校運動会・保育園運動会。と出番がありましたが。

娘の嫁ぎ先のご家族は
「私たちはいつも孫と暮らしています。
  祖父母参観には来てあげてください」
   との、ありがたいお言葉に・・・
    いつか当り前に参加する事になってしまいました。

祖父母参観終了後には、
 娘との美味しいランチをご馳走になるのが定番。
  毎回、今度はどこへ連れて行ってくれんだろうと
   ・・・楽しみの一つ度でもありました。

9年間。良く通ったもんだ。
 長男ちゃん。とにかく初めてのことで何をやっても可愛いと思える。
 次男ちゃん。良く動き回って先生を手こずらせている問題児。
 姫ちゃん。。やはり女の子。言葉の発達、気持ちをうまく表せる。

ところが、男の子の恥ずかしがり屋とはチト違う。

遊戯室での、この一年間の成長の歌を披露。
 待っているところへ真剣な顔をして入ってくる。
  顔は真っ直ぐでも・・・目で私を探してる。
   (あっち?こっち?忙しく目を回し)
    やっと見つけると・・・・なんでもないよ。って顔に代わる。

うふっふ。・・・・姫ちゃんらしいわ・・・・
 運動会では「私・無視してたモン」って言ってのけてた姫ちゃん。
  お兄ちゃんたち二人はこんなことをしなかったのに繊細な女子の現れか?

とにかく腰痛のため、外での軽い孫とのお遊戯。出来るかな?
 できるように頑張らなくちゃ~。
  折角姫ちゃんが楽しみにしていたのだから・・・
   何とかやり遂げることが出来た~。良かった~。

来年からは祖父母参観もなければ、小学校のみの運動会。
 「お役目ごめん」になってきます。

おバァチャン家にお泊りする~。
 おバァチャンと寝る~。
  おバァチャとお風呂入る~。

手の掛かるあんな頃が良かったなぁ~。とは、ババの弁。

2018年10月24日 (水)

京都華厳寺の鈴虫寺

京都の旅・・・華厳寺の「鈴虫寺」

あの涼しげな鳴き声・リーンリーン。
 ご住職が、命短い鈴虫が命ある間に鳴く鈴の声。
  この鈴の音で心が洗われると・・・

しかし、(説法料金も年商1億円のビジネス)だとか。
 この寺には8000匹の鈴虫が飼育されている。(飼育料金)

たまたまテレビで、この和尚さんの説法を聞いた。

そりゃ~、このくそ暑い中。長~い行列が出来ています。

中年和尚さん、ダジャレもあっぱれ過ぎて有難みが薄い?

説法と言えば瀬戸内寂聴さん。
 その「おとこ版」のようです。


和尚さんが「素」「磨」「歩」の3つの漢字が書かれた紙を
全部並べてこちらに見せてくれた。
 (素のままの自分。自分を磨く。歩みも人それぞれ)

和尚さん:『この3つの漢字は、今の時代に無くてはならない事です。
 何か気づきませんか?』

会場のみなさん:『…ザワザワ』

和尚さん:『ス・マ・ホ』

以前に、恵那の料亭旅館に女子会でお食事に行ったことがあります。
 恵那駅まで、店主さんがマイクロバスでお迎えに。
  その時に、通された川縁の部屋に・・・・
   床の間に、竹籠の中に鈴虫3匹がお迎え。
    リーン・リーン。この風情ある心配りには驚いた。

そんなことがありました。娘の(赤ちゃん出産祝い返し)に
 このお店でのお食事会は?どうかと?

娘、婿殿も快諾で。丁度今頃の季節の食事会となりました。
 やはり、鈴虫が出迎えてくれました。
  参加者皆が大喜び。食事は山菜料理が並んだ。
   (総勢20人ほどの出産の祝い会)
     食後、「夕方5時までごゆっくと」のお店の計らいで、
      川べりに出て水遊びをしたり、温泉に浸かったり。
       鈴虫の似合う田舎の一日。

鈴虫といえば、いつもこの日のことを忘れない。


Yjimage

******
 この記事を書いたのが立秋の頃でした。
  すっかり忘れていて、秋の今になってアップ。

なぜなら・・・奇しくも、今朝方の夢に
 「8/12までアップのブロ知りさん」が・・・・
  山の頂上に立つ写真のお姿そのままで現れました。

そして目が覚めれば・・・
 そのブロ知りさんのブロ友さんが「突然の訃報」を
  アップされていました。
   あまりの不思議な現象に驚く。
    この偶然に怖くもあります。

ブロ知りさんのお部屋へ直行。
 しばし、お部屋へお邪魔してきました。
  最後の記事とコメントを読み・・・・
   やっぱり、山の頂上での勇姿のお写真でした。   

«メモに書いた「おこげ」の文字